2015年10月15日

京田辺市文化振興計画案を公表

DSCN97720001.jpg

 今日は午後から文教福祉常任委員協議会がありました。内容は、昨年来、市教育委員会が策定に取り組んできた「京田辺市文化振興計画」について、その「案」ができ上がり報告を受けたものです。

 「文化振興計画案」はA4サイズで38ページになります。今日の地元紙の報道では「交通利便性の良いところへ新しい文化施設を整備する」方針を打ち出したことが中心的に報じられていました。ただ市教育委員会の説明では、文化施設の整備に関しては今年1月に発表した「中間まとめ」でも同じ表現で打ち出しており、また文化振興計画案も6つの基本目標の中で位置づけていることの一つということになるそうです。

 今日の説明では、来週10月19日から11月18日から一か月間、市民からの意見を募集する「パブリックコメント」を実施するほか、10月31日に市民文化祭の会場において「市民フォーラム」を開催し、参加した市民(事前応募になります)からの意見を聞いていくとのことです。
 「パブリックコメント」はまだ事前告知ですが市ホームページの「京田辺市文化振興計画(案)についての意見を募集します(予告)。」になります。
 「市民フォーラム」の案内や応募は、市ホームページの「京田辺の文化振興を考える市民フォーラムを開催します。」にあります。

 私も何点か質問しました。一つは文化施設の整備について、今回の文化振興計画案では新たな施設整備が打ち出されたが、その規模や内容などを具体的に検討していくのはどういう場になるのか、と云う事です。これには担当部長から「施設整備には基本構想が必要になる」と説明があったので、再度「その基本構想は市のどの部署が中心になってまとめるのか」と聞いたところ、「新しい施設が教育委員会単独のものになるのなら教育部でつくるが、そこがまだはっきり決まらないので、市長部局と相談しながら基本構想をどうつくるか、検討していく。」ということでした。

 また今回の文化振興計画案の期間は2016年度から2015年度までの10年間になっています。10年にわたる長期期間なので5年後に市民アンケートを実施して計画全体の見直しなどを予定するとともに、その時点から「文化振興計画推進委員会」を設置していくとなっています。この点で、「推進委員会」の設置がなぜ計画開始から5年後になるのか、なぜ開始時から設置して取り組まないのか、質問しました。残念ながらこの点では、あまり明確な回答はなかったように思います。

 文化振興というのは、多面的な内容があり、しかも主体となるのは住民であって、行政としてどういう役割を果たしていくのかという点でも難しい問題もあります。そういう意味では簡単な課題ではないと思います。そのための計画案といっても今後に持ち越した課題も多そうですが、少しでも良いものになるよう、議会でもしっかり取り組んでいきたいですね。
posted by こうじろう at 16:23| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

2015年大住隼人舞の奉納

DSCN97710007.jpg

 今日は市北部の大住地域にある月読神社で「隼人舞」の奉納があり、私も見学してきました。今年も少し早めにいったので、一番前の席で見学することができました。

 奉納されるのは、@「隼人舞」の前座にあたる小学校などの女の子が舞う「隼人踊(はやとおどり)」、A「お祓いの舞」、B「神招(かみおぎ)の舞」、C「振剣(ふりつるぎ)の舞」、D「盾伏(たてふせ)の舞」、E「弓の舞」、F「松明(たいまつ)の舞」、です。それぞれの舞については、以前の記事「大住隼人舞」でも紹介しました。下に、この順番で写真を貼っておきます。
DSCN97130001.jpg

DSCN97140002.jpg

DSCN97190003.jpg

DSCN97330004.jpg

DSCN97390005.jpg

DSCN97560006.jpg

DSCN97620001.jpg

 今年もこれらが順に奉納されましたが、「盾伏の舞」は去年の舞手は3人でしたが今年は4人で舞われて、よりダイナミックになっていましたね。

 私は一番最後に奉納される「松明の舞」が一番好きですね。灯りを落とした境内で両手に松明をもって舞う姿は幻想的で、他の事を忘れて見入ってしまいます。「松明の舞」だけオマケで写真を貼っておきます。
DSCN97640002.jpg

DSCN97660003.jpg
posted by こうじろう at 21:28| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

決算委員会現地調査 その2

 今日の記事は10月6日の記事「決算委員会初日は現地調査 その1」の続きです。
DSCN95840001.jpg

 三山木小学校の隣にある同小校区の学童保育の施設も見学しました。2階建で上の写真は1階部分です。真ん中に仕切りがあり、2つのスペースに区切る事もでき2階では2部屋にして使用されていました。
DSCN95870005.jpg

 ちなみにこの学童施設にもクーラーが設置されています。上の写真がそれで、こちらも昨年の新築の際に最初から設置されて取り付けられてものです。
DSCN96110002.jpg

 昨年大規模改修された社会福祉センターでは、太陽光発電パネルとあわせて蓄電施設も整備されています。上の写真がその蓄電設備で、災害時に停電になっても8時間分の電気をまかなう事ができます。社会福祉センターは災害発生時には一時避難所にもなることから、その機能強化のために設置されたものです。太陽光パネルによる発電分はすべてこの蓄電池に蓄えられる事になっているそうですが、それでもフル充電には約二日間かかるとのことでした。
DSCN96090006.jpg

 社会福祉センターでは、非常口からの避難経路の整備も実現しました。以前から議会でも、非常口からでても段差が多く、車椅子などでは避難しにくいと指摘されてきたもので、今回の改修にあわせて整備されたものです。
DSCN96130003.jpg

 消防署では昨年購入した化学消防ポンプ車を見せてもらいました。6177万円で購入されたもので、前の化学消防車から買い換えたものですが2千万円以上も経費がかかっています。昨年の9月議会で私も総務委員会の審議で「何故、それほど高額になったのか」と質問し、「キャフス」など最新の装備をそなえたためという説明が市からありました。(これについては昨年9月16日の記事「化学消防ポンプ車の買い替えなど審議 総務常任委員会」をご覧ください)
DSCN96270007.jpg

 「キャフス」というのは圧縮空気泡空気システムのことで、水に専用の薬剤を少し混ぜる事によって泡状にして、より少ない水でより大きな消火効果を挙げるために開発されたものです。消防隊員の方が消防署の外壁に向かって実際に放水して見せてくれました。上の写真が「キャフス」で放水している時のもので、真っ白い泡状になった水が外壁についています。
DSCN96290008.jpg

 上の写真は放水が終わってから数分後ですが、まだ白い泡状の水が壁についています。少ない水で消火するだけでなく、延焼防止の効果も大きそうに見えます。この化学消防ポンプ車は他にも幾つか、最新の設備が搭載されていて説明された消防署の方も隊員の負担も軽く済みその分、消火能力を向上させる事ができると話されていました。前のものよりも高額になっただけのことはあると感じました。
posted by こうじろう at 17:29| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

精華町議補選の応援。市役所で9月議会のまとめ。

 今日の午前中は、精華町議補選に日本共産党から立候補予定の加藤けんじさんの応援に行ってきました。精華町南部の住宅街で、加藤さんの政策などを紹介するビラの全戸配布のお手伝いをさせてもらいました。午前中はかなり涼しかったのですが、それでもビラを配って2時間近く歩いているとけっこう汗をかく、いい運動になりました。

 午後からは京田辺市に戻り、休日ですがまた市役所の議員団控室で仕事をしていました。先週後半に全国都市問題会議に参加したので、できなかった分をこの連休中に取り戻そうとせっせと9月議会のまとめや資料整理にとりかかりました。

 その甲斐もあって9月議会のまとめはほぼ完了して、議会報告用のビラの原案もそれなりに形になりました。それで机の上に置いてあった9月議会での各種の議案をはじめ資料を整理して片付けました。

 いつも定例議会が終わるごとにやっていることで、いつもならつかの間とはいえ、いったんは机の上もきれいすっきりときれいになるのですが、今回は10月下旬から始まる決算特別委員会での資料がけっこうあるので、そんなに机の上がすっきりしていません。

 9月後半くらいから少しずつ資料を集めだしており、まだそれほど多くはないですが、忘れないようにとりあえず手元においておくものなどもあるので、見た目は乱雑な感じもしますね。それに市当局が作成した決算書と関連資料自体もけっこう分量があるので、資料を片付けたという実感は乏しいです。

 休日の市役所はいつものように静かですが、今日は5階の南側に面したロビーから見た風景の写真を貼っておきます。市役所の南側は中央公民館やテニスコートなどがありますが、基本はすぐに山になっています。季節の移ろいとともに木々の色合いも変わっていくので、見ていても風情があります。また紅葉というには早いですが、少しですが見事に色づいているものもあり、秋の景色が始まっています。
DSCN97020001.jpg
posted by こうじろう at 17:46| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

松井ヶ丘幼稚園第37回運動会。精華町で日本共産党国政報告会。

DSCN96600001.jpg

 今日は地元の松井ヶ丘幼稚園の第37回運動会で、私も案内をいただき出席させてもらいました。今日は曇り空でずい分と涼しい朝でしたが、園児たちはみな元気いっぱいでした。上の写真は入場行進の一コマで、この後、園児全員で「ようちえんのうた」を歌ったのですが、3番まである歌で年少組はまだ1番しか覚えていないみたいで、2、3番になると年長組の声が一番大きくなっていましたね。
DSCN96820002.jpg

 午後からは精華町で、日本共産党国政報告会がありました。精華町では来週火曜日、13日告示、18日投票で町長選、町議補選が行われます。町議補選は、この4月の府議選で精華町議会副議長をしていた日本共産党の松田さんが町議を辞職して立候補したことによって生じた欠員を補充するためのものです。松田さんの議席を必ず引き継ごうと、新人の加藤けんじさんが日本共産党から立候補する予定になっています。

 今日の国政j報告会でも目前に迫った町議補選予定候補の加藤さん、そして来年参院選京都選挙区に挑む大河原としたかさん、国会報告を行った井上さとし参院議員のそろい踏みがありました。(上の写真です)

 そろい踏みで加藤けんじさんの隣、一番右にいる方は、精華町議会の元議長の石橋平和さんです。この間、憲法9条を守る取り組みや、戦争法反対の運動で、日本共産党とも共同の運動に取り組んでこられましたが、この日は弁士にも立たれて、「志位委員長の国民連合政府の呼びかけは非常に良い発想をされたと思う。政治的には無党派だが共産党の人が良く勉強して、国を良くしていこうとがんばっていると感じている。党派が違うから相容れない部分もある。しかし憲法については、戦争法は間違っているという点は一緒だ。こんなものを次の世代になトンタッチしていくことは我慢できない。」と応援の言葉をいただきました。

 他にも加藤さんの町議補選にのぞむ公約と決意や、大河原としたかさんの「参院京都選挙区の定数は2名。戦争法廃止の2議席にするために自民党を落として必ず参院へ送り出してほしい。」と訴えがあり、井上参院議員の国政報告と続きました。

 井上参院議員の報告は、戦争法のそもそもの問題点、憲法に反するその内容をわかりやすく示すとともに、通常国会最終盤での国会の様子なども迫力をもって語られたものでした。来週の精華町の選挙、そして来年の参院選挙と日本共産党を大きく伸ばして、戦争法廃止の力を大きくしなければと改めて思いました。
posted by こうじろう at 17:56| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする