2017年08月08日

京田辺市平和展を見学〜核禁止条約に触れた長崎市長メッセージ

DSCN48960002.jpg

 京田辺市では8月6日から11日まで、「2017年度京田辺市平和展」を市役所前のコミュニティホールで開催しています。時間は午前10時から午後4時までです。昨日は台風接近のため中止になっていましたが、私も今日の午前中に見てきました。
DSCN48980003.jpg

 今年は「沖縄戦」のパネル展示や、7月下旬の市内小中学生ひろしま訪問事業の展示、平和書道展などがされています。京田辺市も加盟している「平和首長会議」のコーナーもありました。

 また毎年8月に開かれている京田辺市の平和のつどい、今年は8月11日(金)午前9時半〜11時半に京田辺市中央公民館で開催されますが、そこに寄せられた沖縄県知事、広島市長、長崎市長からのメッセージもそれぞれ掲示されています。
DSCN48880001.jpg

 長崎市の田上富久市長から寄せられたメッセージには、7月に実現した核兵器禁止条約に触れて、
「今年7月7日、被爆者や志を同じくする人々の長年の願いが実を結び、国連本部で、核兵器を違法とする『核兵器禁止条約』が誕生しました。これは核兵器廃絶に向けた歴史に新たな1ページが記された瞬間でした。
 しかし、核兵器を持つ国や核の傘の下にいる国々はこの条約に反対しており、即刻核兵器が廃絶されるわけではありません。
 ようやく生まれたこの条約を活かし、『核兵器のない世界』の実現に向けて前進していくためには、私たち一人ひとりができることは何かを考え、一歩を踏み出す事が重要です。」とありました。
 核兵器禁止に向けた新しい動きが始まっていることを感じさせ、力づけられます。

 ぜひ多くの方に平和展をご覧いただき、8月11日の京田辺市の平和のつどいにもご参加いただけたらと思います。(京田辺市平和のつどいの案内は市HPのコチラにあります)

 平和展を見学した後に、市の安心まちづくり室に昨日の台風5号による被害の有無を確認しました。幸いな事に京田辺市では人的被害や道路等も含めて特に被害はなかったようです。
posted by こうじろう at 16:33| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする