2015年10月09日

第77回全国都市問題会議に参加

RSCN96480001.jpg

 8、9日と長野県長野市で開催された「第77回全国都市問題会議」に参加してきました。8日は午前9時半から開会するので7日の夜に長野市に泊まる2泊3日のちょっとした旅行になりましたね。
 主催は長野市と全国市長会などで、毎年その時々のテーマを設定して開かれています。京田辺市議会では毎年、この「全国都市問題会議」か、全国議長会が主催する「議長会フォーラム」に議員の半数が参加して研修するようにしています。

 今年のテーマは「都市の魅力づくりと交流・定住 〜人口減少社会に立ち向かう 連携の地域活性化戦略」というもので、初日は女性として初めてエベレストに登頂した登山家の田部井淳子さんの講演から始まり、長野市長の報告、そして研究者の方の報告や愛知県豊田市長の報告、長野県小布施町を中心にまちづくりに取り組む方の報告がありました。

 いずれも具体的な事例をあげながら、地域をどう元気にしていくか、という内容のものでしたが、特に良かったのは立教大学観光学部兼任講師や「観光地域づくりプラットフォーム推進機構」会長などをされている清水愼一さんの報告でした。

 清水さんは「観光地づくり」ではなく「観光地域づくり」が重要だと強調されました。簡単にいえば、観光客がきて地域全体が元気にならないとだめだということで「観光地域づくり」であり、「住んでよし、訪れてよし」の地域づくりです。清水さんは、観光客がきても地域が潤わないやり方は間違っていたのではないかと指摘し、地域全体が豊かになるようにしていくことが大切と話されました。

 「観光」の語源は「光(暮らしぶり)」を「観る」ことで、そこにしかない「地域の雰囲気」を楽しむ滞在交流型観光をいうことで、徳島県三好市祖谷町の例も紹介されました。山深い地域の住民の暮らしそのものをしっかり見つめて、それを発信することで大きな成功をおさめた地域です。

 清水さんの報告でもう一つ、なるほどと感じたのは、「観光」を頭の中に入れながらまちづくりを進める、観光はあくまでも手段であり、住みよいまちづくりを進める一つの方法だという指摘です。
 例えば交通の便が良くない、買い物などが不便などの地域住民の悩み、お年寄りの悩みというのは実は観光客の不満でもあると指摘され、観光客の視点から地域の課題や悩みの解決を図るのが「住んでよし、訪れてよし」のまちづくりだということです。

 その上で清水さんは、そういう「観光地域づくり」を進めるために、業種を超えて、自治体を超えて、官民を超えて、連携していくのが大事で、商工会議所、観光協会、NPO、商店街、行政などなどが一堂に会して相談し、取り組んでいくことが重要だと話されました。

 示唆に富む報告で、特に観光客の目線で地域の課題を解決することが、高齢者などにとっても住みよいまちづくりになる、というのは大事なことだと思いました。

 二日目は午前中だけでしたが、パネルディスカッションがありました。岡山県真庭市長や愛媛県今治市長、スポーツを軸にしたまちづくり、など多彩な発言がありましたが、ここでは公共交通の問題を取り上げた両備グループ小嶋光信さんの報告が印象に残りました。

 小嶋さんは実際にバス会社などの経営や和歌山電鉄の再生に取り組んできた方です。バス事業の現状について、自動車の普及で売上が半分になっても経費が下がらないのが公共交通事業の一つの特徴で、約9割のバス事業は赤字になっており、経営として成り立つようなものでなくなっていること、にもかかわらず日本の公共交通はほぼ民間に任せきりにされており、世界的には珍しい国になっていると指摘されました。

 そしてこれからの公共交通について、これまでの事業者任せ、事業者の孤軍奮闘という形から、国、自治体、市民と事業者が一体となって、地域づくりの一環として公共交通の維持発展を図るものへと大きく変わっていくべきだと強調され、公設民営の形でやるべきではないかと提案されていました。
 公共交通の問題を考える上で参考になる報告でした。

 長野市までいくのに半日がかりの移動になり、結構大変でしたが学ぶべきものも多かった研修になりました。
posted by こうじろう at 19:59| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

決算委員会初日は現地調査 その1

 今日から決算特別委員会が始まりました。初日の今日は2014年度に実施された主な事業を実地で視察などする現地調査で、10時から昼休みをはさんで午後4時頃まで、全部で11の事業を見て回りました。
DSCN95580001.jpg

 昨年実現した小学校の全教室へのクーラー設置についても視察しました。上の写真は田辺東小学校の理科室に設置されたクーラーで、同小学校では普通教室15室を含め特別教室など全34教室に合計71台のクーラーが設置されました。中学校と同様に職員室のパネルで集中制御できる様になっている他、各教室にある操作パネルは鍵付ボックスの中にあり、児童だけで勝手に操作できないようにされています。
DSCN95740003.jpg

 三山木小学校では現在、新校舎建設工事が進められています。ここでは教室へのクーラー設置は他の小学校のような後付ではなく建設段階から設置されており、上の写真のような空調設備が取り付けられていました。
DSCN95800004.jpg

 上の写真はその三山木小学校で新築工事中の新校舎です。4階建で一つの階に6教室あり、1階に給食室、2階に図書室がはいるものでかなり大きな校舎になります。手前の体育館と比べても大きな校舎ですね。

 今年3月に完成した三山木保育所も見学しました。ここは3月半ばの開所式の際にも見学しました。(詳しくは3月15日の記事「第25回北部ふれあい祭。三山木保育所開所式。」をご覧ください)
 現時点で入所している子どもの数は定員ギリギリの240人で、それとは別に定員15人の一時保育事業も実施しています。一時保育の方もほぼいっぱいの状況で、利用予約はキャンセル待ちというのも珍しくないようです。
DSCN95670002.jpg

 3月の時はまだ子どもたちがいない状態でしたが、今日は実際に利用されている様子を見学しました。特に目を引いたのは地域子育て支援センターの一室です。ここは専用スペースに予約なども必要なく親子連れでいつでも自由に来て子どもを遊ばせる事ができるもので、それだけでなく常駐職員もおり子育て相談にも対応できます。聞いたところでは、市全域から利用者があり、中には大住保育園、河原保育所、てふてふとここの4つの子育て支援センターを日替わりで利用して子どもと遊んでいる親子もあるとのことでした。

に続きます)

 なお明日から三日間、長野県長野市で開かれる「第77回全国都市問題会議」に研修として参加しますので、その間の更新は休みます。
posted by こうじろう at 18:03| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

10月の後援会ニュースを発行

DSCN95380002.jpg

 10月の日本共産党後援会ニュースを発行しました。今回は、9月議会で戦争法の強行採決に抗議し、執行停止と撤廃を求める意見書が賛成多数で可決されたことや、委員会議事録のインターネット公開が実現したことの紹介、また松井ヶ丘小のグランドの水はけ対策の申し入れや、私の9月議会の一般質問の紹介をしています。

 私も担当している地域で、できるだけ声をかけながら配布に取り組んでいます。また顔を合わせたお宅では、戦争法の廃止を求める署名への協力もお願いしています。その中で結構、会話が弾みます。
 あるお店では「戦争法では公明党の役割もひどかったね。お客さんには創価学会の人もいるけど、公明党はどうなのかと話していたよ。」と話してくれたり、別のお宅では奥さんが「父が軍人で沖縄で戦死した。戦争は絶対に許せない。」と署名してくれ、さらに「夫も家にいるから呼んできて署名してもらうわ。」と夫婦そろって署名していただきました。

 取り組み始めたばかりの署名ですが、反応もよく多くの方が協力してくれます。特に10月に入って安倍首相が南スーダンへの自衛隊の派遣で戦争法に基づく活動を進めようとするなど始まる中で、それへの不安と怒りも大きくなっていることを感じます。 こんな危険な戦争法を一刻も早く廃止するためにしっかりがんばります。
posted by こうじろう at 17:08| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

松井ヶ丘保育園第37回運動会。戦争法廃止求める署名。

DSCN95450001.jpg

 今日は地元の松井ヶ丘保育園の運動会で、私も案内をいただき出席させてもらいました。今日は朝からきれいな青空が広がり、すがすがしい一日でした。日差しはあったものの、さわやかな空気で、運動会には絶好の天気だったと思います。

 子どもたちも元気に運動会に参加していました。一番上の写真は、親子競技の一コマで、親子仲良く参加して楽しそうでしたね。保育園の運動会には、保護者だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんも大勢来ているようで、子どもの数の倍以上の見学があり、とても賑やかでした。

 その後は、地域の日本共産党後援会の方と一緒にできたばかりの「戦争法の廃止を求める署名」用紙をもって、訪問活動に取り組みました。結構多くの方が署名に協力してくださり、対話も弾んで日本共産党の後援会ニュースを「読んでもいいよ」と言ってくれる方もいて元気になる一日でした。

 なお、戦争法廃止を求める署名用紙は日本共産党HPのコチラからダウンロードできます。戦争法案の廃案を求める署名もたくさん協力がありましたが、強行採決後の、廃止を求める署名にもそれ以上の反響があると思います。これからもこの署名をたくさん集めて、日本共産党の国会議員に託したいと思います。
posted by こうじろう at 17:45| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

労働組合の会議で「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」よびかけを説明

DSCN95340001.jpg

 今日の夜、京建労綴喜・八幡支部の定例の役員会議があり、私も日本共産党京田辺市議団を代表して出席させてもらいました。この役員会議は毎月1回開かれているもので、この間、私たち京田辺市議団が毎月交代で出席して、あいさつなどさせていただいています。

 私は支部長さんの了解をもらい、日本共産党が9月19日に発表した「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現をよびかけます」の全文と、これを公表した際の志位和夫委員長の記者会見の一問一答をパンフにまとめたもの(上の写真です)を参加者にお配りさせてもらい、最初にその説明を簡単にさせてもらいました。(この「よびかけ」の全文は日本共産党HPのコチラ、記者会見の一問一答はコチラ、からご覧になれます)

 「よびかけ」の3つの内容@戦争法(安保法制)廃止、安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させよう、A戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう、B「戦争法廃止の国民連合政府」で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう、を紹介し、安倍首相が戦争法の強行可決以降、さっそく来年春にも南スーダンのPKOで自衛隊の武器使用の大幅拡大など軍事行動を広げようとしていることと、そこへ派遣される自衛隊の部隊には宇治市にある大久保駐屯地からも多く派遣される可能性があることも紹介しました。

 そして9月30日の京田辺市9月議会閉会本会議では、戦争法の強行採決に抗議し、その撤廃を求める意見書を賛成多数で可決したことを紹介しました。ここでは6月議会の際に戦争法案の慎重審議を求める意見書を可決し、その段階から市民のみなさんの運動の発展に押されて、9月議会ではさらに前進した内容の意見書になったことも報告しました。

 また9月議会で労働組合の運動の成果で、京田辺市の公共事業で賃金引き上げのための契約金額の上乗せが行われたことも紹介しました。(これについては10月1日の記事「公共工事の労務単価引き上げを賃金引き上げに」をご覧ください)

 京建労のみなさんの議論も聞かせてもらい、勉強になることもたくさんありました。会議の後に顔見知りの役員の方から「国民連合政府の呼びかけは重要だと思う。今だからこそ、この運動をしないといけない。今日もらったパンフレットをもっとたくさん活用した方がいい。自分も知り合いなどに渡したい。」と声をかけていただいたので、後日、改めてお届けさせてもらうことにしました。

 綴喜八幡支部では、京建労全体でも組合員を増やす運動でトップクラスの奮闘をされており、その活動ぶりに学ぶことも多かったですが、そのみなさんからも日本共産党の「戦争法廃止の国民連合政府」の呼びかけを積極的に受けとめてもらえてうれしかったですね。
posted by こうじろう at 22:43| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする