2017年08月04日

住民に良くなる国保広域化を〜国保キャラバン。ツバメのヒナが3羽に。

DSCN48170002.jpg

 今日は午後から、京都社会保障推進協議会による「2017年国保自治体キャランバン」の京田辺市への申し入れと懇談に参加しました。「国保キャラバン」は毎年、住民にとってより良い国保制度を目指して、府内の全市町村に国保事業の状況や、各自治体の取り組みなどを聞きながら、懇談しているものです。

 今年は7月下旬から取り組まれており、今日は京都社保協の事務局の方たちや、京田辺市からも年金者組合、生活と健康を守る会、民商の方々など10名が参加して、京田辺市の国保担当部局と懇談しました。

 6月末に京都社保協から各市町村に「国民健康保険の改善に向けた申し入れ」として「1、市町村国民健康保険都道府県化にあたって」「2、国民健康保険の改善について」計8項目の申し入れをしており、最初にそれらについて担当部長から丁寧な回答をいただきました。

 懇談では参加した方からは、窓口で支払う医療費の減免制度の適用が年間で2件にとどまっていることについて改善を求める発言があり、市当局から「制度の周知に取り組みたい」と回答がありました。他にも国保税滞納者に生活の苦労に寄り添った丁寧な対応を求める発言などもありました。

 また国保制度のあり方にかかわって、「京田辺市も国保への国庫負担金を1983年以前の水準に戻す事が不可欠だと強調しているが、このことをもっともっと国へ強く言って欲しい。」と発言があり、市当局から「市長も市長会を通じて求めている。」と回答がありましたが、参加者からは「それだけでは不十分ではないか。市の強い姿勢が見えない。」という厳しい指摘もありました。

 他にも「来年4月から国保制度の都道府県化が始まる。それで国保が良くなったと住民が感じられるように、国保税の負担軽減など取り組んで欲しい。」という発言がありました。私も参加させてもらいましたが、この点は非常に大事な点だなと思います。

 国や京都府は「持続可能な制度にする」といいますが、それが住民にとってどういうものなのか、国保税の負担を抑え安心できる医療を提供できる国保になってこそ、制度改善といえるのであり、今回の都道府県化もそうすべきだと改めて思いました。
DSCN48110001.jpg

 今朝は定例の松井山手駅での早朝宣伝でした。ツバメの巣では火曜日朝には4羽いた雛が3羽になっていました。巣から身を乗り出すようにしてひときわ大きく見えた雛がいなくなったようで、もしかしたら早くも巣立ったのかも知れないですね。
 残った3羽も順調に大きくなっています。宣伝の合間に眺めていると、左端から右端へと雛が移動していく様が見えたりして、なかなか面白いです。
posted by こうじろう at 17:59| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする