2016年01月25日

第4回京田辺市総合計画審議会に出席

DSCN03050001.jpg

 今日の午後、第4回京田辺市総合計画審議会が開かれました。向こう5年間の京田辺市のまちづくりの方向性や実施していく事業などをまとめる「第3次京田辺市総合計画まちづくりプラン」と、政府の地方創生事業を受けて人口増対策などを柱にした「京田辺市総合戦略」の、二つの計画案を策定するために、昨年夏の終わり頃から始まった審議会も4回目を数えました。

 今日は市当局からいよいよ具体的な「まちづくりプラン」素案と「京田辺市総合戦略」素案が提示されて、それを踏まえて各分野の委員の方たちと論議しました。

 私は「まちづくりプラン」素案について、とりわけ人口急増が著しい市南部地域の課題、具体的には「南部住民センター」や「消防南部分署」の課題について、具体的に盛り込むべきではないかと提案しました。
 また、長引く不況で市民の暮らしが大変になっている中で、暮らしを守るという事を5つの「重点プロジェクト」(安全・安心、緑、健康、文化・教育、田園都市、の5つ)の中に加えるべきで、具体的には税負担の軽減、見直しも事業計画に入れるべきと求めました。

 「総合戦略」素案では、「まちづくりプラン」に比べると事業がある程度、しぼった形になります。私からは、政府の地方創生交付金の積極的な活用についての提案と、子育て支援の中に、中学校給食の実施をしっかり位置付けるべきだと要望しておきました。

 他にもいろいろな意見が出ました。「総合戦略」素案で「働きやすいまちづくり」を掲げている事に関連して「長時間労働の改善も重要な課題」と指摘された方もいます。「まちづくり」というのはとても多面的なものですから、議論は尽きないという面もありますが、大事な問題はしっかり位置付けられるようにしたいですね。

 今後、今日の審議会の議論なども踏まえて提示された、二つの素案に必要な修正をして2月8日に、再び総合計画審議会を開いて市民のみなさんの前に示す正式な「案」としてまとめられます。
 そして今の予定では2月10日から3月9日までの期間、「まちづくりプラン」案と「人口ビジョン及び総合戦略」案の、二つの案について幅広い市民の方の声を聞くためのパブリックコメントが募集されます。
 総合計画審議会では、そのパブリックコメントも踏まえて3月下旬に一定の答申をする事になっています。パブリックコメントにはぜひ、多くの方がこれからの京田辺市のまちづくりに向けて、ご意見をお寄せいただけたらと思います。
posted by こうじろう at 17:00| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする