2019年02月18日

2018年分確定申告がスタート

DSCN89410001.jpg

 今日から京田辺市役所前のコミュニティホールで2018年分の確定申告受付が始まりました。私も早速、「国税庁 確定申告書等作成コーナー」で作成しておいた申告書を提出しておきました。

 京田辺市では必要な書類などを持参すれば、職員らが確定申告書作成の相談に乗ってくれますが、混雑することも多いです。上記の「作成コーナー」で申告書を作り、印刷したものに判子を押して提出するだけにしておけば、窓口ですぐに受け取ってもらえるので、簡単に終わります。コミュニティホールでの受付は今日から3月15日(金)までの平日、9時〜16時までとなっています。

 確定申告をすると、自分が社会保険などで何をどれくらい負担しているのか、税金をどのくらい払っているのかが良くわかります。それに医療費控除をはじめとした各種の控除をうけるには申告しないといけません。会社勤めなど年末調整があるから確定申告は必要ないという方もいるかもしれませんが、一度、自身できちんと申告してみることをお勧めします。
posted by こうじろう at 16:38| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

青木こうじろうを励ます会を開催

DSCN89170001.jpg

 今日の午前、私の議会報告会を兼ねた「青木こうじろうを励ます会」を開いていただきました。朝から寒い日でしたが、30人以上の方に参加していただき、とてもうれしい集いとなりました。
DSCN89260002.jpg

 最初に私が初めて市議会に当選した選挙の時からお世話になっている後援会の代表の方から開会のあいさつをしていただき、塩貝建夫府会議員予定候補のあいさつ、谷口日本共産党山城地区委員長のあいさつに続いて、私から15分くらいで議会報告やこの間の日本共産党議員団の活動などについて紹介させてもらいました。
 その後に参加された方からの質問に答えました。ここでは単に質問だけでなく、今の市政にかかわる要求なども出され、今後の議会活動の参考にもなるものでした。

 議会報告の後には、地域の方など3名の方が私への推薦と期待の言葉を述べていただき、改めて身の引き締まる思いとがんばらなければと決意が語りました。それで最後にもう一度、自らが候補者となる市会議員選挙をはじめ、4月の統一地方選と夏の参院選に全力をあげて挑む決意を表明しました。

 最後に後援会事務局から今後の活動の協力や日本共産党への募金の協力も訴えさせてもらい、たくさんの募金も寄せられました。4月の統一地方選、前半の府会議員選挙は3月29日に告示ですから、もう一月半もありません。今日の「励ます会」でいただいた元気を力に、残る期間をしっかりがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 17:19| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

一般質問は3/4午前11時から

 今日の正午に3月議会の一般質問通告が締め切られました。今回は、日本共産党議員団の5人全員をはじめ13人の議員から通告が出されています。質問日、順番などは19日の議会運営委員会で正式に確認、決定しますが、13人なら初日に5人、2、3日目が各4人となると思います。

 私の順番は11番目なので、3日目となる3月4日(月)の2番目、前の質問者の時間によっては少し早くなるかもしれませんが、だいたい午前11時からとなる予定です。今回の質問では大きく4つのテーマをとり上げますが、その内の3つは他の自治体などで実施されている施策を紹介しながら、京田辺市での実施を提案するもので、残る一つは地元要求にかかわるものです。

 これまでにも様々な形で提案に類する質問をおこなってきましたが、今回はかなり他自治体の例を参考に具体的な施策を提案します。あまり経験のないスタイルですが、その分、よく勉強して臨みたいと思います。

 なお今回、日本共産党5人の議員の質問日は、初日がゼロとなり、2日目(2/28)に横山栄二議員、岡本亮一議員の2人、3日目に私、増富理津子議員、西畑議員となりました。くじ引きで決まるのでこういうこともありますが、ちょっと珍しいですね。最後に今回の私の一般質問通告の内容を紹介しておきます。

 2019年3月議会 青木こうじろうの一般質問通告

(1)防災情報の周知について

 各種の災害発生時の防災情報の住民周知について、「ポケベル波」を利用した「防災ラジオ」を導入し、希望する各家庭に貸与する自治体の取り組みが進んでいる。本市でもこの「防災ラジオ」の導入を検討すべきと考えるが、市の見解を明らかにされたい。

(2)小学生の受動喫煙防止策について

 埼玉県熊谷市では、希望する小学4年生の児童を対象に「受動喫煙検診」を実施し、受動喫煙の影響を可視化することで成果をあげている。本市でも実施すべきと考えるが、市の見解を明らかにされたい。

(3)手話言語条例の制定について

 京都府議会で「言語としての手話の普及を進めるとともに聞こえに障害のある人とない人とが支え合う社会づくり条例」(手話言語条例)が制定されて一年が経つ。

@同府条例では、手話の普及などの分野で京都府が市町村と連携して取り組むことが示されているが、同条例にもとづく本市での取り組みについて明らかにされたい。

A本市でも手話言語条例を制定すべきと考えるが市の見解を問う。

(4)JR大住駅へのエレベーター設置について

 JR大住駅へのエレベーター設置について、現在の進捗状況と設置時期の見通しについて、明らかにされたい。
posted by こうじろう at 21:32| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

3月議会の議案、日程を確認

DSCN89000001.jpg

 今日の午後、議会運営委員会が開かれ2月21日から始まる京田辺市3月定例議会の日程と、市当局から提出される諸議案が確認されました。3月議会では通常は市長による施政方針演説とそれに対する各会派の代表質問がありますが、4月に市長選(市議選と同時日程)があるため、統一地方選の年は、3月議会では施政方針演説と代表質問は行わず、選挙後の6月議会で行われます。そのため去年よりは一週間くらい遅めに始まります。

 それでも今日で2月も折り返しでいよいよ3月議会の取り組みが始まります。市当局からは、条例改正案などでは9つの議案が提案されています。国の制度変更などにともなうものもありますが、19年度の国保税を引き上げるための条例改正案もあり、しっかりと審議しなければなりません。

 また19年度の京田辺市一般会計予算案なども提案されました。市長選のある年の当初予算案はいわゆる「骨格予算」として、経常的な予算や継続している事業のための予算が中心で、新規事業の予算などは選挙後の新しい市長が編成するのが通例となっています。

 今回の19年度当初予算案も「骨格予算」案となっています。ただ、4月の統一地方選、夏の参院選などの選挙経費や、秋に予定されている「幼保無償化」への対応などが盛り込まれているため、金額ベースでは前年度当初予算を少し上回るものとなっています。

 「骨格予算」ではありますが、議会ではきちんと予算特別委員会を設置して審議をします。今回、日本共産党議員団からは私と増富理津子議員が予算特別委員となる予定です。4月の選挙に向けた取り組みや諸準備などで慌しい時期ですが、予算特別委員として、市民の声を届け、しっかりチェックもして、要求実現にがんばります。
 なお今日確認された3月議会の日程は以下の通りです。

3月議会日程

2月21日(木) 開会本会議 午後1時半〜
  28日(木) 本会議一般質問 午前10時〜
3月 1日(金) 本会議一般質問 午前10時〜
   4日(月) 本会議一般質問 午前10時〜
   6日(水) 文教福祉常任委員会 午前10時〜
   7日(木) 建設経済常任委員会 午前10時〜
   8日(金) 総務常任委員会 午前10時〜
  11日(月) 予算特別委員会 午前10時〜
  12日(火) 予算特別委員会 午前10時〜
  13日(水) 予算特別委員会 午前10時〜
  18日(月) 予算特別委員会 午後1時半〜
  20日(水) 議会運営委員会 午後1時半〜
  25日(月) 議会運営委員会 午後1時半〜
  27日(水) 閉会本会議 午後1時半〜
posted by こうじろう at 18:33| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

府会選挙に塩貝元市議を擁立

DSCN88900001.jpg

 今日、日本共産党山城地区委員会は4月7日投票(3月29日告示)で行われる京都府会議員選挙の京田辺市・綴喜郡区(定数2)の日本共産党の候補者として、塩貝建夫元京田辺市議を擁立することを発表しました。上の写真は、京田辺市記者クラブで候補者発表の記者会見の時のもので、左にいるのは山城地区委員長の谷口さんで、右が塩貝さんです。

 4年前の府会議員選挙では、水野恭子さんが京田辺市議から府会選挙へと転進して、75票差まで迫ったものの惜しくも届きませんでした。塩貝さんは4年前に京田辺市議を勇退され、西畑利彦議員が後継として立候補して市議会議席を受け継ぎました。

 今回の府議選京田辺綴喜郡区では、自民党の現職府議が2月11日に京田辺市長選への立候補を表明する記者会見を行いました。自民党の後継候補は今の時点では未発表ですが、記者会見でも新人候補を擁立していくことが述べられています。
 またもう一人の現職府議は国民民主党から2期目へ立候補することが明らかにされています。

 4年前の府議選では、定数2を日本共産党の水野元市議と、自民党の現職、当時の民主党新人、日本維新の会新人、の4人で争いました。今回の府議選は定数2を、日本共産党のしおがい元市議と、国民民主党の現職、自民党の新人で争うことになりそうです。

 今日の記者会見では、谷口山城地区委員長は、安倍内閣の暴走政治が進む一方で、それを許さない市民と野党の共闘も発展する中で、定数2の京田辺市・綴喜郡区で自民党に打ち勝って日本共産党の議席獲得をめざす立場を表明しました。住民のための京都府政を目指すとともに、大本にある国の自民党、公明党の悪政を変えるために、日本共産党は4月の統一地方選、夏の参議院選で全力でがんばります。

 しおがい元市議の略歴などは、日本共産党京田辺市議団のフェイスブック「京都府議選京田辺市・綴喜郡区に塩貝元市議を擁立」に、元気いっぱいの塩貝さんの写真と一緒に掲載しています。
posted by こうじろう at 17:28| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする