2019年02月23日

3/2に日本共産党演説会を開催します

3・2演説会ビラ.jpg

 日本共産党は3月2日(土)、午後5時半から京田辺市商工会館4階キララホールで、演説会を開催します。

 この演説会では、4月の統一地方選、前半の京都府会議員選挙の京田辺市・綴喜郡区(定数2)で日本共産党の初議席獲得をめざして奮闘しているしおがい建夫元京田辺市議をはじめ、後半の京田辺市議選(定数20)に挑む私をはじめとした5人の現職議員、7月の参院選京都選挙区(定数2)で現職議席の確保をめざす倉林明子参院議員が、勢ぞろいしてそれぞれ決意と公約を訴えます。

 またここには、日本共産党国会対策委員長のこくた恵二衆院議員も駆けつけて、最新の国会情勢について、少し時間をとってお話しする予定です。こくた恵二さんは国会対策委員長として、国会での野党共闘のキーマンの一人でもあります。3/2の演説会では、市民と野党の共闘の進行状況についてもお話を聞けるのではないかと期待しています。

 この演説会は入場無料で、どなたでも参加していただけます。ぜひ一度、ご参加いただき、日本共産党の国会議員や予定候補の演説を生でお聞きください。
posted by こうじろう at 20:04| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

国保税引上げを抑え国保を守るために国を動かす運動を〜総務常任委員協議会4

 今日の記事は2月12日の記事「国保税引上げは1.2倍ですむのか〜総務常任委員協議会3」の続きです。

 2月7日の総務常任委員協議会の後に、担当部局へ今回の、4年間で対18年度比で120%へ引き上げる計画にもとづく、国保税条例の改定議案の扱いについて聞きました。
 市当局の計画では、19年度は18年度比で5%アップと、それ以降20〜22年度に各18年度比5%アップしていくとなっています。

 京田辺市では国保税の税額と税率は国保税条例で規定されており、その引上げには条例改正が必要で、市議会に国保税条例改正議案を提出して議決をへなければなりません。

 税改正の条例改正には、国の制度変更によるものも多く、その中には年度をまたいで段階的に変更するものも少なくありません。それらの条例改正議案は年度ごとに議会に提出するのではなく、「○○年度に○○の税額に、○○年度には○○の税額に、変更する」というような内容にして、一度に条例改正をすますこともあります。

 それで今回の国保税引上げについて、今後4年間の引上げを一括して確定する条例改正議案とするのかどうかを確認しました。担当部局からは「今のところ、19年度に限っての引上げの条例改正案で提出を予定している。」と回答がありました。19年度は18年度比で5%アップの国保税引上げ条例改正案とし、20年度の国保税については来年の3月議会などに再度、20年度の国保税を引き上げる(18年度比で10%アップとする)条例改正案を出すということのようです。

 その理由について聞いたところ、「国保運営協議会の答申で言われていることもあるので。」ということでした。
 国保運営協議会の答申では、今回の国保税引上げについて「被保険者への大きな負担増に配慮し、(税収確保などできた場合など)…計画年度途中でも引上げ税率を見直しするなど、被保険者に寄り添った柔軟な判断をしていただきたい。」と述べています。
 それを受けて、今の時点で4年先の国保税引上げまで確定するのではなく、毎年の医療費や国保制度をとりまく状況の変化などがあればそれに対応し、少しでも住民の国保税負担の上昇を抑えようという努力のあらわれと言えると思います。

 この点では、今年の統一地方選や夏の参院選で、国民に重い負担を押しつける安倍内閣、自民党、公明党の政治を終わらせる審判を下し、政治を変えることが国保税引上げを抑える上でも非常に大事になっています。そのために全力でがんばります。

(終わりです)
posted by こうじろう at 17:10| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

3月議会が開会〜予算審議の準備も開始

DSCN89440001.jpg

 今日から3月定例議会が始まりました。京田辺市議会では慣例で、任期中の最後の定例議会の開会日に、その時点の在職議員と市長、副市長の集合写真を撮っています。今日も開会時刻の30分前、午後1時に市役所庁舎の前で、撮影しました。この集合写真は歴代の写真とともに副議長室に飾られています。今のところはまだ余裕がありますが、年月を経ると4年で一回の撮影とはいえ数が多くなってくるので、どういう形で展示、保存などをするのか、考える必要があります。

 初日の今日は、市長から提出された条例改正案や19年度の予算案などの概要について提案説明がありました。予算案は補正予算や特別会計予算などもあり、数がけっこう多いので、概要だけの提案説明でもけっこう長くなります。

 その提案説明を受けて7名の議員からなる予算特別委員会が設置されました。日本共産党からは、私と増富理津子議員の2名が予算特別委員となりました。予算特別委員会の審議に向けた資料請求の締切は25日の夕方なので、それまでに各予算の内容にざっと目を通して必要な資料をピックアップしていきます。

 予算特別委員会では、委員それぞれの問題意識に応じて質疑ができますが、資料請求で概要をつかんでいれば、もう質疑はしなくてもいいかなと思うものもありますが、提出された資料を基に更に議論していく必要があるものもあります。それらを考えながら、予算書とにらめっこしながら検討していきます。

 予算書だけでなく日頃の活動で生まれた問題意識や、市政の重要課題だと思っていることなども予算特別委員会でとり上げていきたいので、資料請求の準備はけっこう大事ですし、それにともなって過去の予算案を調べたりするので勉強にもなります。
posted by こうじろう at 17:46| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

府議選に向けたビラが完成

19年2月府会全戸ビラ青木地域版表面.jpg
19年2月府会全戸ビラ青木地域版裏面.jpg

 統一地方選前半の京都府会議員選挙(3月29日告示、4月7日投票)で、京田辺市・綴喜郡区初の日本共産党の議席獲得をめざして奮闘しているしおがい建夫さんの政策ビラができました。

 表面は右半分でしおがいさんと写真と名前を大きく出し、左半分には後半の京田辺市議選(4月14日告示、4月21日投票)に挑む5人の議員団の写真と名前、井手町・宇治田原町の地域政策を、それぞれ差し替え版で発行しています。

 裏面ではしおがいさんの紹介と、府議選に向けた政策を掲載しています。しおがいさんは、小学校教員として20年勤めたほか、田辺町議も含めて6期24年間の豊富な経験や、京都木津川マラソンの開始当時から長年、実行委員会の事務局長をつとめられました。

 これから地域の日本共産党後援会のみなさんの協力もえて、全戸に配布していきます。選挙も近づいてきて様々な活動が本格的になってきて忙しくなりますが、私もがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 18:52| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

一般質問の順番確認と議会改革を少し議論

DSCN89430001.jpg

 今日の午前中に、3月議会に向けた2回目の議会運営委員会がありました。今日の主な議題は、13人の議員から提出された一般質問通告について、質問順番の確認です。その他の議題で、議会改革などにかかわるいくつかの議論がありました。

 ただ今任期は3月議会が終わればすぐに終了する事から、議会改革といっても今期で議論してきた内容の確認と、幾つかの検討課題を議長より来期の議会へ申し送りをしてもらう確認くらいです。

 議会は改選を迎えると議員の構成は程度の差はあれ、変わります。前期から今期にかけては新人議員が3人加わりましたが、17人の議員が前期から残っていたので、議会改革でどういう議論をしてきたのかは、共通認識になっています。

 ただ今回は新人が今の時点でも十数人、立候補すると言われており、4月の改選で議員の顔ぶれも大きく変わります。そうなると議会改革の議論も、「議会基本条例」が土台となると思いますが、何を課題とするのかで新たな顔ぶれでの議論になると思います。そのことも踏まえて、議長からの申し送り事項としていくつかを確認し、新しい議会での議論にゆだねることになります。
 4月の改選が間近に迫ってくる事をいろいろと感じる、この時期の議論ですね。
posted by こうじろう at 18:42| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする