2018年02月25日

「憲法を暮らしに生かそう」を掲げ知事選に向けた合同宣伝。憲法学習会。

DSCN66130001.jpg

 今日は午前中は新田辺駅西口で、年金者組合綴喜支部と民主府政の会京田辺綴喜連絡会の合同宣伝に取り組みました。年金者組合のみなさんは、国民の生存権を定めた憲法25条にちなんで毎月25日に、年金改悪の中止と安心して暮らせる年金制度の実現を求める署名宣伝行動をされています。

 今回はその定例宣伝に、民主府政の会も合流して知事選挙に向けた宣伝も一緒に行ないました。ここには様々な憲法グッズを作成されてきた大植登さんが、かつて蜷川民主府政の時代に京都府庁に掲げられていた「憲法を暮らしに生かそう」垂れ幕のレプリカを作成して参加されました。上の写真にあるのがその垂れ幕で長さが4mあるのでなかなか目立ちます。
180224チラシ表面.jpg
180224チラシ裏面.jpg

 また今日の宣伝では届いたばかりの民主府政の会の新しいチラシを配布しました。上の画像がそのチラシで、21日に京都市内で開かれた民主府政の会の府民大集会で、福山和人さんが訴えられた事をコンパクトにまとめています。
DSCN66210002.jpg

 午後からは、戦争する国づくりを許さない意見広告実行委員会が呼びかけた憲法学習会に参加しました。大阪電通大学教員の中里見博さんが「ほんまにええのん?憲法改定」と題して講演され、安倍内閣が企む憲法9条改悪の危険性などをわかりやすく報告され、参加者による意見交流もありました。

 安倍内閣は年内にも憲法改正を発議しその国民投票を行なおうと執念を燃やしているだけに、その問題点や危険性を広く国民に知らせる運動の重要性を改めて感じる学習会でした。
posted by こうじろう at 16:15| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

福山和人さんが街頭で初演説

DSCN66060001.jpg

 今日の午後、民主府政の会の府内リレー街頭演説のスタートとなった宇治市大久保駅前に行ってきました。

 ここでは知事選に立候補を表明している弁護士・福山和人さんが訴えられました。ご自身のお話では生まれたのは伏見区でも直ぐに宇治市に引っ越されたので出身は宇治市との事でした。
 また福山さんは10日の立候補表明以降に街頭から訴えるのは今日が初めてだそうです。地元での街頭演説ということもあってか、初めてと思えない上手な演説で、話の中身もわかりやすいものでした。

 福山さんは「あらゆる世代の人たちに身近に感じられる府政」、「京都府のお陰で助かったと多くの人に言ってもらえる府政を」つくろうと訴えられました。
 3月の初めには京田辺市内でも福山さんが参加する街頭演説も計画されています。多くの人に直接、福山さんの演説を聞いていただけたらと思います。

 なお京都民報Webに、2月21日の府民大集会での福山さんの訴えの全文が掲載されました。「2018府知事選/2・21府民大集会 福山和人さんの訴え(全文)」にありますので是非お読みください。
 また本日、福山和人さんのホームページも公開されています。こちらもぜひご覧ください。
posted by こうじろう at 23:26| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

富山市のコンパクトシティ 2017年日本共産党議員団会派視察報告3

DSCN56900001.jpg

 11月9日には富山市を訪問してコンパクトシティのまちづくりについて視察研修しました。富山市は2005年に近隣町村を吸収合併したことで、面積は1241平方キロメートル(県庁所在地としては全国2番目の広さ)となり富山湾から岐阜県までの広大な市で人口は約41万人となっています。

 かなり大きな町でその中心市街地も「コンパクトシティ」と言いながらけっこう大きな規模で、正直なところ「コンパクト」という印象は余りありませんでした。ただ「コンパクトシティ」のまちづくりの根幹に公共交通整備をしっかりと掲げ、そのことによって中心市街地を軸としたまちづくりをすすめるというしっかりとした戦略というか、計画が感じられました。

 計画以前は富山駅とバスターミナルがけっこう離れていたりしたのを駅周辺整備もあわせて「公共交通の結節」という事を重視されていました。具体的な施策も色々と用意されています。
 お話を聞いた範囲では、「コンパクトシティ」とは、「公共交通活性化」「中心市街地活性化」「公共交通沿線区域への住民居住の誘致促進」の大きくは三つに分類される事業で進められています。公共交通のために運営だけでも年間数億円程度の費用も出されており、しっかりと位置付けられていると思いました。

 「住民の居住誘致促進」では、指定した地域へマンションなどの共同住宅を建設した場合、入居者だけでなく建設事業者にも助成金を出すようにしています。少し気になったのは、戸建住宅の場合は建設事業者への助成金はないので、大型マンションを建設できる大手事業者ほどより高額な助成金を得るようになっていることです。

 この点では、富山市側の研修の後に日本共産党富山市議団と懇談した際にもお聞きしたところ、大手資本に上限いっぱいの5千万円もの助成金が出されている例もあり、地域経済の活性化という点ではどうかなと思いました。

 まちづくり全体として見た場合でもいろいろと課題があることを感じましたが、公共交通を地方自治体の重要な課題として位置付けて取り組まれており、そこからけっこういろいろなアイディアも出されている事は参考にもなり、見習うべき事もあると思いました。
posted by こうじろう at 17:25| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

福山和人さんが24日大久保駅前で街頭演説

2・24福山大久保街宣画像.jpg

 昨夜、京都市内で民主府政の会などが開いた「府民大集会」に、知事選に立候補を表明されている弁護士の福山和人さんが参加し、自らの決意と基本政策を語り、一緒に新しい京都府政をつくろうと呼びかけられました。

 これを受け民主府政の会では24日から25日にかけて府内各地で計画しているリレー宣伝に福山和人さんを弁士として招いて訴えをしてもらいます。
 府南部地域では一番上の画像にあるように、2月24日土曜日、午後1時から宇治市の大久保駅前で取り組み、ここで福山さんも演説されることになっています。宣伝そのものは午後1時から15分程度の予定ですが、福山さんが知事選への立候補表明以降、府南部地域で初めて街頭から訴えられます。

 福山さんは宇治市の出身で、私と同じ立命館大学の卒業で先輩にもあたります。また私は学生時代に1年間、宿直のアルバイトをしていましたが、そのアルバイトは2人体制で全部で6、7人のグループで互いに日程調整して仕事にあたりましたが、その中に当時、司法試験合格を目指して勉強中だった福山さんもおられて、よく一緒に宿直をしました。

 宿直の仕事は、特に何もなければ決められた時間に見回りし戸締りを確認して寝るだけというもので、私はのんびりしてましたが、福山さんは空いている時間にはずっと勉強をされていたのを覚えています。弁護士になるんだという固い決意が感じられる姿で、私も人生を考える上で刺激を受け見習うべきだなあと思っていました。でも勉強が終わって一服する時には豪快で楽しい先輩でしたね。
posted by こうじろう at 16:13| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

市役所からの夜景

DSCN65800001.jpg

 昨日は3月議会の開会本会議が終わった後も、予算特別委員会の正副委員長を決めるための会合があり、それからその日のまとめなどを作成していたので、6時半過ぎまで市役所5階の日本共産党議員団控室で作業していました。

 上の写真は作業などがすべて終わって帰る間際に5階から見える夜景を撮ったものです。12月に比べれば日が長くなったとはいえ、6時半ともなると外は暗くなりますが、その分、夜景を楽しむことができます。

 作業をしている時は部屋の電気を点けているので夜景を眺めにくいですが、部屋の電気を消せば新田辺駅前のビルや大型スーパーなどの明かりや、さらに遠く北の方にある京都市方面の夜景も楽しめます。少し寒いですが、議員団控室での作業が長引いたときのちょっとした楽しみですね。
posted by こうじろう at 19:13| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする