2015年10月26日

2015年度市町村議会委員長研修会に参加

DSCN98410001.jpg

 今日は午後から京都市内で開かれた2015年度市町村議会委員長研修に参加してきました。主催は公益財団法人・京都府市町村振興協会で、京都府内の市町村の各議会の議長や議運委員長、各常任委員長の研修として行われたものです。京田辺市議会からは、議長と議事運営委員長、そして私を含む3人の各常任委員長が参加しました。

 内容は二つの講演で、一つは「マイナンバー制度の概要と各方面への影響〜住民・行政機関・議員活動などの観点から〜」をテーマに、日本マネジメント総合研究所LCC理事長 戸村智憲さんが講演されました。戸村さんの講演は内閣府が作成したマイナンバー制度の説明資料を上手に活用ながら、そもそもマイナンバー制度とはいったいどういうものかを、具体的に分かりやすく説明されたものでした。

 講演ではマイナンバー制度での国の本音は「しっかり税金を取りたいということ」ということではないかとし、その一例として社会保障の充実のための制度としながらも、年金分野では「日本年金機構」に提出する住民票にはマイナンバーを付けて出さないように通知せざるえない異常事態が起きていることをあげ、結局は税の取り立てのためではないかという指摘には説得力がありました。

 他にもマイナンバーがなくてもできることばかりの制度であること、その一方でマイナンバーの管理ではたとえ家族の間でもあっても煩わしい手続きや、法律的には厳格な本人確認が必要なる、できるだけマイナンバーは集めない方がよく使わないで済むのならその方がいい等の問題点も浮き彫りになったと思います。
 それらを紹介しながら冗談混じりに「私は個人番号カードは作りたくない。」とも話されていましたが、それが本音かなあとも感じました。

 もう一つは、「『住民自治の根幹』としての議会を作動させる〜議会からの政策サイクル〜」をテーマにして、山梨学院大学法学部政治行政学科教授の江藤俊昭さんが講演されました。

 江藤さんの講演は議会改革をより広い視野からとり上げたもので、議会を地域民主主義、住民自治の根幹であるとしっかり位置付けた立場からのものでした。その上で議会の果たす役割の重要性とともに、議会改革そのものが目的ではなく、住民の福祉の向上が本来の目的であり、地域政治、地方民主主義の活性化は議会が担っていることを自覚して、そのための新しい議会をつくる条件について住民と一緒に話し合ってすすめていくべきだと強調されました。

 そして地方政治の重要性とともに「議事機関」としての議会のあり方にも触れられ、議会に重要な役割が与えられているのは、議会には様々な住民の意見を反映する多様性があることと、もう一つの意義を上げられました。
 それは講師の方が昔のアメリカ映画になぞらえて「12人の怒れる男たち」効果と呼ばれたもので、議論すれば論点が明確になり合意もされるし、意見が変わることもあること、そしてそういう議論を公開することで、住民がそれを見て自身の意見を持つことになり、世論の形成や住民の自治意識の向上にもつながる、というものです。

 講演は最後に「議会改革は住民目線から考えるべきで、行政のような効率性、目標達成だけがすべてではない。住民自治を進める議会としてやっていってほしい。」と訴えられて終わりましたが、非常に大事な視点だと思いました。

 二つの講演はそれぞれ一時間半程度のものでしたが、とても勉強になりました。
posted by こうじろう at 21:44| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

第25回京田辺市保育のつどい。議会報告会を開催。

DSCN98210001.jpg

 今日は京田辺市内の保育所が一堂にそろって交流などを行う「第25回京田辺市保育のつどい」が開かれ、私も案内をいただき開会セレモニーだけですが出席させてもらいました。毎年このセレモニーでは主催者や来賓あいさつなどの時は簡単なものでも保育所の子どもたちには退屈なものらしくで少しざわつきますが、その後の保育士さんたちの工夫をこらしたアトラクションになると、俄然、子どもたちが舞台の方に集中します。

 今年のアトラクションでは、同志社大学のダブルダッチに取り組むサークル「シルブプレ」のみなさんが登場して、ダブルダッチの妙技を披露し、後半は保育士の方と一緒に演舞をされていました。やっぱり子どもたちの反応は抜群で、どの子どもも集中して見てみましたね。
RSCN98180003.jpg

 開会セレモニーはアトラクションを含めても30分くらいで、後は会場の中央体育館周辺で、さまざまな企画などが取り組まれました。上の写真がその会場などの案内図で、保育士さんたちが熱心に準備をされてきたのがよくわかりますね。会場には保護者の方も大勢こられて、広い会場がいっぱいになっていました。
DSCN98340002.jpg

 午後からは、日本共産党議員団の議会報告懇談会を開き、約20人の方に参加していただきました。今回は9月議会の報告を増富議員がし、また森下府議が京都府議会の報告をされました。

 懇談では戦争法をめぐる府議会の状況についての質問や、京田辺市と枚方市によるゴミ処理広域化の状況やその用地取得についての党市議団の対応などで質問やご意見をいただきました。

 また報告会の最後に、現在、京田辺市が募集している文化振興計画についてのパブリックコメントや、ごみ減量化推進審議会の市民公募委員の募集なども紹介して、市民の市政参画をすすめるためにも積極的に、応募していただきたいと呼びかけました。
posted by こうじろう at 19:25| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

「譲歩」どころか「言いなり」のTPP大筋合意

 10月初め、TPP交渉において「大筋合意」と大きく報道されました。TPPの対象は多岐にわたりますが、今回の「大筋合意」について、全国の農家のみなさんでつくる「農民運動全国連合会(農民連)」の機関紙「農民」10月19日付に、その問題点を指摘する分かりやすい記事が掲載されました。

 この記事は一面で白石農民連会長の談話「TPP大筋合意に満身の怒りを込めて抗議し合意撤回を要求する」を掲載しています。この会長談話は農民連のホームページにも掲載されておりコチラからPDFファイルでご覧になれます。この談話もわかりやすいものですが、記事に掲載されている表もわかりやすいものです。

 TPP交渉について、国会では日本の農業を守るために重要5品目(米、小麦、牛肉・豚肉、乳製品、砂糖・でんぷん)は関税撤廃の対象からは除外または再協議すると決議しています。そして今年1月に発行した日本とオーストラリアの自由貿易協定(日豪FTA)でも、交渉は難航しましたがその中身は重要5品目についての国会決議をギリギリの線で順守するものとされています。
DSCN98080001.jpg

 上の写真はこの記事の2面に掲載されたもので、その日豪FTAと今回のTPPでの大筋合意を比較した表です。これを見ると日本政府がしたことは国会決議を守るための交渉でもなんでもなく、「譲歩」にすらならない、相手側の要求をそのまま受け入れる「言いなり」ではないかと思います。
 しかもTPPではこれだけにとどまらず、新たに400品目以上もの農産物の関税を撤廃するとしています。(下の写真が記事の一面に掲載された表です)
DSCN98100002.jpg

 農業は国民の命、生活を支える根幹です。それをなくなっても構わないと言わんばかりの態度で、一部の多国籍企業の利益のために売り渡すようなことは断じて許せません。
posted by こうじろう at 18:21| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

イノシシ対策で前進! 決算審議3日目

DSCN95310001.jpg

 今日は決算特別委員会の3日目の審議で、建設部、経済環境部、上下水道部、農業委員会に関係する部分の質疑が行われました。私は今日は4回の質疑を行い、都市計画事業の見通しや公共交通政策について、枚方市とのごみ処理広域化の問題点などとり上げました。

 他にも準備していたものもあったのですが、幾つか総括質疑に回す事にしたのもあります。決算委員会の審議も今日で部局別の審議はすべて終わり、後は11月2日午後1時半から市長が出席して全般的に行う総括質疑を残すのみです。

 総括質疑は、会派ごとに行うもので、持ち時間は基本時間10分+所属議員数×5分で決まり、日本共産党議員団の場合は35分になります。この時間は、片道方式つまり質問者の発言時間だけをカウントします。(部局別審査では1回20分の持ち時間で質問者、答弁者両方の発言時間をカウントしますが回数に制限はないので、必要な分だけできます)

 日本共産党議員団は通常は複数の委員が決算委員になるので相談して担当する項目の分担と時間配分をして行いますが、今回はもう一人の岡本亮一議員が決算特別委員長を務めているので、私一人で総括質疑を行うことになります。35分を一人でというとちょっと大変ですが、充実した審議になるようがんばります。

 今日の審議では、同僚の岡本議員が有害鳥獣対策、特にイノシシによる農産物被害をとり上げました。京田辺市でも近年、イノシシによる農業被害が大きな課題になっており、2011年には国の補助制度を活用した「防護柵」設置補助事業が始まりました。

 これはさっそく利用され、初年度には総延長で10168mの防護柵が設置されましたが、その利用は12年度、13年度と大きく減って13年度の新規設置は610mにとどまりました。その理由は国の制度では最低3戸の農家が組をつくってまとまって申請しないと補助がおりないためで、実施翌年度から使いにくいという声があげられていました。

 日本共産党議員団もこの間、議会で農家の実態に合わせて制度の改善を図るよう求めてきましたが、それが14年度に実現しました。市の答弁では、14年度は市独自に1戸からでも補助できる制度を導入して、新たに2858mの防護柵が設置されたのことで、長さでは13年度の4倍以上もの活用です。
 こういう地域の実態に即した事業はもっともっと充実させてほしいですね。
posted by こうじろう at 17:41| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

委員会議事録のインターネット公開へ

 9月議会で成立した補正予算で、市議会の特別委員会、常任委員会の委員会議事録のインターネット公開のための予算が実現しました。
 京田辺市では昨年来の議会改革の取り組みの中で、議会基本条例の制定や一般質問を行う本会議のライブ中継・録画配信などが実現しています。日本共産党議員団はこの中でより市民に開かれた議会を目指す立場から、委員会審議の議事録もインターネット上で公開することを提案してきました。議会改革特別委員会でも何度か、この課題は議論され、新年度から実施することで大枠は合意されて、今回、その予算が実現したものです。

 議会事務局によると、議事録のインターネット公開の費用は、ホームページの保守、維持管理などを含めて1ページあたり150円の単価計算になるとのことです。委員会の議事録は、特別委員会などが設置されるとその分量も変わりますが、通常は、総務、文教福祉、建設経済の3つの常任委員会と、だいたい10月に開かれる決算特別委員会と3月議会中にある予算特別委員会の5つの委員会審議の議事録が対象になります。

 2012年度はこの5つの委員会で合計1666ページの議事録になり、それに余裕を見て1700ページとして費用が算出されています。年間では消費税込みで27万5400円になります。
 今年度の場合は、9月議会に提案された補正予算案で計上されており、2015年度は11月から翌年3月までの契約になり税込で11万4750円が計上されています。

 一般質問のある本会議の議事録は現在、実施からだいたい3ヶ月後に公開されていますが、委員会議事録の場合はもう少し時間がかかり、委員会開催からおよそ半年後をめどにインターネット上でも公開することになるとのことで、今年3月議会の委員会議事録(3つの常任委員会と予算特別委員会)をこの秋に公開し、それ以降、順次6月議会分などが公開されていく予定です。

 委員会審議では、条例改正案などでも時にはかなり突っ込んだ議論になることもあります。また市側の答弁でも丁寧な説明もなされたりします。どこが問題か、何が争点になっているのかというのもわかりやすいですし、議員や市当局の本音も結構出てきたりします。

 今でも、議会事務局に足を運び所定の手続きをすれば委員会議事録も閲覧できますが、もっと多くの市民の方に見てもらうためにもインターネットを利用した公開は大事なことだと思います。
posted by こうじろう at 16:59| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする