2016年01月14日

文教福祉常任委員会の視察研修に行ってきました。

 昨日、今日と京田辺市議会文教福祉常任委員会の管外視察研修に行ってきました。昨日は、埼玉県和光市を訪問して「介護保険における新総合事業について」をテーマに研修しました。

 和光市の介護保険事業は全国的にも有名な先進的な内容でされています。そのため各地の議会から介護保険に関する視察に訪れていますが、その数が余りに多いので、和光市では介護保険関連の視察受け入れは月1回に限定し、その日に30〜40人を上限として複数の議会からの視察を同時に受け入れて、セミナー形式で実施されています。
 私たちが訪問した日も、京田辺市議会だけでなく、逗子市、菊川市、西宮市、岡崎市、西尾市の計6市から40人近くが参加して、担当者の報告を聞くという形での視察研修になりました。

 視察研修としては珍しい形になりましたが、その内容はさすがというものでした。一口で説明するは難しいですが、「介護保険のとらえ方が根底から違う」というのが率直な感想です。
 和光市では毎年、65才以上の全高齢者を対象に具体的な生活実態などを把握するためのアンケート調査を実施し、その回答票が未回収のお宅には訪問して実態把握をする取り組みもされており、高齢者の状況について緻密で具体的な分析、把握をした上で、何が必要なのか、どういう目標を設定して介護事業を進めるのかを3年ごとに策定する介護保険事業の計画にまとめられています。その一つ一つの過程で、高齢者の生活を支えるためにどうするのかという立場が徹底されている感じでした。

 今日は東京都狛江市を訪問して「音楽のまちづくり」構想について視察研修しました。狛江市でこの「音楽のまちづくり」に関する事業を担当しているのは、同市の「地域活性課」という部署で、話をお聞きすると狛江市の産業政策(商業や農業など)を担当し、また市内の各自治会の支援なども担当している課だそうです。

 狛江市には市が所有している文化ホールである「エコルマホール」という施設があります。その運営は指定管理者制度で狛江市文化振興事業団に委託する形をとっていますが、この「エコルマホール」を担当しているのも「地域活性課」です。多くの自治体でこういう文化施設などは、それぞれの教育委員会が所管することが多く、その例外は珍しいと思います。
 このあたりにも狛江市の「音楽のまちづくり」が文化振興という枠をこえて、文字通り「まちづくり」の柱に音楽に関することをすえているように見受けられました。

 これらの視察研修の詳しい内容はまた改めてここでも紹介したいと思います。二日間の関東方面の研修は好天に恵まれました。
 今日は狛江市でエコルマホールのあるビルも見学させてもらいましたが、その6階から少し霞んでいましたが、遠くに富士山を眺めることができました。写真も撮ったのですが、うっすらとした姿なので残念なことにきちんとは写っていませんでした。

 また往復の新幹線からも富士山が見えました。この時は雲が中腹にかかっていましたが、下の写真は行きの新幹線から移した富士山です。この冬は雪が全国的に少ないようで、富士山も頂上部でも白い雪があるのは部分的でこの時期の富士山にはちょっと見えないですね。
DSCN01760001.jpg
posted by こうじろう at 21:20| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

16年度予算要求書にもとづき市長と懇談

DSCN01700001.jpg

 今日の午前、日本共産党京田辺市議団が昨年12月に京田辺市長あてに提出した「2016年度京田辺市予算に対する要求書(第一次分)」にもとづいて、私たち日本共産党議員団と京田辺市長との懇談を行いました。(2016年度予算要求書については昨年12月3日の記事「2016年度京田辺市予算への要求書を提出」で紹介しています。またその予算要求書のPDFファイルはこちら⇒16年度京田辺市予算への要求書

 懇談そのものは30分ちょっとの短時間でしたが、最初に私から昨年秋の決算特別委員会での審議を踏まえて、日本共産党議員団が12月議会の冒頭で決算反対討論で指摘した3つの点、@市民の暮らしが厳しくなっているもとで市政の果たす役割、A中学校給食実施をめぐる課題、B枚方市とのごみ処理広域化をはじめ市民参画を徹底する、について意見を述べました。

 市長からは「いろんな課題がある。多くの市民の声をききながらやっていくのが大切というのはその通りで、市政運営でも皆さんの声を聞くことを重視している。ただそれをみんな実施していくというのは難しい。財源の課題もあり、バランスよくやることが重要と考えている。」と話しがあり、その後、参加したそれぞれの議員から地元の課題や特に重視している課題などについて発言し、市長と意見交換をしました。

 私たちと市長とでは、立場の違いも当然あり、すべてが一致するという事もないですが、そのことを踏まえて市民の声にもとづいて今日のような懇談の場で話し合っていくことは大事だと思います。
 この間の市政運営の中では、子どもの医療費助成を中学校卒業まで拡充するなど、大事な政策で一致して実現してきたものもあります。これからも市民のための市政を第一に、議会の内外で粘り強く取り組みます。

 なお明日、明後日と文教福祉常任委員会の管外視察研修で、埼玉県和光市と東京都狛江市を訪問します。一泊二日の日程なので明日の更新はお休みします。
posted by こうじろう at 17:38| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

2016年成人式で憲法を守ろうと宣伝

DSCN01520001.jpg

 今日は午後から2016年京田辺市成人式があり、私も案内をいただき出席させてもらいました。今年、京田辺市内で新たに成人になられたのは788人とのことでした。1時から記念式典ですが12時過ぎに着くことができたので、会場まで新成人のみなさんに憲法を守ろうとアピール宣伝に取り組んでいた京田辺市の「9条の会」のみなさんと一緒に宣伝しました。

 上の写真がその一コマで、今日一緒に配ったのは下の写真にある9条の会特製チラシ入りポケットティッシュです。けっこう大勢の人が受け取ってくれましたが、この準備をするのも大変だったようです。

 チラシそのものは木津川市9条の会がつくられた「豆本」で「憲法9条京都の会」のホームページのコチラで紹介されており、ダウンロードもできます。これをダウンロードして「田辺9条の会」、「田辺北部9条の会」のそれぞれの連絡先などを記入して印刷してから、ポケットティッシュのサイズに小さく折りたたんでセットされたそうです。私たちの先輩である水野きょうこ前京田辺市議は、いま9条の会の事務局の活動をされており、一生懸命作られたとか。(下の写真がセットした後のものです)
DSCN01580002.jpg

 京田辺市の成人式では毎年、新成人の方たちの小学6年生、中学3年生の時にクラス担任をされた教員の方たちにも「恩師」として案内を送られており、今年もけっこうたくさんの教員の方が出席されて懐かしそうにされていました。

 なお今日の成人式には日本共産党の京都ゆかりの3名の国会議員、こくた恵二衆院議員、井上さとし参院議員、倉林明子参院議員から連名のメッセージが寄せられていました。(下の写真です)
DSCN01660003.jpg

 ところで今日は成人式だけでなく、午前中には京田辺市消防本部・消防団が主催する「消防出初式」も開かれていました。そちらにも出席する予定だったのですが、朝、ちょっと車で外出した際に故障に見舞われて動かなくなってしまい、その対応で大わらわになってしまって、出席できませんでした。けっこうひどい故障で車を替えることになりますが、幸い事故などに結びつくことはありませんでした。ただ早めの点検など気をつけないといけませんね。
posted by こうじろう at 16:49| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

9条の会で戦争法廃止の宣伝署名。蜷川虎三元京都府知事の憲法手帳巻頭言。

DSCN01470002.jpg

 毎月9日は、憲法9条にちなんで「9条の会」が宣伝署名行動に取り組んでいます。今日は1月9日で今年最初の「9の日宣伝」として、京田辺市北部9条の会が松井山手駅前での宣伝、署名行動をよびかけたので、私もみなさんと参加しました。

 取り組んだ署名は、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が呼びかけている「戦争法の廃止を求める統一署名」で、1時間余りの行動で20人分の署名が寄せられました。
DSCN01420001.jpg

 上の写真は署名への協力を訴えている時のもので、私が署名板と一緒に持っているのは、「憲法手帳」です。手のひらサイズの小さい冊子ですがこの中に日本国憲法の全文が収められています。かつて京都府が発行した「憲法手帳」を京都府職労が復刻したもので、表紙の裏側には蜷川虎三元京都府知事の巻頭言が紹介されています。

 その巻頭言は、
「われわれは、だれしもが生きがいのある人生を願っている。人間として、それを主張する権利をもっている。そのためには、われわれの暮らしを守り育てて、これをいい暮らしにしなければならない。それを保障しているのが日本国憲法である。だから国民ひとりひとりがよく憲法を理解してこれを守らねばならぬ。
 憲法を論議することは自由である。しかし守らねばならぬ日本国憲法が厳としてあることを知らねばならぬ。このごろ憲法を論議して憲法を守ることを無視している者のあることは遺憾というより情けないことである。」
 というものです。1975年3月24日という日付がありますが、今読んでもとても新鮮で大事なことだと思います。

 今日の署名宣伝行動では、署名に協力していただいた方に「ぜひ憲法そのものもお読みください」とお渡ししました。
posted by こうじろう at 17:41| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

市議会主催の議会報告会を4月に開催へ

 今日の午後、議会運営委員協議会が開かれました。内容は京田辺市の議会基本条例にもとづく議会報告会の開催についてです。実は12月議会後半の議会運営委員会の場でも少し協議をしており、2015年度一年間の議会活動のまとめなどを報告するための議会報告を開くべきではないかと話し合ってきたものです。

 その協議の中で、一年間のまとめとして議会報告会は開催すべきという点では大方の一致を見たのですが、その具体的内容、開催回数や場所などをどうするのか、またそういう課題について、どこで話し合い準備を進めるのかなど、いざ開催しようとするといろんな課題も出てきて、それらを一度、議会運営委員が協議会を開いてざっくばらんに話し合おうという事で、今日の議会運営委員協議会となったものです。

 そのため今日の協議会では議運委員がそろって、いろいろ相談して大まかな内容などは合意しましたが、最終的には1月22日に正式に議会運営委員会を開いて議決した上で決定するという運びになります。

 京田辺市議会では、昨年度の議会改革の取り組みの中で、2014年5月に議会改革についての「市民との意見交換会」を開催し、15年3月に議会基本条例制定などを報告するための「議会報告会」を開催しています。これらは二つとも当時の議会改革特別委員会が主催したもので、テーマ、内容も「議会改革」にしぼったものとなっています。

 議会改革特別委員会は15年4月の議会改選をもって解散した形をとっており、今後、議会運営について広く協議する議会運営委員会で議会の様々な活動について話し合っていく事から、今回も議会運営委員会で相談をしています。
 京田辺市議会にとって、言ってみれば通常の形での「議会報告会」の開催は初めての取り組みになります。そのためいざ相談してみると、運営や報告者はどうするなど様々な事を話し合いました。

 また今日の協議会である程度、全体の概要はまとまりましたが、この4月に開催する方法も前例とせず、次回開催以降はその準備方法も含めて改めて検討していこうと話し合っています。

 市民に開かれた京田辺市議会をつくっていくための大事な取り組みではありますが、私たちも試行錯誤、手探りのような状態で、どういうやり方で「議会報告会」を開くのがいいのか、話し合いながらの開催です。少しでもよいものになるよう、今からしっかり準備などに取り組みたいと思います。
posted by こうじろう at 18:00| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする