2016年10月31日

市障害者基本計画・障害福祉計画策定委員会。自民新風会の奥村議員が辞職。

DSCN28370001.jpg

 今日の午後、京田辺市障害者基本計画及び京田辺市障害福祉計画策定委員会が開かれ、私も委員の1人として出席しました。今日の議題は、市の障害者福祉に関わる計画の昨年度の実施状況の報告を受けての議論と、障害者差別解消法を踏まえて市が来年1月から施行を予定している「障害を理由とする差別の解消の推進に関する京田辺市職員対応要領(案)」について、報告を受け議論がありました。

 私は市の昨年度の取組みの報告で今後の課題として「福祉避難所マニュアル作成」を挙げていることに関連して、夏に市議会文教福祉常任委員会と市内の介護事業所と懇談しその中で特別養護老人ホームの事業者から「福祉避難所の協定を京田辺市と結んだが、具体的にどういうことをすればよいのか」という声が出されたことを紹介し、マニュアル作成には、協定を結んでいる福祉事業所にも参加してもらい一緒にすすめて欲しいと要望しました。

 また障害者差別解消法を受けた「市職員対応要領(案)」について、個々の職員の対応も大切だが、市全体として取り組むべき課題、ハード面の整備や職員体制の見直しなどの課題もあるのではないかと指摘しました。この点は市の担当部局からも説明がありましたが、私もこの問題についてもっと勉強することが必要だなと感じました。

 議会事務局から自民新風会・奥村良太議員より本日、弁護士を通じて議長宛に「議員辞職願」が提出され、議長が即日許可したと連絡がありました。聞いたところ、辞職願は「一身上の理由により」というごく短いものだそうです。

 暴力団と深い関係があったことが明らかになった以上、議員辞職は当然です。同時にこの問題は本人が議員を辞職したからで済ますわけにはいかないと思います。
 繰り返しになりますが、奥村元議員は自民党の議員として行動しており、京田辺市地域の自民党組織の役員をしているとも言われています。そういう議員が、暴力団と深い関係をもち、暴力団対策法にもとづく中止命令を受け傷害容疑で逮捕までされたことについて、自民党は市民の前に、ことの経過と見解を明らかにして、謝罪すべきです。
posted by こうじろう at 16:36| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

消防団市長査閲。秋の宇治田原町。

DSCN28250001.jpg

 今日の午前中は2016年度京田辺市消防団市長査閲があり、私も案内をいただき出席させてもらいました。これは簡単に言えば消防団のみなさんの日ごろの訓練の成果を披露する場で、上の写真は小隊での行進訓練を披露されているところです。そして下の写真が小型ポンプ操法訓練の様子で、日ごろの訓練の賜物か、準備してから放水まであっという間に進みました。
DSCN28280002.jpg

 午後からは宇治田原町議選の応援に行ってきました。今日は同僚の西畑議員と一緒に日本共産党の宣伝カーの運行に取り組みました。かなり奥の山間部の方を回りましたが、今日はいい天気で気持ちよかったです。ただ宇治田原町は京田辺市よりも高いところにあるためか、いい天気になっても山影の中だと少し肌寒い感じがしました。
DSCN28340003.jpg

 上の写真は途中で見かけた柿の木です。実が文字通り、鈴なりでした。これが宇治田原町の特産品の「ころ柿」になるのかなと思いました。町内の田んぼにはこれらの柿を干して「ころ柿」にするための「柿屋」もいくつか見かけました。
posted by こうじろう at 18:47| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

宇治田原町議選が目前!山本ただし事務所開き

DSCN28180002.jpg

 今日は宇治田原町議選の応援に行ってきました。宇治田原町議選は来週、11月1日告示、6日投票で行われます。定数12に対し、14人の立候補が予想され激しい選挙戦がはじまっています。日本共産党は、現職の今西くみ子さんと、新人の山本ただしさんの二人の候補を擁立し、引き続き2議席確保を目指します。

 午前中には日本共産党山城地区委員会の町議選勝利に向けた決起集会も開かれました。下の写真はその場で決意を述べる今西くみ子町会議員です。私もここに参加し、丹治会の決起集会の後は、山本ただしさんと一緒に宣伝活動に取り組みました。
DSCN27960001.jpg

 夜は二人の予定候補の事務所開きがそれぞれ行われ、私は山本ただしさんの事務所開きに参加させてもらいました。山本さんのご近所の方や親戚の方、友人、知人の方など大勢の方が参加され、山本さんに寄せられる期待の大きさを感じました。

 またここには倉林明子参院議員も応援に駆けつけ、最新の国会情勢とともに、国連総会において核兵器禁止条約の交渉開始を決める決議が120か国以上の多数で可決したにもかかわらず日本政府がこれに反対したことも紹介し、アメリカに言われるままの安倍内閣、自民党、公明党の政治をかえるために日本共産党の候補者をぜひ勝利させてほしいと訴えました。(一番上の写真です)

 来週は京田辺市議会でも決算特別委員会の総括質疑や、自民新風会・奥村議員への辞職勧告決議案の協議などもあって忙しいですが、宇治田原町でも日本共産党が前進できるよう、私も応援していきたいと思います。
posted by こうじろう at 21:32| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

自民新風会・奥村議員に辞職勧告へ

DSCN27930001.jpg

 昨夜、自民新風会の奥村良太議員が、建設業法違反で逮捕されたことに続いて、京都府警から暴力団対策法にもとづく中止命令をうけ、さらに傷害事件の容疑者として大阪府警に逮捕されたことがいっせいに報道されました。報道では最初に逮捕された事件で略式起訴され罰金50万円が確定したことも言われています。(上の写真は幹事会で配布された各紙の記事の資料です)

 議会ではこの報道を受けて、午後3時から緊急の幹事会を開きました。幹事会には各社の記者やTV局も1社できていました。私も今日の昼に議員団控室に行った際にロビーでTV局の取材を受けましたが、現職議員が暴力団員と同じとみなされる事件を起こすなどとんでもないことです。

 日本共産党議員団は、最初の逮捕を受けた7日の幹事会で「建設業法違反を認めているのだから議員の資格はなく辞職すべきだ。」と主張してきました。(10月7日の記事「自民新風会議員の逮捕を受けて緊急の幹事会〜問われる自民党の対応」をご覧ください)

 今日の幹事会ではどの会派からも「建設業法違反は確定した。議会として結論出すべき」、「全員が辞職勧告決議を出すべきで一致した」などの態度が表明されました。奥村議員と同じ会派であった議員からは「辞職すべきだ。今後、会派は解散したい。ただ、最後まで本人に連絡をとるために努力し、自ら辞職するよう促したい。」という発言もありました。

 そして出席者全員が、奥村議員に辞職を求めて辞職勧告決議をあげることで一致し、できるだけ早い時期に臨時議会を開催して決議をあげることで合意しました。
 今の段階では来週、11月2日に幹事会を開いて決議案の文案などを確認したうえで、議会運営委員会を開いて本会議日程を確認することになり、おおよその予定では11月前半に臨時議会を開くことになりそうです。

 なお今月初めの逮捕以来、同じ会派の議員や議長などが奥村議員のサイドと連絡をとろうと努力されてきたのですが、今日に至るまで何の連絡も奥村議員からはありません。そのことだけでも、非常識な態度で議員として資格が問われますが、私は同じ会派の議員に「連絡がとれたなら、辞職を促すだけでなく市民に対して謝罪することも求めてほしい。」と発言しました。

 前の記事でも指摘しましたが、奥村議員は自民党の議員として活動してきました。聞いたところではこの地域の自民党組織の役員もしていたとも言われています。そういう議員が、暴力団と深い関係をもち、暴力団対策法にもとづく中止命令を受け傷害容疑で逮捕までされたことについて、自民党は市民の前に、ことの経過と見解をしっかりと明らかにして、謝罪すべきではないでしょうか。
posted by こうじろう at 19:13| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

大住駅のエレベーター設置で具体化の見通し 決算委員会審議で

 今日は決算特別委員会で、建設部、経済環境部、上下水道部に関する分野を審議しました。今日も活発な審議が行われ、私も4回の質問では終わらず、5回目に少し入ったので終了は午後5時前になりました。

 私は今日は市の水道事業についてかなり詳しく取り上げました。9月議会の一般質問でもとり上げていますが、委員会審議では担当課長なども答弁に立つので、より詳しく、具体的な質疑をすることができます。ただ今日の質疑では納得のいかない部分もあったので、それらは来週、11月4日の総括質疑でも改めてとり上げたいと思います。

 他にも農業振興の課題や河川改修事業などもとり上げました。これらの課題では、京都府がきちんと役割りを果たしていないのではないかということも指摘しました。特に河川改修では、市の責任ではないところで事業が遅れているために、市に対して京都府に厳しく抗議すべきではないか、ということも述べました。これらについては改めてその内容をここでも紹介したいと思います。

 またこの間、何度かとり上げてきたJR大住駅へのエレベーター設置についてとり上げました。この課題は以前から議会でとり上げてきたもので、古くは2011年9月議会の一般質問でとり上げ、15年3月議会の一般質問でもとり上げました。そして15年4月の市長選挙後の市長の施政方針で大住駅へのエレベーター設置について取り組むことが明記されたことを踏まえて15年9月議会の一般質問でもとり上げています。(15年9月議会の一般質問については「施政方針を踏まえ、大住駅エレベーター設置へ本格的な取り組みを」をご覧ください)

 それから一年たって市としての取り組み状況を質問したところ、担当課長からJR側と実質的な協議を重ね、2018年度にエレベーター設置のための設計業務を行う見通しであることを表明しました。設計だけでもまだかなり先で、実際に実現するのはそこからさらに2、3年くらいかかるのではないか、という答弁でまだ4年も先の話ですが、具体的なスケジュールについてようやく言及され、大住駅にエレベーターを設置するために動き出したことは大きな前進だと思います。
 私は質疑の最後に「もっと早く実現するように、くれぐれも急いでほしい。」と強く要望しておきましたが、長いことかかってようやく具体化のめどが見えてきてほっとしました。(下の写真は15年3月議会の一般質問で使用した大住駅のものです)
15年3月議会F大住駅ホーム0001.jpg
posted by こうじろう at 18:27| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする