2016年04月30日

破綻した「原発=低コスト」

DSCN09870001.jpg

 2016年4月4、5日の「しんぶん赤旗」日刊紙に「電力自由化と原発延命策 立命大教授・大島堅一さんに聞く」という記事が上下2回にわたり掲載されました。
 内容は安倍内閣が原発を「重要なベースロード電源」と位置付ける下で、「電力自由化」を迎え電力会社が競争にさらされる中で、原発の維持、延命に特段の保護政策を採っていることを厳しく批判するものです。

 記事では安倍政権による原発延命策の基本は、事故を起こしたら十数兆円規模の損失を招く原発のコストを、いかにごまかして低く見せるか、そしてそのコストを、原発を所有し、稼動している電力会社が負担するのではなく、国へ、すなわち国民全体にかぶせようとしている事です。

 そのために原発事故が万一、発生した際の賠償責任に限度額を設定することや使用済み燃料の処理費用を国全体に押し付けようとしていることなどが画策されています。

 これらを踏まえて、記事の中で大島教授は「おかしいのは、政府も電力会社も、片方で原発はコストが安いと言ってきました。だったら延命策は必要ないでしょう。でも延命策が必要だと言うのです。どちらが本当かといえば、延命策を講じているのだから、そちらが本当なのです。」と指摘されています。

 いわれてみればその通りで、「電力自由化」で競争が激化しても本当に原発が低コストなら特段の対策をしなくてもよさそうなのに、実際には事故が起きた時の賠償責任を軽くすることや使用済み燃料処理費用を国に任せようとするなど、国の保護を受けてコストを抑えなければ成り立たないのが原発ではないでしょか。
 まさに資本主義のルールにすら外れるやり方で、国の手厚い保護を受けないと維持できない原発は直ちになくしていくべきです。
DSCN09900002.jpg

 こういうこともよくわかる「しんぶん赤旗」もぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。「しんぶん赤旗」日刊紙は月極めで購読料は月額3497円、毎週日曜発行の日曜版は月額823円です。ご希望の方は、私またはお近くの日本共産党の議員、事務所までご連絡ください。
posted by こうじろう at 18:03| Comment(1) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

2016年京都まつり

DSCN13480002.jpg

 今日は京都市宝ヶ池公園で開催された「2016京都まつり」に行ってきました。この夏の参院選での日本共産党の躍進をめざして、京都府内各地の日本共産党後援会などが模擬店などを出店して、楽しく交流するものです。
 上の写真は中央舞台で行われたトークセッションで、新たに日本共産党書記局長に就任した小池晃参院議員が司会して、京都精華大学講師の白井聡さん、同志社大学教授の岡野八代さん、京都大学教授の高山佳奈子さん、安保法制に反対するママの会@京都の伊藤恵子さん、そして大河原としたかさんが一堂にそろった時のものです。

 みなさんの発言はそれぞれ「なるほど」と思わせるもので、戦争法廃止をめざす野党共闘をどう発展させるのかという立場から、日本共産党にも率直な意見要望が出されて参考になるものでした。
DSCN13340001.jpg

 また会場には、夏の参院選で京都を含む関西を地盤にして日本共産党の比例代表に挑む現職の大門みきし参院議員も、病気療養から元気に復帰して参加されていました。上の写真は会場を歩いている時にたまたま大門さんと、元参院議員の西山とき子さんとご一緒した時に、撮ったものです。
DSCN13490003.jpg

 この日は、日程の決まっている参院選だけでなく、総選挙に向けた日本共産党の予定候補の発表も行われました。京田辺市を含む衆院京都6区の予定候補として、前回に引き続き上條りょういちさんが予定候補として発表され、京田辺・綴喜地域の日本共産党後援会の出店した模擬店の前であいさつをされました。

 今日の京都市内は曇りがちで少し肌寒く、時折雨も降る天気でしたが、国政選挙での日本共産党の躍進に向けてがんばろうという意欲のわく一日でした。
posted by こうじろう at 22:05| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

家庭用雨水タンク助成金をしっかり活用するために

 京田辺市2016年度予算で、新たに実現したもののひとつに「家庭用雨水タンク」を新たに設置する世帯に、その購入費用の一部に助成金を支給する制度があります。

 これは80リットル以上の容量のある雨水タンクの購入費用の4分の3を助成するもので、上限額は4万5千円となっています。
 ただこの制度の利用は申請主義となっているので、実際に雨水タンクを購入した市民が自ら市役所へ助成金の支給を申請することが必要になります。

 以前に京田辺市も実施していた「住宅リフォーム助成」も申請主義でしたが、実際には市内の建設業者に発注することが条件の一つになっており、市内業者への周知もされていたので「リフォーム助成」をのことを仮に知らないまま市内業者に発注しても、業者から声をかけられて助成制度を利用することもできます。

 雨水タンクの設置も業者に頼むこともありますが、この頃は設置も簡単になり自ら取り付ける例も多くなっているようです。そういう場合に、京田辺市の助成制度のことを知らずに申請をしなければせっかくの助成金を活用することができません。

 そうならないためにも助成制度の周知徹底、普及は大切な課題です。京田辺市では、環境課が担当窓口になっており、市のホームページ「平成28年度京田辺市雨水タンク設置補助金について」でも、詳しい手続き内容が紹介されています。
 新たに雨水タンクを取り付けようと考えている方にはぜひ利用してほしいですね。
posted by こうじろう at 19:41| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

大住小などのトイレのハイタンクを改善へ

DSCN72480001.jpg

 3月議会で実現したことの一つに、小学校の水洗トイレのハイタンクの改善があります。上の写真のように昔ながらのトイレの上部に水洗用のタンクがあってヒモを引っ張って水を流すタイプのトイレです。

 上の写真は15年1月末に大住小学校を施設調査で訪問した時に撮ったものですが、このタイプのトイレは、ヒモが切れたりするなどもありますが、防災面でも課題があります。高いところに水を貯めたタンクがあるため、地震発生時に、タンクが落下する危険もあり、万一、児童がいたら重大な事故にもつながりかねません。

 これについて3月議会の一般質問や文教福祉常任委員会の所管事務調査の中で、市当局は、市内小学校でこのタイプのトイレがあるのは大住小、草内小、田辺東小、三山木小の4小学校で、16−17年度の2ヶ年計画で違うタイプの水洗トイレへ改修する計画を明らかにしました。

 2年計画といわずに一気に改修できないものかとも思いますが、大事な前進だと思います。学校施設の改善は他にもいろいろな課題があり、それらについてもしっかり取り組みたいと思います。
posted by こうじろう at 18:13| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

京田辺市議会主催の議会報告会

DSCN13290001.jpg

 今日の夜、京田辺市議会として初めての取り組みとなる議会報告会を開催しました。平日の夜でしたが、一般の市民も40人近くご参加をいただきました。この場からも改めてご参加いただいたみなさんにお礼申し上げます。

 私も文教福祉常任委員長として、2015年度の4つの定例議会を通して文教福祉常任委員会で審議した主な議案についてと、所管事務調査について報告させてもらいました。昨年度、文教福祉常任委員会では、請願1つを含めて計13の議案を審議しました。

 時間の関係もあり、報告したのは議案では、「産後ホームヘルパー」サービスを新たに産前も利用できるように拡充するための条例改正案、低所得世帯向けの保育料負担軽減と、未婚のひとり親世帯の保育料負担軽減のための「みなし寡婦控除」適用のための条例改正案2本、これらはいずれも全会一致で可決されたものです。そして不採択になりましたが多くの市民の方から提出された行き届いた教育を求める請願について、の3つのテーマです。

 所管事務調査では、すでに調査を終えた2つと現在も調査中の4つについて、委員会としての取り組みや今後の計画などを報告しました。各常任委員長の報告は10分間と決められており、その時間内に終えるのに一苦労しました。時折焦ってはしょったりしてわかりにくい面もあったかもしれません。今日は昼からずっとその準備作業などをしていましたが、まだまだ至らない点もあったかと思います。

 今日の報告では、他に総務常任委員長の河本隆志議員、建設経済常任委員長の鈴木康夫議員、予算特別委員長の岡本茂樹議員が報告しました。予算委員会の報告だけは15分間の設定で他はいずれも10分でした。

 報告の後に少し休憩をはさんで、参加された方からの質疑応答や意見などを発言していただきました。結構多くの方から発言をいただきました。出された意見などをしっかりと受けとめ、今後の議会活動に生かしていくように、取り組んでいきたいと思います。

 京田辺市議会としては初めての取り組みで、私もいつも開催している日本共産党の議会報告懇談会とはかなり勝手も違うので戸惑いもありましたが、議会として多くの市民の方を対象に議会報告会と意見交換などに取り組んでいくことはとても大事だと思います。
posted by こうじろう at 21:28| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする