2015年10月20日

中学校デリバリー弁当の利用はわずか1%! 決算審議2日目

 今日も終日、決算特別委員会の審議でした。今日は健康福祉部と教育委員会が所管する事項の審議で、私だけでなく他の委員からも活発な質疑があり、終了は4時半過ぎで昨日よりも1時間くらい遅くなりました。

 私も全部で8項目くらいとり上げましたが、一番最初にとり上げたのは市教育委員会が中学校給食実施の代わりに導入した、選択式デリバリー弁当による「中学校昼食提供事業」についてです。今回の決算委員会にあたり、資料請求でその利用状況を明らかにするよう求め、市当局から示されましたが、その実態は驚くものでした。

 選択式デリバリー弁当は2013年1月から始まったもので、13年度は3学期のみの実施でした。一日あたりの利用は、市内3中学校合計でやっと25件です。この利用には事前登録が必要ですが、その登録数は247件。3中学校の生徒数合計は1800人ちょっとなので、登録数の割合でも13.6%、利用数の割合は1.4%です。これもかなり低い数字ですが、14年度の年間を通した数字はもっと下がっています。

 14年度の登録数は214件で割合は11.8%、一日あたりの利用は3中学校合計で18.5件、生徒数の1%に過ぎません。しかも3中学校のうち2つの中学校では、昨年一年間で利用ゼロの日が12〜13日間もある状況です。
 この数字はあまりにもひどいもので、今日の委員会で私は「これが本当に市民のニーズにあった事業といえるのか。抜本的に見直すべきだ。」と求めました。

 教育委員会からは「この事業はどうしても家庭から弁当を持参できない時の対応策としてあるのだから、機能している。」と答弁しました。その中では「この事業実施にあたっての事前アンケートでは中学生の96%が家庭弁当を持参しており、利用が多いことが良いという事ではない。」とも述べましたが、私が「弁当持参が96%なら、残り4%は弁当持参に困難があるということだ。しかしデリバリー弁当の利用はその4%にすらまったく及んでいない。弁当持参が困難な際の手立てとしても機能していないという事ではないか。」と指摘したのに対しては、もう答弁できなくなりました。

 さらにデリバリー弁当事業のために、市教育委員会は中学校で配達される弁当を保管するため学校の一部改修や冷蔵庫購や、冷めた弁当を温めるための電子レンジの購入、予約システムの構築とその維持、補修などを行っています。13年度から14年度までのこれらの事業に投じられた予算は、総計すると約1200万円になります。それだけのお金をかけながら、1%の中学校生徒にしか利用されていないのは大問題だと思います。

 これらの指摘に対してさすがに教育部長も「市民ニーズは反映していない。この形が最終形ではない。」と言わざるを得なくなり、教育長からも「デリバリー弁当は最終形ではない。中学校給食について食育や子どもの貧困対策という議論も広がっている。新しい方式を検討していきたい。」という答弁がありました。今度こそ、中学校での完全給食実施に向けてしっかりと取り組んでほしいと思います。
 他にもとり上げた内容は改めてここでも紹介していきます。
DSCN97750002.jpg
posted by こうじろう at 18:43| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

市民生活支える市政を。消費税増税の市財政への影響〜決算審議が開始

 今日は決算特別委員会でした。6日に現地調査を行い、今週に三日間にわたり委員会を開いて各部局ごとの審議を行います。最初の今日は、総務部、市民部関連でした。私は、市民生活の実態認識と税負担の状況、国保税の課題、マイナンバー制度、防災政策、平和施策、職員雇用のあり方などのテーマをとり上げました。1回20分の質疑を合計5回おこなったので、けっこう疲れました。決算委員会の内容などはここでも改めて紹介しますが、最初にとり上げた市民生活の実態と税負担については二つのグラフを紹介しておきます。
15年度年間所得グラフ.JPG

 上のグラフは京田辺市の一世帯あたりの年間所得の推移を示すもので、長期にわたって減り続け14年度には350万円を下回る事態になっています。こういう実態をどう思うか、率直に聞いたところ市当局もこれを否定できず「厳しくなっている、暮らしにくくなっている。」と認めました。
15年度一人あたり税額グラフ.JPG

 次いで指摘したのは年間所得が減っている下での市民の税負担です。上のグラフは、市民税や固定資産税、都市計画税などの市民が負担している市税全体の税収額を市人口で割って市民一人あたりの税額の推移を示したものです。

 このグラフにあるように、こちらは長期的には税制度の改正などによってもけっこう変動があります。(06年度から07年度にかけては所得税率が下がりその分、住民税率が上がったので税額が増えてます)ただ近年はそういう大きな変動がないにもかかわらず3年連続で上昇しています。これは所得割などがある個人市民税は所得減にあわせて下がっても、その影響を受けない固定資産税や都市計画税が下がらず逆に上昇したためです。人口が増えている京田辺市では地価も下がらず、そのためこれらの税負担が上がっているのです。

 このことを示して市当局に市民の税負担を少しでも軽減するために、都市計画税の引き下げをと求めました。しかし、市当局からは「市財政も経常収支率が上がるなど悪化する方向にあるとみているので都市計画税引き下げは難しい。」という答弁でした。確かに税引き下げは簡単な事ではないですが、本当にそのための真剣な努力を市に求めたいと思います。

 また決算委員会に市当局が提出した資料で、市が負担している消費税額が、大まかな推計ではありますが、明らかになり、それについて今日の質疑で同僚の岡本議員がとり上げました。

 市の様々な物品購入や公共事業発注などでの消費税の負担は、概算で12年度が約2億8800万円、13年度が3億2200万円、14年度が5億5000万円です。14年度の消費税8%への増税は市財政にとっても2億3000万円もの支出増をもたらしています。この点は市当局から「市財政を圧迫している要因の一つだ。」とコメントがありました。

 また見過ごせないのは、この答弁の中で京田辺市は昨年、消費税増税の下でも市の各種施設の使用料を引き上げる事はしませんでしたが、10%への再増税があればこれらの料金値上げも考えていかなければならない、とも表明した事です。
 市民の暮しを壊し、地方自治体財政をも圧迫する消費税の増税など絶対に許してはならないと改めて思いました。
posted by こうじろう at 21:17| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

9月議会・活動報告ビラを発行

15年9月議会報告ビラ表面.JPG
15年9月議会報告ビラ裏面.JPG

 先月閉会した京田辺市の9月定例議会の内容などをみなさんにお知らせする「議会・活動報告ビラ」が完成しまいた。
 表面は私の9月議会の一般質問の内容を中心に紹介しています。裏面は、日本共産党議員団として発行したもので、5人の議員それぞれが発行する議会報告ビラの共通する中身になります。

 9月議会では幾つかの成果もありましたが、やはり大きなものは戦争法反対をめぐる取り組みだと思います。6月議会では、国会で審議中だった「戦争法案」について「慎重審議を求める」ということで議会多数の会派が合意をして、その内容を求める意見書を可決しています。

 6月議会でも日本共産党議員団は「戦争法案は廃案にすべきだ」と提起しましたが、他の会派との協議ではそこまでの一致には至らなかったという面もあります。それが7月から9月前半にかけての戦争法反対の国民の大きな運動の発展の中で、今回、市議会でも多数を占める会派が戦争法案の強行採決に抗議し、「戦争法の撤廃を求める」という点で一致することができました。

 京田辺市でも戦争法反対の運動はこれまでにない形で広がりました。そういう市民のみなさんの取り組みを議会としてしっかり受けとめて、政府に対して意見書を提出することができて本当に良かったと思います。
 「議会・活動報告ビラ」はこれから、地域のみなさんにも協力していただき、私の担当している地域でも配布していきます。私も担当している分がありますが、さわやかな秋空の下だと歩いていても気持ちがいいですね。
 最後に、「9月議会・活動報告ビラ」をPDFファイルでも入れておきますのでぜひご覧ください。PDFファイルはこちら⇒15年9月議会・活動報告ビラ
posted by こうじろう at 17:59| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

京田辺市敬老会。木津川の災害史を学ぶ講座に参加。

DSCN97840001.jpg

 今日は午前中は京田辺市の2015年度敬老会が開かれました。京田辺市の70歳以上の方は10857名になりますが、敬老会には約1200名の方が参加され、広い中央体育館もいっぱいになりました。私も来賓の一人として紹介されましたが、京田辺市の敬老会には、京都で活動する日本共産党の3人の国会議員、こくた恵二衆院議員、井上さとし参院議員、倉林明子参院議員から連名のメッセージが寄せられています。式典では、他の国会議員と同様、名前だけの紹介でしたが、その全文が会場入り口に掲示してあったので、写真で紹介しておきます。
DSCN97850001.jpg

 午後からは、京田辺市中央公民館で開かれた「京たなべ生涯学習講座 身近な災害と向き合う〜深く学びそして備える〜 第1回 木津川と京田辺市の災害史に学ぶ」の講演を聴きにいきました。講師は講師は佛教大学歴史学部教授の植村善博さんで、この方は元府立校の教師で30年前には田辺高校でも教鞭をとっておられたそうです。

 植村さんの講演は江戸時代頃からの歴史を振り返りながら、木津川でどういう災害が起きてきたのか、写真や古地図などをふんだんに使ってわかりやすく講演されました。
 植村さんは木津川の特徴として2点、あげられました。一つ目は流域が広くしかもれが花崗岩の多い山間地であるために、真砂が大量に流れ込んでくる川であるだそうです。流れ込む砂の量は日本でも有数規模だそうです。
 そしてそのために、2つ目の特徴として、木津川の川底も高くなり、流れ込む支流も天井川が多くなることをあげられました。

 植村さんの講演では京田辺市だけでなく木津川市や精華町、井手町、城陽市などの地域の水害の歴史も具体的に紹介され、木津川はこの400年間で水害が96回も発生しており、鴨川や宇治川が50回程度で、洪水発生の頻度は高くその度に、右へ、左へと流れを変えていた荒れ川であることも指摘されていました。

 それだけに過去の水害の教訓などを忘れずにいる事の重要性も強調され、国土交通省や京田辺市が作成しているハザードマップなどの活用も含めた災害に対する心構えにまで話が及びました。下の写真は、講演の最後に写されたスライドです。非常に勉強になる講座でした。
DSCN98000002.jpg
posted by こうじろう at 16:56| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

第2回総合計画審議会で、中学校給食実施を提案

DSCN97730001.jpg

 今日の午後、第2回京田辺市総合計画審議会が開かれ、私も委員の一人として出席しました。議題の一つは、京田辺市第三次総合計画に基づくこの10年間の京田辺市の取り組みの総括についてです。10年間の市の取り組みですから、ずいぶんと幅広い分野にわたるものでした。私からは、この10年間でバス路線の再編などの取り組みがあり、一定の前進とはいえるが一方で再編から5年たち新たな課題も出ていることなどを指摘し、今後の課題が明確になるような総括をすべきではないかと発言しました。

 もう一つの議題は、国が地方自治体に作成を求める2040年の「人口ビジョン」の作成、これは簡単に言えば国全体で2040年の総人口1億人を維持するために、各地方自治体もそれに応じた人口目標を立てるということです。そしてその人口目標達成に向けた「地方総合戦略」を作成するということになっています。

 今日の審議会では市当局から「人口ビジョン」の目標についての考え方が示されました。京田辺市では昨年に独自に「人口推計予測」を行っています。そこでは、現在の京田辺市の出生率「1.35」を基本にした予測で、今後10年間は人口増が続き2025年の76729人がピーク人口となり、その後は微減して2040年時点では74369人になるという予測です。これを国が掲げている出生率引き上げの目標(2020年で1.6、30年で1.8、40年で2.07)の数値を当てはめると、京田辺市の人口は2025年で79051人に増え、その後も増加し続け2040年には82694人になるという試算が報告されました。この通りに決定するかどうかは、まだ未定ですが京田辺市では人口増に向けて、出生率の向上が重要な課題になる方向が示されたと思います。

 そしてそれを受けて、京田辺市版「総合戦略」を作成します。今日、報告された骨子案では「子どもを産み育てやすく、豊かに学べるまちづくり」「職・住が近接した働きやすいまちづくり」など4つの柱が示され、いくつかの事業計画が示されました。

 その中で子育て支援に関連した「充実した教育環境の整備」の課題で「小学校における給食環境の充実(小学校給食での地産地消を推進)」という項目がありました。これに関連して、私は「小学校給食の充実も重要な課題だが、子育て支援で学校給食に触れるなら中学校給食の実施を入れるべきだ。」と要望する意見を述べておきました。

 なお現在、京田辺市は「総合戦略」に取り入れる事業について、広く市民からアイディアを募集しています。京田辺市のホームページの「まち・ひと・しごと創生へアイデアを募集」に詳しい説明と応募方法などが紹介されています。アイディア提案の締切は10月30日までとなっていますが、ぜひ、多くの方に積極的に提案をしていただけたらと思います。

 また今日は来週から本格的な審議が始まる決算特別委員会に向けて、市当局に要求していた各種の資料が届けられました。日本共産党議員団は毎年、市政の状況や市民生活の実態を把握するために必要な資料について検討して要求しています。今回もざっと100項目くらいの資料を請求しています。この週末はこの資料をしっかり読み込んで、月曜日からの決算特別委員会の審議に生かしたいと思います。
DSCN97750002.jpg
posted by こうじろう at 17:36| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする