2015年10月21日

委員会議事録のインターネット公開へ

 9月議会で成立した補正予算で、市議会の特別委員会、常任委員会の委員会議事録のインターネット公開のための予算が実現しました。
 京田辺市では昨年来の議会改革の取り組みの中で、議会基本条例の制定や一般質問を行う本会議のライブ中継・録画配信などが実現しています。日本共産党議員団はこの中でより市民に開かれた議会を目指す立場から、委員会審議の議事録もインターネット上で公開することを提案してきました。議会改革特別委員会でも何度か、この課題は議論され、新年度から実施することで大枠は合意されて、今回、その予算が実現したものです。

 議会事務局によると、議事録のインターネット公開の費用は、ホームページの保守、維持管理などを含めて1ページあたり150円の単価計算になるとのことです。委員会の議事録は、特別委員会などが設置されるとその分量も変わりますが、通常は、総務、文教福祉、建設経済の3つの常任委員会と、だいたい10月に開かれる決算特別委員会と3月議会中にある予算特別委員会の5つの委員会審議の議事録が対象になります。

 2012年度はこの5つの委員会で合計1666ページの議事録になり、それに余裕を見て1700ページとして費用が算出されています。年間では消費税込みで27万5400円になります。
 今年度の場合は、9月議会に提案された補正予算案で計上されており、2015年度は11月から翌年3月までの契約になり税込で11万4750円が計上されています。

 一般質問のある本会議の議事録は現在、実施からだいたい3ヶ月後に公開されていますが、委員会議事録の場合はもう少し時間がかかり、委員会開催からおよそ半年後をめどにインターネット上でも公開することになるとのことで、今年3月議会の委員会議事録(3つの常任委員会と予算特別委員会)をこの秋に公開し、それ以降、順次6月議会分などが公開されていく予定です。

 委員会審議では、条例改正案などでも時にはかなり突っ込んだ議論になることもあります。また市側の答弁でも丁寧な説明もなされたりします。どこが問題か、何が争点になっているのかというのもわかりやすいですし、議員や市当局の本音も結構出てきたりします。

 今でも、議会事務局に足を運び所定の手続きをすれば委員会議事録も閲覧できますが、もっと多くの市民の方に見てもらうためにもインターネットを利用した公開は大事なことだと思います。
posted by こうじろう at 16:59| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする