2017年03月31日

府営水負担軽減の重要性 17年3月議会一般質問から1

 3月議会の一般質問では昨年9月議会に続いて、京田辺市の水道事業経営についてとり上げました。昨年9月議会のときは2014年度までの資料で議論しましたが、実は2015年度から市水道事業をめぐる環境に大きな変化がありました。それは京田辺市が京都府から購入している「府営水」料金の引き下げです。

 この問題は昨年10月の決算特別委員会でも少しとり上げました。(その内容は1月17日の記事「水道事業会計健全化へ、府営水負担軽減を 16年決算審議から10」をご覧ください)昨年9月議会の一般質問では市の水道事業全体をとり上げましたが、今回は主に「府営水」の問題に絞って議論しています。

 まず「府営水」料金引き下げの影響ですが、これは水1tをつくるための給水原価を引き下げ前の14年度と比較すると明瞭になります。
2番3月画像原価構成比較.JPG

 ご覧のように府営水料金はここでは「受水費」となりますが、57円から48円に9円下がり、原価全体の引き下げ分の大半を占めています。なお、ここで大事なことは受水費は大きく下がっていますが、他の構成部分はほとんど変わっていないという点です。

 このことを指摘して、その評価を改めて問うたのに対し市当局は「本市の受水費の軽減に寄与した」と認めています。ただ一定の寄与があっても水道事業全体は依然として単年度の収支では2億5千万円近い赤字で厳しい経営だとも述べました。

 水道事業全体の問題はありますが、少なくとも「府営水」購入に関わる費用を抑えていく事は市の水道事業経営にとって積極的な意義があることは間違いありません。

に続く)
posted by こうじろう at 16:28| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする