2017年07月21日

ツバメのヒナが3羽

DSCN46360001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。先週末に完成した6月議会と日本共産党議員団の活動報告のチラシを日本共産党後援会の方に配布してもらいながら、私はハンドマイクで訴えていました。6月議会のことなどをハンドマイクで紹介しているとけっこうビラを受け取ってくれる方もいます。また「共産党は北陸新幹線延伸には反対なの?」と声をかけてくれる方もいらっしゃいました。

 朝7時前から取り組んでいますが、日差しが強くて大変です。今朝はまだ曇りがちでしたが、これが晴天なら朝からばててしまいそうです。

 金曜日の早朝宣伝はツバメの巣のある方で行うので、ちらちらと巣を見ながら宣伝してました。もう抱卵は終わり、つがいのツバメがせっせと雛に餌を運んでいます。時折、2羽の親ツバメが巣でかち合う事もありますが、見た感じでは、頻繁に餌を運んでくる時とけっこう間が空く時もあるようです。

 雛の数は今日、確認できたのは3羽でした。まだ親ツバメが帰ってきてもそんなに大きな声で鳴かないですが精一杯くちばしを伸ばして餌をねだっています。巣のふちが少し高くなったので、余り巣に近いとちょっと見えにくいですが、雛の数がこの先、増えるのか、それとも前のように減っていくのか、しばらくは気になります。

 下の写真は今朝撮ったものの一枚ですが、巣に止まっている親ツバメをたまたま真後ろからとらえました。真後ろから見るときれいな「燕尾服」の形になったので紹介しておきます。
DSCN46320001.jpg
posted by こうじろう at 17:07| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

第4回平和のための戦争展

DSCN46210006.jpg

 19日から京田辺市中央図書館で開催されている京田辺市・綴喜郡の「第4回平和のための戦争展」を見学してきました。
DSCN46160004.jpg
DSCN46190005.jpg

 今日の地方紙などでも紹介されていますが、今年の「戦争展」では宇治田原町から屯田兵として北海道に移住された方の資料も展示されています。
DSCN46040001.jpg
DSCN46050002.jpg

 また京田辺9条の会、北部9条の会のみなさんが取り組んだ祝園弾薬庫について学ぶフィールドワークの資料なども展示されています。
DSCN46100003.jpg

 他にも平和を訴える書籍の紹介や、核兵器廃絶の国際条約を求める「ヒバクシャ国際署名」のコーナーもあります。
DSCN46230007.jpg

 「第4回平和のための戦争展」は23日(日)まで、中央図書館で午前10時〜午後6時まで開催されています。(最終日は午後5時まで)多くの人に訪れていただきたいと思います。

 また7月29日、土曜日には午前9時半から京田辺・綴喜戦争展実行委員会による「戦争体験を語り伝え 平和を考えるつどい」が京田辺市中央公民館で開催されます。
 今年は、青い目の人形に触れて中野恭子さんが「90年前の日米友好のお話」というテーマでお話しされる他、本庄豊さんが「京都駅前の戦争孤児の体験」というテーマでお話されます。こちらの方にも、是非ご参加いただければと思います。
DSCN46270008.jpg
posted by こうじろう at 17:36| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

19日宣伝。日本共産党創立95周年記念講演会。

DSCN46000001.jpg

 今日は19日宣伝の日でした。大住ケ丘のスーパー前交差点で、憲法を守る共同センターのみなさんと一緒に宣伝に取り組みました。午後4時からの一時間の取り組みで、強い日差しが照りつけましたが、20人以上が参加して訴えました。参加した人が思い思いにハンドマイクで訴えられますが、都議選後の情勢の大きな変化もあってか、「安倍内閣は許せない」、「一刻も早く解散、総選挙で安倍内閣を辞めさせよう」という訴えに力がこもっていたように感じました。
170719講演不破さん.JPG

 夜は東京で行なわれた日本共産党創立95周年記念講演会の様子を、自宅でインターネットを通して聞いていました。6時半から2時間ちょっとの講演会です。最初に東京都議選で勝利した新しい都議の紹介があり、続いて不破哲三さんと志位委員長がそれぞれ一時間くらいの講演をされました。

 不破さんの講演を聞くのは久しぶりでしたが、相変わらずわかりやすいお話でした。つい先日、不破さんが昨年秋に出版された「文化と政治を結んで」という論集を読んだのですが、その時もわかりやすく納得できる論立てに感心しました。そこには幅広く徹底的に調べて、事実に基づいて筋道立てて述べるという、科学の基本が体現されているからではないかと思うのですが、どうでしょうか。
170719講演志位さん.JPG

 志位委員長の講演は、都議選で勝利したことの意義についてと、都議選後に核兵器禁止国際条約案が国連会議で合意されたことの歴史的な意義について詳しく述べられました。私が入党したのは京都で大学に入学した年の5月でもう34年前になります。その頃は「核戦争3分前」といわれ地球上に5万発の核兵器がありながらなおアメリカと当時のソ連による核軍拡競争が続くという状況でした。

 その時のことを思うと、国連の場で核兵器による威嚇やその使用を国際的な条約によって禁止するということが現実のものとなった今の情勢は、まさに歴史の大きな前進を感じさせます。
posted by こうじろう at 21:06| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ツバメの子育てが開始

DSCN45800001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。火曜日はツバメの巣のある方とは反対側ですが、宣伝の後にしばらく巣の様子を眺めていました。先週金曜日にはまだ抱卵する時間もありましたが、今朝は抱卵する事はなく、せっせと雛へ餌を運んでました。

 ただ巣が少し大きくなったのもあって、雛はすっぽり隠れていてほとんど見えません。一回だけ、雛のくちばしのようなものが伸びあがって見えたような気がしたくらいです。おそらく孵ったばかりの小さな雛なのでしょうね。親ツバメも時折、巣に深く頭を突っ込んで餌を与えているようです。

 その様子をじっくりと眺めていると、親ツバメの身体の部分、羽以外の部分はあんまり大きくないですね。大人の親指2〜3本分くらいかなと思いました。それが羽を広げるとけっこう大きく見えるものですね。

 近くにある他の巣でも雛が育っていて、ある程度、大きくなると親ツバメが巣に返ってくると餌を求めてかなり大きな声で鳴きますが、今日のところは雛の鳴き声はほとんど聞こえなかったです。
posted by こうじろう at 16:51| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

小学校における食育と中学校の食育 17年6月議会一般質問から7

 今日の記事は7月16日の記事「食育と学校給食 17年6月議会一般質問から6」の続きです。
6月画像1017年6月食育だより1.JPG

 上の画像は京田辺市の学校給食委員会が毎月発行されている「しょくいくだより」です。季節に合わせて、わかりやすくいろんな食にかかわる知識や話題を提供されています。教育委員会のホームページのコチラでも公表されています。

 ところで6月は全国的に「食育月間」とされています。これは何も小中学校に限った事ではなく、政府が全体として策定している「第3次食育推進基本計画」にもとづいて推進のために設定されているもので、京田辺市でもこの時期に市役所2階ロビーに「食育」をテーマにしたパネル展示などを行い、食育の啓発、普及などが取り組まれました。

 そして京田辺市内の小学校では「しょくいくだより」6月号で食育月間の事を子どもに知らせるとともに、毎年6月19日には「食育の日献立」を実施しますと紹介し、栄養バランスを良くする7種類の食べ物(まごわやさしい、という語呂合わせで覚えようとあります)を使ったメニューを提供されているそうです。今年のメニューは、ツナと豆のカレーとごまドレッシングサラダとなっています。

 私の一般質問ではこれを示して中学校では、これに類するような取り組みはされているのか、聞きました。市教育委員会からの答弁は「中学校ではしょくいくだよりのようなものは発行していない。健康教育全体のたより的なものを発行している。食育月間の取り組みは中学校ではない。」というものです。

 この点では食育という面からも学校給食の有無が、差を生み出す要因になっていると思います。

(8に続く)
posted by こうじろう at 17:47| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする