2017年12月14日

学校の様子を参考人がリアルに説明〜学校、教育条件の充実求める請願審議

DSCN61670001.jpg

 今日は文教福祉常任委員会がありました。12月議会に提出された学校、教育条件の整備・充実を求める請願も審議されるので、私もその紹介議員の1人として出席しました。上の写真はその時のもので、委員が座っている席と向き合うところ、普段は市当局が座っている場所に座っています。左端で立って請願の内容を説明しているのが、岡本亮一議員、そして私、西畑利彦議員と3人の紹介議員が並び、右端にいるのは請願提出者を代表して「参考人」として出席された元教員の方です。

 この教育請願は毎年12月議会に提出され、文教福祉常任委員会で審議されています。昨年、一昨年は私は同委員会の委員長をしていたので紹介議員にはなりませんでした。2014年には総選挙があった時で、日本共産党議員団で相談して紹介議員は岡本亮一議員1人にすることにしました。そんなわけで4年ぶりに紹介議員になって少し緊張しました。

 審議の最初に紹介議員、参考人への質疑が行なわれます。参考人を務めた方は、八幡市で15年、京田辺市で桃園小、田辺小、松井ヶ丘小で22年、小学校の教師をされた方で、3月に退職して八幡市の小学校の講師をされており、教職員組合の役員もされている方です。

 3月まで現役の小学校教員をされていて今も八幡市で講師をされているだけに、小学校の具体的な様子がよくわかる発言をされていました。請願には京田辺市の小中学校で現在は3校に1人の割合で配置されている学校図書館司書の増員を求める項目もあります。

 1人の司書が3校を受け持つので1週間単位で順番に3つの学校を回っています。しかし八幡市では現在、1校に1人の司書が配置されているので、それとの比較で図書館司書の重要な役割も明らかになりました。

 参考人の方は「京田辺市でも学校図書館に司書が配置されて子どもの事を第一に考えて勤務され、図書室の雰囲気が大きく変わるなどよくやられていると思います。ただ八幡市では1校に1人の配置で毎日、司書がいるので子どもの実態をよく知っている。司書の前と担任の前では子どもは様子が違うが、それを司書が担任に教えてくれる。京田辺市は3校に1人配置で、学校から見れば司書も3週間に1週間の勤務で司書が『お客さん』のようになってしまう。八幡市では、司書も職員の一員となり図書館の様子が学校全体によく伝わっていく。」と述べられていました。

 また学校の改修にかかわって、プール改修の要望があることについても「田辺小は全体的に老朽化しているのと、低学年用の浅いプールがないので、低学年が使用する際には水を抜いたり、一部範囲に台を置いたりしているので、新設してほしい。松井ヶ丘小はプール内の壁面などが劣化してザラザラしている。田辺東小はプールサイドの水はけが悪く、教師が話をする時に子どもは水溜りに座る感じになる。」と説明されました。

 学校現場の課題がよくわかる発言だったと思います。しかし残念な事に今日の文教福祉常任委員会ではこの請願に賛成したのは日本共産党の横山栄二議員一人(増富理津子議員は委員長なので採決には加わりません)で、不採択となりました。これからも審議で出された課題の解決に向けて取り組んでいきたいと思います。
posted by こうじろう at 18:34| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

国保税引上げの可能性を提示〜総務常任委員会

 今日は総務常任委員会が開かれました。今議会は総務委員会には請願も条例改正案などの議案も提出されず、市当局が提出した一般会計補正予算案と松井財産区特別会計補正予算案について、総務常任委員会が所管する分野についての審議をしました。ただ補正予算案で新規に提案されているものはなく、当初予算執行の中で経費額や国、府などの交付金額が確定した事にともなう修正がほとんどでした。そんなわけでそれらの審議は30分もかからずに終了しました。

 その後、委員会としての所管事務調査を行いました。テーマは、@コンパクトシティ構想について、A防災について、B国民健康保険制度についての3つで、前半にそれぞれに関係する担当部局への質疑を行い、後半は今後の進め方などについての委員間討議を行いました。
 所管事務調査には全部で3時間くらいかかりましたが、議案関連審議がいつもよりかなり短かったので珍しく午後3時過ぎにはすべて予定が終了しました。

 テーマの一つである国民健康保険制度については、来年度から市町村が運営していた国保制度が全国的に都道府県が運営主体に移行するという大きな制度変更があることから、その内容や市民への影響などを調査するために設定されたものです。

 ところが来年4月からの制度移行にもかかわらず、具体的な制度設計がなかなか京都府から示されません。9月議会にこのテーマで委員間討議をしたときには、秋には府から具体的な方針が示されるだろうから、それを踏まえて閉会中に審議して12月議会では調査のまとめをする予定でした。しかし実際に京都府が方針を示したのは11月末から12月上旬になってからで、今日の事務調査で各議員もようやく現段階の状況を確認しました。

 ところが今日の時点でも来年度、市民が負担する国保税額がどうなるのかという具体的な数値は示されず、それは来年1月中旬までに国、京都府が示した数値を踏まえて決まるとの事でした。

 京都府の今の段階の試算では京田辺市は制度変更により、国保税額の増加率が府内で3番目に高い位置になるようですが、「激変緩和措置」を行うことでかろうじて現状維持になるとされています。

 しかしこれについて担当課長の今日の説明では、京都府の試算の元になっている京田辺市の数値は16年度国保事業実績によるもので、17年度は16年度と比べて数値がかなり悪化しているので、今の京都府の「激変緩和措置」のままであれば18年度の保険税額は引き上がる可能性があるとのことでした。

 京都府の方針や財政支援の具体的な部分が1月にならないと確定しないのですが、こういう状況のまま、住民に国保税の負担増が押し付けられるとはとんでもない事だと思います。府の方針提示が大幅に遅れ市当局も住民に説明する時間が十分に取れないまま、保険税引上げだけが強行されるようなことはあってはならないと思います。今からでも無理な国保広域化は見直すべきではないかと思いました。
posted by こうじろう at 18:20| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

新しい情勢の下での知事選に

 今日の夜、来春の知事選挙に向けた民主府政の会の府南部地域代表会議が開かれ、私も京田辺・綴喜連絡会の事務局長の方と二人で出席しました。来春の京都府知事選挙は3月22日告示、4月8日投票と日程が確定しています。そして先週には現職の山田府知事が5選目には不出馬と正式に表明し、新人同士の選挙になることが確定しました。

 民主府政の会として擁立する候補者はまだ未定ですが、今日の会議では京都府全体の「会」の事務局長から、10月の総選挙で市民と野党の共闘が新たな発展をしている下で、知事選挙でも安倍内閣の暴走政治に反対し、憲法を守る立場からの共闘をという動きが広がっており、民主府政の会として様々な立場の人たちと懇談をしていることが報告されました。

 これまでなら「民主府政の会」として候補者を擁立し、その方への共感、支援の輪を広げていくやり方が基本でしたが、市民と野党の共同の広がりの中で候補者選定から一緒にやろうという動きです。従来とは違う展開になっていて、今後の具体的な見通しも、いろんな人たちとの話し合いで決まっていくとのことで、今日のところではあまり具体的なことは出ませんでした。

 また会議には日本共産党府会議員団の前窪団長も参加され12月府議会での論戦などを紹介しながら、山田知事の不出馬には府政の行き詰まりがあることも指摘されました。報告を聞きながら私も、日本共産党府会議員団の代表質問などよく読まないとあかんなあと感じました。

 府知事選まであと4ヶ月を切りましたが、住民のための新しい京都府政をつくる運動をしっかり進めたいと思います。
posted by こうじろう at 22:00| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ゆずをいただきました

DSCN61180001.jpg

 今年も地域の方からとれたてのゆずをいただきました。健康のためにあちらこちらとうろうろ散歩をしていますが、その折にたまたま出会った方がゆずのとりいれをされていて、おすそ分けをいただきました。

 昨年もゆずをいただき、その時はゆず湯にしましたが、今回はたくさんいただいたので晩酌にも使いました。焼酎のお湯割りに軽く絞ったりして飲みましたが、おいしくてつい飲みすぎてしまいそうです。量もあるのでしばらくは風味が楽しめます。

 ゆずをいただいた時に地域の困りごとについてもお話を聞かせてもらいました。こちらの方は別の日に現地も確認して、状況も調べて対応策などを考えたいと思います。「犬も歩けば」と言いますが、地域を歩いていると色んな事がありますね。
posted by こうじろう at 18:00| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

井手町の君が代起立強制問題を考えるつどいに参加

DSCN61230001.jpg

 今日の午後、井手町で開かれた「君が代起立強制問題を考えるつどい」に参加しました。井手町憲法共同センター、日本国民救援会綴喜八幡支部、日本共産党井手町支部が呼びかけたもので、100名近い参加者がありました。

 これはこの秋に日本共産党の谷田操井手町議が、地元の小中学校の校長に呼び出され面談したところ、校長らから「卒業式、入学式で国歌斉唱のときに起立をしないなら、来賓として招待しないので、起立するかどうか答えてほしい」と強要されたものです。

 「つどい」では谷田議員が経過報告をしましたが、井手町では5年前から小中学校の入学式、卒業式などの行事で国歌斉唱がいっせいに式次第などに入れられるようになりました。谷田議員はその際、自らの考えにもとづいて起立せず静かに着席するようにしていましたが、その事を今年の9月議会で別の議員がとり上げ、教育長が「非常に懸念している」と答弁したことから、小中学校の校長らによる強要につながりました。

 「つどい」では京都南法律事務所の井関佳法弁護士が「君が代起立斉唱の強制は違憲だ!」と題して一時間あまりの講演もされました。井関弁護士の講演は非常にわかりやすいもので、思想信条の自由、内心の自由を侵すことは許されない事を明確にしたものです。
DSCN61310002.jpg

 小中学校の校長らは、谷田議員と面談した際に、谷田議員から「なぜ私だけ起立斉唱するのかどうか、聞くのか。思想調査ではないのか。他の来賓には聞かないのか。」と質したところ、「立っていないのは谷田さんだけだから他には聞かない。」と答えたそうです。

 私はこういうやり方はきわめて重大な問題だと思います。学校の入学式、卒業式には地元自治体の議員だけでなく、PTAや地域の自治会など大勢の方が来賓として招待されます。その中には初めて来賓として出席しようという人もいるでしょう。
 井手町の小中学校では今後、入学式・卒業式に初めて来賓として出席する人全員に「国歌斉唱の際に起立しますか?」と事前に調査するような事をするのでしょうか。それとも「招待はするが、国歌斉唱の際に起立しないのなら出席しないでください」とでも言うのでしょうか。

 まるで戦前の軍国主義の時代そのもののやり方だと思います。それだけにこの問題は、単に谷田議員個人の問題ではなく、平和と民主主義のあり方、個人の内心の自由と人権の尊重にもかかわる問題だと思いました。
posted by こうじろう at 20:14| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする