2014年08月31日

見ていても楽しい大住中吹奏楽部の演奏 第24回北部夏まつり

DSCN28410001.jpg

 今日の夕方は、第24回北部夏まつり(夕涼みコンサート)があり、私も案内をいただいたので行ってきました。会場は北部住民センター前と、大住中学校のグランドですが、雨天の場合は大住中体育館がコンサートのメイン会場になります。

 今日は雲が多かったですが、昼間は日も差してましたが、予報では夕方から雨で空模様もあやしかったことから、コンサートは体育館になりました。始まった時も雨は降っていませんでしたが、楽器などは雨にぬれるとダメになるので、演奏中に雨が降り出したら大変ということで体育館になりました。

 コンサートでは大住中吹奏楽部の演奏が素晴らしかったです。演奏も上手でしたが、色んなパフォーマンスも工夫されていて、最初のアンパンマンのマーチでは、寸劇から簡単なダンス、そして「ヤングメン〜Y・M・C・A」では、自分たちで工夫してか、あの「Y・M・C・A」のコールに続けて「O・O・S・U・M・I」とボードをつくってのコールもあり、聞いて楽しく、見ていて楽しい、演奏でした。

 上の写真はその時のもので、アップテンポな曲で動きも速かったのですが、たまたまタイミングよく撮ることが出来ました。演奏している生徒たちも楽しそうで、こちらも明るく楽しい気持ちにしてくれる素晴らしいひと時でした。
posted by こうじろう at 19:51| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

「どうしても言いたい」という思いが込められたアンケート 14年市民アンケートの声から7

DSCN27880001.jpg

 日本共産党京田辺市議団の「市民アンケート」には昨日までに338通の返信がありました。その多くに様々なご意見、要望などが記入されています。また中にはご自身の住所、氏名を書かれてている方もいらっしゃいます。

 先日、住所、氏名を記入された方をお礼のために訪問しました。若いお母さんで、生活が大変で働きに出ようと思っても、子どもが保育所に入れなかったという思いを書かれた方です。その方は「3年前に結婚を機に京田辺市に越してきました。京田辺は好きなんです。ただ、どうしても言いたいと思ってアンケートに書きました。」と話されました。
 こういう声をしっかり受けとめて、これからの活動に生かしていかなければと、改めて感じています。他にも 「市民アンケート」に記入されたみなさんのご意見などを紹介します。

▼(集団的自衛権の行使に反対)世界に先んじた戦争否定の平和憲法を踏みにじり、日本人の尊厳を失わせ、政府は日本を凡国にもどしたのです。戦争をしたくてたまらない首相の思いは、言葉の端々にもほの見えている。「三本の矢」「〜戦略」。新聞の投書に晶子の「君死にたまうことなかれ」を引くものが二、三あったが、次の部分こそ示してほしかった。「君死にたまふことなかれ…親は刃を握らせて人を殺せと教へしや人を殺して死ねよとて24までを育てしや」更に彼女はあの時代に天皇は戦場には赴かないとまで言い切っているのです。当然、首相も自分は安全地帯にいるという自覚が根底にあるのです。
 秘密保護法、集団的自衛権問題について、共産党こそもっと積極的に声を大にして奔走する活動を展開してほしかった。(60代・男性)

▼(暮らし・政治はやや悪くなった)政府の右翼的専行(集団的自衛権の行使、秘密保護法etc)消費税増税。
(集団的自衛権の行使に反対)日本の平和憲法は決してアメリカに押しつけられたものでなく、絶対第9条を守るべき。
(すべての原発をなくす)パッと見のコストは原発がないと高く見えるが、絶対安全ということはありえない。その時の国民の犠牲と損害を考えれば、自然エネルギーetcに移行すべき。
(国政へ) もともと日和見主義で、政治には無頓着でしたが、今の安倍内閣は怖い!若い人たちが戦争に巻き込まれないように、加害者にも被害者にもならないでほしい。京都府政は何をしたいのか、よおわかりません。日本共産党にはがんばってほしい!!!(60代・女性)

▼(市政へ)子育ての環境として、施設があっても入所人数が多すぎ、つめこみ状態は昔から変わっていません。子供もキュークツです。誰もが介護の事、気にするようにもっと子育て、足元も見直さないと、将来の担い手=0になると思う!子育てにかかる費用をもっと減らしてほしいデス。貧乏子沢山は悲しいですよー。
(雇用のルール)子どもの事を考え、長時間を避けようと思えば、正社員になれず、給料安く…パートでも必死になっているのに、130万のカベ…くやしいです。パートでもカベを気にせず働きたい!!子どもの生活、充実させたいのに、なんか出来なさすぎて辛い日々。
(国政へ)結局、上の方って、御自分達の生活しか見えてないでしょ?!もっと一般人の生活、足運んでほしいです。シングルマザーも多いし、介護家庭も多い。市民の率直な意見、若い世代からも学んで下さい。乱筆で失礼。(40代・女性)

▼(暮らし・政治はかわらない)国民の声を無視した勝手な政策をおし進め、不安があることと、やはり仕方がない8%とは思っていましたが、日常生活の買い物にも影響があるし、自営業の方は原料の値上げや買い控え等深刻な様子です。
(消費税増税に反対)適正な税のとり方、使い方をしてほしい。(50代)

▼(暮らし・政治は悪くなった)物価は確実に上がっているが収入は増えていない。
(市政へ)安全な通学路、登下校時は通学路はすべて車両の通行禁止にすべき。八幡や福知山の事故の教訓がまったく生かされていない。(別紙2枚の便箋を同封され、一休ヶ丘地域内の道路の安全対策についての要望を頂きました)
(すべての原発をなくす)高速増殖炉「文殊」が福島のように暴走すれば被害は福島の比ではない。(50代・男性)
posted by こうじろう at 15:10| Comment(0) | 14年消費税・市民アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

9月議会の議案、日程が公表 幼稚園の月謝負担軽減が拡充へ

 今日、議会運営委員会が開かれ、9月8日から始まる京田辺市の9月定例議会の日程が決まり、市当局が提案する人事案、議案、補正予算案などが明らかになりました。
 人事案は、4年の任期を迎えた女性の教育委員の方を再度、任命するという提案です。

 条例案などでは消防車両の購入なども含め12件が提案されています。少し多い感じもしますが、文教福祉常任委員会で、保育所や学童保育などの施設、運営基準を自治体が定めるための条例案があるために、数も多くなっています。私が所属する総務委員会では、3つの議案です。

 それらの議案や、一般会計補正予算案の詳しい内容などはまだきちんと目を通せていませんが、今日の議会運営委員会では、市当局の概略説明と簡単な資料を読んで、気がついたことを幾つか質問しました。

 その中で目にとまったのは、子育て支援策で2点ほど、前進、拡充があることです。
 一つは幼稚園へお子さんを通わせている家庭の経済的負担を軽減する支援策の拡充です。市立と私立それぞれの幼稚園で、これまでも低所得世帯への支援策や、二人以上のお子さんが同時に通っている際には2人目の「月謝」を減免するなど支援策がありましたが、それをさらに拡充し、例えば上の子が卒園して小学校へ通うようになっても、その子が低学年の間は、下の子への支援策を継続することになります。
 また低所得世帯向けの支援策では、新たに全額補助(無償にする)を行なうようにもしていくとのことです。

 二つ目は、「病児保育」の拡大です。現在も市北部にある小児医院で、「病児保育」を実施していますが、年間600人ほどの利用があり、さらに市のアンケートなどでも要望が強い事から、新たに市中部にある病院でも「病児保育」を実施する事になります。

 いずれも詳しい事は議会での審議で明らかになると思いますが、子育て世代への経済的支援の拡充にもつながる、良い施策だと思います。
 なお、今日の議会運営委員会で確認された9月議会の日程は以下のとおりです。

9月議会日程

9月 8日(月)午後1時半〜 開会本会議
  10日(水)午前10時〜 本会議一般質問
  11日(木)午前10時〜 本会議一般質問
  12日(金)午前10時〜 本会議一般質問
  16日(火)午前10時〜 総務常任委員会
  17日(水)午前10時〜 文教福祉常任委員会
  18日(木)午前10時〜 建設経済常任委員会
  19日(金)午後1時半〜 議会改革特別委員会
  22日(月)午後1時半〜 議会運営委員会
  25日(木)午後1時半〜 議会運営委員会
  26日(金)午後1時半〜 議会改革特別委員会
  29日(月)午後1時半〜 閉会本会議
posted by こうじろう at 18:45| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

国民救援会綴喜・八幡支部第17回支部大会に参加

DSCN28190001.jpg

 今日の夜は日本国民救援会綴喜・八幡支部の第17回支部大会があり、私も会員の一人として参加しました。国民救援会は、国民の自由な政治活動に対する不当な弾圧を許さない取り組みとともに、えん罪事件の解決にも取り組んでいます。

 今日も支部大会の前半は、国民救援会京都府本部の事務局長をされている橋本さんを講師に招いて、えん罪事件としてその解決をめざしている「京都タイムスイッチ事件」の概要や問題点などをお話ししていただきました。

 この事件は、京都市伏見区のホームセンターで買物中の男性が、いったん商品を手に取ったものの、必要ないと思い棚に戻したのに、その一週間後に警官が自宅へきて「窃盗容疑で逮捕する」とされたものです。
 男性は当初から無罪だと主張していたのですが、一審では有罪判決を受け、控訴しました。そしてその控訴審の最中に、そのホームセンターが、男性が万引きしたとされるタイムスイッチと同型のものが店内で見つかったと警察に連絡があったにも関わらず、検察はその情報を伏せ、さらにそのことを後で知った弁護側が、そのタイムスイッチの発見の経過などを詳しく調べるべきだと高裁に求めたのに対し、高裁もそれを拒否して、一審判決通りの有罪判決を下しました。

 男性はその後、最高裁まで争いましたが、二審判決は覆らず刑に服した今、改めて再審を求めてがんばろうとしています。そういう経過を紹介しながら、橋本さんは国民救援会が今、この事件の情報提供を求めて発行したチラシ【下の写真です】も紹介して、協力を訴えられました。
DSCN28200002.jpg

 先日も袴田さんのようなえん罪事件が大きな話題になりました。それ以外にも、大きなことから小さなことまで、ずさんな捜査などによるえん罪事件も起きているのではないかと心配にもなります。そして何より問題なのは、袴田事件のように、警察側が自らに都合の悪い事実を隠すために時に隠蔽や、ごまかし、ねつ造までするようなことがあることだと思います。

 この「京都タイムスイッチ事件」もその根は同じではないかと思いました。そういうことを許さないためにも、国民救援会の活動は非常に大事な役割をになっていると改めて思いました。
posted by こうじろう at 22:34| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

災害対策の強化を 14年市民アンケートの声から6

DSCN25630001.jpg

 「市民アンケート」に記入されたみなさんのご意見などを紹介していきます。

▼原発は再稼動しないで、段階的に廃炉とし、代替エネルギーを供給するシステムを構築する。
 自民党、公明党の与党だけで重要政策を決めてしまうのは、民主主義が踏襲できない。日本共産党が他の野党と結束して与党に対抗できるように努めてほしい。(50代・男性)

▼(市政へ)排水路の整備を。農村部地域では50mm/1hの降雨で家屋が浸水する地域がある。ソフト施策も大切だが、生命と財産を守るのが先ずは先決。それにはそのような地域を把握して早急に改修等を行なうべき。もっと農村部地域に目を向けて下さい。新興地はすでに整備されている。
 教育、福祉etcも大切ですが、安全安心して暮らせる環境(排水路整備、特に水害)づくりに力を注いでください。農村部地域では重要な問題です。第二名神の建設により(従前より田畑や旧運動公園一帯が湖のようになり、堤防の崩壊が心配されている)更に水はけが悪くなる恐れが増大しています。この堤防が崩壊すれば、地区の家屋は全滅です。市役所は現地を毎年の大雨時にはチェックしていますが、一度、大雨時に市議の皆さんの目で確認してください。
(消費税増税に反対)消費税は2に○を付けたが、法人税率の引き下げは絶対反対!!(60代・男性)

▼(暮らし・政治はやや悪くなった)消費税増税後、商品をバージョンアップさせたり、容量を減らすなどして値上げされている。
(子どもの教育について)欧米の小学校を経験しました。一クラス20名でした。授業も5〜6名の習熟度別グループで学習。ボランティア保護者が教科ごとに入り(日本は大学生の単位の一環としても良いと思う)細やかな指導と、いじめへの目配りが出来ていました。
 有意義なアンケートだと思います!小学校5年生〜高校生にも内容をかえて回答してもらうと良いのでは?欧米の学校では大人と一緒に社会問題を考える機会が日常的にありますよ。年長組から大統領選挙模擬で勉強しました。リアルな課題に取り組みましたよ。イジメの発覚や地域の安全対策にも子供の声が聞けますよ。子供といってもスグ大人になり社会を担うのですから。知識つめこみでなく大人と一緒に社会を変えていく道のりも大切と思います。(50代・女性)

▼(市政へ)子供の扶養を受けているが、子供の給与が上がった訳ではないのに、途中で8800円も介護保険が上がったので、市役所へ行きましたが、納得出来なかった。年金は下がるし、介護保険は上がるし、前年より3万円も収入が減り、消費税と、便乗値上げと3重苦です。市政、議会の皆様も無駄を省いて、きめ細かい対応をお願いします。
 老人施設を利用するバス代半額負担して頂けるのは大変有難いです。しかし、大きな封筒で振込の通知を頂くのは、事務用品、郵便代、事務手数の上で無駄だと思います。「160円振込みました」と大そうな書類を頂いた時はビックリしました。無駄を省いて、良い施策は続けて欲しいです。
 (国政、地方政治へ)何を要望しても、どうにもならないと思う。また地方もこの度の政務費の問題等、“小さな事”では無く、血税を大切に、正直に使って欲しい。先に何10万円というお金を渡せば、使い切らないと、と思う人が多々ある事はわかり切った事。使途、目的、公用、はっきりした事例しか支給しないという事を決めて欲しい。(70代・女性)

▼(暮らし・政治はやや悪くなった)子供が私立の高校に通い始め(スポーツ推薦)覚悟はしていたものの、予想以上の出費がかさみ、同時に、給与も減った為。
(市政へ)中学校で給食を。中学生の食生活→その後の食生活へ大きく関係します。好きなものしか食べない子が増えています。偏食は将来、生活習慣病、いづれ大病につながります。危険なことです。(40代・女性)
posted by こうじろう at 17:21| Comment(0) | 14年消費税・市民アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする