2016年01月20日

文教福祉常任委員会所管事務調査のテーマ設定で協議

 今日の午前中、文教福祉常任委員協議会が開かれました。内容は文教福祉常任委員会の行う所管事務調査のテーマ設定についてです。京田辺市議会では2014年度の議会改革の議論を経て2015年度から、所管事務調査の方法が大きく変わりました。事前に各常任委員会でどういうテーマで所管事務調査を行うのか、委員会として決定した上で、市当局への質疑、現地現場調査・訪問(他自治体の先進地訪問なども含みます)、関係する団体・市民との懇談など、議員間討議、という4つの柱ですすめ、それらを踏まえて各常任委員会で一致したことを報告書としてまとめる、という方法になったのです。

 これを受けて昨年の改選後初議会となる去年の6月議会で、文教福祉常任委員会として、「特色ある学校づくりについて」、「文化振興について」、「中学校給食について」の3つのテーマを設定して、この12月議会まで取り組んできました。

 そしてこの内、「特色ある学校づくり」については、市内の小中学校の訪問、視察や市当局への質疑、議員間討議を踏まえて昨年の12月議会で委員会としての報告をまとめました。報告そのものは12月議会の閉会本会議の中で、文教福祉常任委員会を代表して委員長の私が行い、その報告書は、京田辺市議会ホームページのコチラで、PDFファイルの形で掲載しています。(一緒に、同様に報告書をまとめた建設経済常任委員会の「観光振興について」の報告書も掲載されています)

 「特色ある学校づくり」についての報告書はA4サイズで2ページ足らずの簡単なものですが、「特色ある学校づくり」の概要と、その事業と議会とのかかわり方を整理して、今後、議会活動をより充実させるために、この事業で議員に公開可能なもの(公開授業、研修会など)については、議員にも案内をしてほしいと要望することで一致をしました。それでその旨を報告書に記載し、議長を通じて市当局にも要請しています。
 そしてこの報告書を受けて、市教育委員会から早速、来週開催される「第2回教育実践モデル校交流会」について見学の案内をいただきました。私は残念ながら他の予定が入っているので参加できませんが、今後もこういう機会があれば積極的に見学などさせてもらいたいと思います。

 今日の文教福祉常任委員協議会では、去年の6月に設定した3つのテーマのうち1つが終わり、もう1つもほぼ終了しそうになってきたことから、次のテーマをどうするかについて、話し合いました。この中で、いろんなテーマについて、それが議会としてとり上げるのにふさわしいものなのかどうかということについても、それぞれの議員の中で意見が分かれるものもあります。

 議員それぞれの考えや立場の違いもあります。そういう中で一つのテーマへのアプローチの仕方もずいぶん違うということを改めて感じました。それで、ある問題について議会としてどうかかわるのか、ということを議員間討議のテーマとして位置付けるという意味で、所管事務調査に加えてその上で具体的な調査方法、進め方について議員間討議にかけたらどうかと提案して、全体として了承されました。

 その上でテーマとしては、「不登校問題について」、「介護保険について」、「学校の環境整備について」の3つとして2月上旬に再び、文教福祉常任委員協議会を開いて、それぞれのテーマについて、調査方法、内容について議員間で討議することになりました。
 議員間で議論をしているとけっこう時間もかかるし、一致できる点、一致できない点なども出てきてまとめるのも大変です。ただ、そういう議会での議論を通じて、議員として切磋琢磨していくことは重要なことだと思います。
posted by こうじろう at 17:17| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

戦争法廃止へ、定例の宣伝署名行動

DSCN02670001.jpg

 今日、19日は戦争法廃止をめざす定例の署名宣伝行動です。新田辺駅西口で午後4時から、戦争法反対共同センターなどのみなさんと一緒に署名と宣伝に取り組みました。今日は特大サイズのスローガンプラスターも登場しました。一番上の写真がそれで大きな字で「武力で平和はつくれない!戦争NOの新政府を」と呼びかけています。これだけ大きいとさすがに目立ちますね。

 昨日からの寒波の襲来で冷たい風の吹く寒い中での行動になりましたが、全部で20人以上が参加し、1時間余りの行動で30人分の署名が寄せられました。私も署名板をもって道行く人に声をかけて協力を呼びかけ、何人かの方に応えていただきました。

 中にはまっすぐ私の方へ向かって来て手をさしのばしてペンをとってくださる方もいて励まされました。署名に協力してくれる人も、若い人から年配の人まで幅広く、戦争法廃止の声が、安倍内閣による強行成立以降も広がっていることを実感しました。
posted by こうじろう at 18:16| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

横須賀市の議会報告会について 議会運営委員会管外視察報告1

DSCN99050001.jpg

 去年の11月5、6日と議会運営委員会の管外視察研修に行ってきました。5日は神奈川県横須賀市を訪問して、同市議会の議会報告会について研修を受けてきました。

 横須賀市では08年から議会基本条例の制定などの取り組みをはじめ、11年5月に「議会報告会及び市民との懇談会実施要領」を定めて、議会報告会の取り組みを開始されました。そして11年7月に市内5ヶ所の会場で議会報告会を開催して以降、毎年4月にその年度の予算内容や、それを審議した3月議会予算委員会の内容などを報告する「議会報告会」を市内5会場で開催しています。

 会場は中心市街地の市民ホールとそれ以外の9地域にある住民コミュニティセンターで、2年で10会場を一巡するやり方になっています。お話しを聞いていて工夫されていると感じたのは「実施要領」にもとづいて「議会報告会等準備会」を設置して一年がかりで「議会報告会」の準備、取り組みを進められている点です。

 横須賀市議会では、各常任委員会の議員構成が毎年5月の臨時議会で変わっています。(京田辺市議会では2年単位で各常任委員会の構成が変わっています)そしてその臨時議会で決まった新体制のもとで、毎年新しい「議会報告会等準備会」が発足します。そのメンバーは、4つある常任委員会の各副委員長+各会派代表者+無会派議員代表となっており、今のところ12人で構成しています。

 そして5月から前回の課題や反省点に対する検証を行い、それから翌年4月の開催に向け5ヶ所の会場決定や、各会場を担当する班編成の決定(横須賀市議会の定員は41人で、議長を除く40人を5班に分けるので一班8人の議員になります)、案内チラシなどの作成を行います。そして3月議会での予算審議が終わると、報告会用の説明資料を作成し、4月に議会報告会を開催して、その実施報告書を作成(この報告書は議会HPに掲載されるそうです)して、一年のサイクルが終わります。

 報告の中では、参加者数が例年5会場の合計で7〜80人となっており参加者数を増やす事が課題になっていることなどについて、議会としての説明責任をどう果たすのかという角度から議論されている事も紹介がありました。

 質問で予算審議の方法についてお聞きすると、京田辺市とは少し違うやり方をされていました。京田辺市では、毎年3月議会では、予算特別委員会を設置して大体8〜10人の議員が所属して各部局別の審査と総括質疑を行っていますが、横須賀市議会では議員全員で予算特別委員会をつくります。そして予算審査は4つある常任委員会が「分科会」となってそれぞれの所管する分野の審査、京田辺市の部局別審査に相当する審査をして、最後にそれをまとめる総括質疑をやっています。

 議会報告会を、年度当初にその年度の予算を軸として実施しているのも、このあたりに理由があるのかなと感じました。この点では京田辺市と違うところもありますが、一年サイクルで取り組んでいる点などは参考になりました。

 なお横須賀市議会の研修の際にいくつか資料をいただきました(一番上の写真です)が、その中に「議会でゲンキ!」という小冊子が入っていました。余り他の議会では見かけないものなので、これはどういうものかとお聞きしたところ、なんと横須賀市議会の制度や仕組みなどを紹介するもので、市内の中学校3年生の社会科授業で参考資料として活用できるようにと作成し、中学3年生全員に配布されているそうです。ちょっと珍しい取り組みですね。
posted by こうじろう at 16:53| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

2016年日本共産党後援会新春のつどい

DSCN02420001.jpg

 今日は午後から京田辺市・綴喜郡の日本共産党後援会の新春のつどいがありました。参院選での日本共産党の躍進とともに、その後の秋に行われる宇治田原町議選でも日本共産党の前進のために一緒にがんばろうと楽しいひと時になりました。

 ここには倉林明子参院議員も駆けつけて年明け早々から始まった通常国会での論戦の様子なども報告しながら、あいさつされました。倉林議員のあいさつの時には、私たち京田辺市と井手町、宇治田原町の議員8人が勢ぞろいして、あわせて昨年のご支援のお礼もさせていただきました。

 倉林議員は憲法違反の戦争法や、原発、TPPなどどの問題でも安倍内閣の暴走を止めるために、日本共産党を大きく伸ばして民意がどこにあるか示そう、選挙に勝って日本に民主主義をとり戻そうと力強く訴えるとともに、最後の方では今年の干支にちなんで、「今年こそ、国会から安倍首相がさる年にして、そして大河原さんが京都からくる年にしていこう」と、うまいこと言うてましたね。
DSCN02560002.jpg

 大河原さんもいよいよ選挙本番の年を迎えていっそう迫力が出ていました。今日のつどいでは、各分野、またそれぞれの地域の日本共産党後援会の方もあいさつされましたが、私たちの地域でも大河原さんが弁護士として携わってきたアスベスト被害の問題や中国残留孤児支援などに関係される方がいらっしゃいます。幅広い住民の声をしっかり国会に届けるためにも、京都から大河原さんを参議院へ送り出すためにがんばります。

 他にもミニコンサートや福引など用意されていて、明日からの取り組みの鋭気を養う良い一日でした。
posted by こうじろう at 17:42| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

山口県へ帰省してました。

 昨日、今日と亡父の3回忌で山口県へ帰省していました。早いもので、父が亡くなって丸2年になります。

 今日は山口県もとてもいい天気で、雲一つない青空が広がり、風もほとんどなくて暖かい日でした。山口県でもこの冬は暖かいらしいです。そういえば父が亡くなった2年前も暖かい冬で、1月末頃に葬儀やなんやかやと一週間くらい帰省していて、実家の近所のお宅で梅が咲き始めていたのを思い出しました。

 お墓参りの帰りに、そのお宅の梅の木を見ましたら、いくつかつぼみがついており、この分だと今年も1月末には咲き始めるのではないかと感じました。ただ来週には寒波がきて寒くなるとのことで、どうなるかはわかりませんね。

 今週は中頃に議会の管外視察研修で東京へ一泊二日で出かけて、その翌日には山口県まで一泊二日の帰省となりました。東へ西へと大移動でいささか疲れた一週間です。

 下の写真は実家の近くからみえる山の写真です。そう高くも、また大きくもない山ですが、実家の周辺からよく見える山で、子どもの頃から眺めていました。いつまでも変わらない山の形が懐かしかったです。
DSCN02320001.jpg
posted by こうじろう at 19:27| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする