2017年03月08日

荒川区の子どもの貧困対策 日本共産党議員団視察研修報告3

DSCN33370001.jpg

 1月20日は東京都荒川区で「子どもの貧困対策」をテーマに視察研修しました。荒川区では議会の視察研修としては珍しいと思いますが、副区長の方が最初に歓迎のあいさつを述べられ、その中で同区での子どもの貧困対策の背景などを簡単に説明されました。

 荒川区では2004年に当選し現在4期目となる現区長が「区政は区民を幸せにするシステムである」ということを「ドメイン(区政の存在意義という感じですかね)」として掲げられたそうです。そしてそのための区政のあり方を検討するために、区から少しはなれて検討しようと、一種の外郭団体として「荒川区自治総合研究所」を設立されたそうです。

 また区民の幸福度を考えた際に、幸福とは何かは色々な議論があるが、まず不幸をなくしていこう、とりわけ未来を担う子ども達が不幸ではいけない、そのための区政を進めようということから出発しています。
 そして先の「自治総合研究所」でまず子どもたちの現状について、具体的現実的に研究していこうと、区政で子どもたちにかかわる色んな現場の職員、保育士、母子支援センター職員、学校の先生、保健師など、数十人が参加して、専門家、研究者も交えて42の具体的な事例を研究し、それを踏まえて総合的に取り組んでいることを紹介されました。

 担当者の方からはより具体的な説明があり、自治総合研究所の報告書などを受けて「荒川区子どもの貧困・社会排除問題対策本部」を設置されたそうです。この本部は、狭い意味で子どもに直接かかわる部局だけでつくるのではなく、荒川区の全部長がその一員だそうで、まさに区をあげて総合的に対策を進めるものとして発足されています。

 個々の施策で見れば他の自治体で取り組まれているものもありますが、荒川区でお話をうかがっていると、区としての子どもの貧困対策の土台がかなりしっかりしている感じがしました。

 私はこの点では、最初の取り組みで抽象的な子どもの状況という議論にせず、現場で様々な苦労をしながら子どものために奮闘する職員から直接、具体的でリアルな子どもの状況を出してもらい、その現実に正面から向き合って解決すべき課題や方向を策定した経過が大事なように思いました。その上に立って行政全体の、総合的な取り組みとして進められているのではないかと思いました。
posted by こうじろう at 16:38| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

今後の課題も明確に〜一般質問を実施

DSCN36770001.jpg

 今日は3月議一般質問の三日目で、私は今日の一番手で質問に立ちました。通告にしたがって京田辺市の水道事業経営における「府営水」の評価などについて、原発事故対策に関わる課題、住民税の特別徴収税額通知書に従業員のマイナンバーを記載しないよう要求、交通安全対策、の4つの柱で質問しました。

 個々の詳しい内容はここでも改めて紹介したいと思います。全体を通じての感想は、今日の質問を通じて今後、取り組んでいくべき課題がより鮮明になったということだと思います。

 後で自分のメモを読み返していたら、「ここはこの点を指摘して追及すべきだった」と思うところもあります。質問の最中は市当局と一問一答で議論していて、その最中に気がつかない事もあるので仕方ないかもしれませんが、そういうことも含めて今後の課題として生かしていきたいと思います。

 またマイナンバー制度に関わっては今日の私の質問でも地方自治体に多大な負担をかけることが具体的に明らかになりました。私が質問したのは、総務省が地方自治体に対して、会社や事業所などに特別徴収する住民税額を通知する「税額通知書」に一人一人のマイナンバーを記載するよう求めていることについてです。(毎月、給料から天引きされる住民税を会社などに知らせる通知です)

 毎年5月頃に地方自治体から、各会社などへ発送されます。これまでは普通郵便で送っており、総務省は従業員のマイナンバーが記載されていても普通郵便で発送して構わないとしています。

 ところがマイナンバー制度が導入された際に、京田辺市が策定したマイナンバーに関連する事務の取扱い規程では、厳格な個人情報保護の立場からマイナンバーを記載した公文書は普通郵便ではなく簡易書留で送付することになっています。

 私はそもそもマイナンバーは記載すべきではないと求めましたが、市は記載する方針でその上で送付方法について検討すると答弁しました。再質問で簡易書留の場合の費用を聞いたところ、普通郵便と比べて約370万円も余計に費用がかかるそうです。まったく無駄なマイナンバー制度だと改めて感じました。

 他にも同僚の増富議員が、今朝の地元紙でも報道された保育所の待機児の問題についてとり上げました。京田辺市では、年度途中の申し込みは保育所に入れない事態が続いていますが、年度当初、4/1からの保育所入所は待機児を出さないように申込者全員を受け入れてきました。

 この間、市民の要望を受けて保育所拡充など一定進めてきた成果でもありますが、それが今年4/1は、100名以上の待機児が出る見通しとなりました。今日の増富議員の質問では、2月末時点で170人以上が待機児扱いになりますが、今後、希望する保育所以外でも入りたいという方もいるので、その最終調整を行うとの事ですが、それでも100名を越える待機児は生じるとの事です。

 その最大の原因は保育士が不足していることです。施設的にも定員は超えますが、俗に「いっぱいいっぱい」までは余裕があっても、子どもを見る保育士がいなくては預かることができないので待機児が出ます。この問題には保育士の労働条件の改善や、市職員のあり方も含めて大きな課題もあります。

 今日の一般質問で改めて、これからしっかりと取り組む必要がある課題が鮮明になったというのが感想です。
 明日からは、3月議会に提出された予算案以外の条例改正案などの議案審議のための各常任委員会が開かれ、来週には新年度予算案を審議する予算特別委員会が始まります。これらを通じて、代表質問、一般質問で明確になった課題をはじめ、暮らしを守る市政の前進をめざして日本共産党議員団としてしっかりがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 21:38| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

一般質問二日目〜住民票コンビニ発行コストは1通3300円!

 今日は3月議会一般質問二日目で4人の議員が質問に立ちました。日本共産党議員団からの質問はありませんでしたが、市当局の答弁も含めて、聞いていて参考になったり、「ほぉ」と思うことや「あれっ」と思うことも幾つかあります。

 特に驚いたのはマイナンバーカードの活用に関わって、住民票のコンビニ交付などを求めた議員に対して、市当局がコスト面での課題を示した、その内容です。
 現在、全国で住民票などのコンビニ交付を実施している地方自治体はおよそ360あるそうですが、そのコストは、初期投資が1800〜1900万円、ランニングコストが800〜900万円と結構な額がかかる上に、1通発行するたびにコンビニに支払う手数料が123円になるそうで、実施自治体の発行数と経費などから試算すると、1通あたりのコストが3300円くらいになるとの事でした。

 このことを示して、市役所では1通300円の手数料で発行しているものにそれだけのコストをかけることの是非もある、と市当局は答弁していましたが、その通りだと思いました。

 質問された方はマイナンバー制度に関わる国の補助金なども活用をと述べられていましたが、国の補助金の原資は国民が支払う税金です。マイナンバー制度自体、導入時から巨額のコストに見合う効果がないと批判されていましたが、それを地でいく様な話だと思いました。

 他にも障害者福祉に関連して、障害者介護サービスの利用について過剰になっているのではないかと述べた方もいました。ただその中で、まず家族が介護することが基本であるかのような部分もあり、首をかしげるところもありました。

 市長の施政方針でも打ち出している田辺中央北側(現在のアルプラザ京田辺や府総合庁舎の少し北にある農地一帯です)での新市街地整備と、そこでの複合型公共施設整備に関する質問もありました。
 市当局は、複合型公共施設の内容について、行政サービス提供と文化振興に関わるものを基本に現在、検討を進めていると述べるとともに、事業手法では長期間、包括的な民間委託となるPFI方式をはじめとしたPPPの手法も視野に入れて検討するという答弁でした。

 PFI方式は課題や問題点の多いやり方ですが、国が積極的に進めようとする方式で、PFI方式にしないと国の補助金が極端な場合はこない事もあるようです。住民のために同じ様なものをつくっても、国の言うとおりにしないところには補助金を出さないようなやり方はおかしいですし、その辺の課題も含めて今後、注意していきたいと思います。
DSCN36080002.jpg
posted by こうじろう at 18:28| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

日本共産党山城地区第39回地区党会議に参加

 今日は午後から日本共産党山城地区委員会の、今後の活動方針や地区役員体制などを決める地区党会議がありました。山城地区委員会は、京都府南部、京田辺市、八幡市、木津川市、綴喜郡、相楽郡の地域で活動しています。今日の会議でもこれら9自治体の地域から、日本共産党の議員や支部の代表などが参加しています。

 党会議では、1月に開かれた日本共産党第27回大会の決定を踏まえ、参加した党員らによる発言もあります。今日は私も、京田辺市議団の15年4月の選挙以降の取り組み、市議会で日本共産党が呼びかけた意見書が多く可決されるなどの変化や、京田辺市政の課題と議員団の取り組み、また様々な市民や団体との共同を進める取り組みなどについて発言しました。

 発言時間は一人8分以内と決められており、簡単なメモを作って発言に臨みました。思ったよりも時間が足りない感じもしましたが、8分で発言しようと努力していると、意外とコンパクトにまとめることができ、後で振り返ってみると我ながら要点を端的に紹介した発言になり、自分の中でも、現在の取り組みの到達点とこれからの課題、方向性がすっきりまとまったような気がしました。

 党会議では、この一年間の活動方針をまとめた「総合計画」を参加者全員で確認しました。そしてその活動の先頭にたつ地区委員長をはじめとした役員の選出も行い、私も前期に引き続いて地区委員の一人に選出されました。

 山城地区は9自治体を担当しているので、毎年のように地区内の自治体で選挙があります。今年も5月には精華町議選があり、また町長選挙がある自治体もあります。来年春には、京都府知事選挙もありますが、それと同時にお隣の井手町では町議選もあります。それまでには、解散・総選挙も予想されるだけに、これからの一年間、日本共産党がしっかり前進できるようにがんばります。
posted by こうじろう at 18:04| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

暖かく、春を感じる日に。

 今日の午前中は、日本共産党後援会ニュースを一軒一軒、声をかけて届けて回りました。日が差して暖かくて、梅が満開に咲いているお宅もあってようやく春がすぐそこまで来たなあと感じました。2月は後半になっても冷え込みの厳しいが多かったせいか、ようやく春めいてきたなあと思います。

 2時間以上、歩いて回りましたが、最初は上着のボタンをすべて留めて手袋もしていましたが、1時間も歩いていると手袋を外してボタンも外して、心地よく歩いて回れましたね。

 午後からは市役所の議員団控室で、7日の一般質問の準備をしていました。外は暖かかったですが建物の中は少しヒンヤリとした感じでした。休日の市役所は静かで集中できそうなものですが、いつものように取り掛かるまでにだらだらしたりするので、時間がかかります。

 3月議会は一般質問通告の締め切りが他の議会よりも早く、間に代表質問などもあるので通告から質問まで2週間以上空いています。その分、ゆったりと準備できそうなものですが、色々資料を集めたり、2月後半から何やかやと用事が入って忙しくて、なかなかまとまった時間がとれず、今日のところでようやく午後いっぱいを質問準備にあてる事ができました。けして間近に迫らないとやる気がおきないから遅れていたわけではありません。

 この間、集めた材料を読み込んだりしながら、質問全体の組立を頭の中で練っているのですが、いざそれを形にしようとすると、ある程度まとまった時間が必要で、今日のところで何とか、最後まで形にすることができました。質問は7日で、もう少し時間もあるので、この後も何度か読み直したりしながら、少しでも良い質問になるよう努力したいと思います。

 下の写真は議員団控室から撮ったものです。市役所の5階にあり北向きですが、ひらけていて見晴らしがよいでの今日のような天気のいい日は青空も見えて気持ちがいいですね。
DSCN36600001.jpg
posted by こうじろう at 18:33| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする