2019年02月24日

消費税10%増税中止へ、国民の審判を

 昨日、今日と消費税10%への増税中止を求める署名のお願いで訪問活動に取り組んでいます。以前にも消費税増税反対の署名に取り組みましたが、今回はその時よりもかなり多くの人たちが協力してくれます。昨年12月くらいから本格的に取り組んでいますが、100人以上の方から署名が寄せられています。

 昨日、今日でも「景気がいいなんて全然、実感がない」という方や、「今の8%でも大変なので10%は困ります」という声とともに多くの人が署名してくれました。中には「安倍はあまりにもひどい。それに自民党はもう腐っている、国民を見下していると思う。」と自民党政治への強い怒りの声も出されています。

 昨年来の森友・加計疑惑をあいまいにしたまま、今また統計不正疑惑など次々と噴出する中で当然の国民の怒りだと思います。お話を聞きながら、「今年は4月の統一地方選、夏の参院選と二つの大きな選挙が続きます。この二つの選挙で、アベ政治、自民党・公明党の政治を終わらせる国民のきっぱりとした審判を下せば消費税増税は中止できます。そのためにもぜひ、日本共産党に力を貸してください」と訴えています。

 対話の中で「がんばって」と励まされたり、新たに日本共産党後援会ニュースを読んでいただける方も生まれて元気も出ます。昨日は北風がぴゅ-ぴゅ-吹いて寒い日でしたが、今日はうって変わって暖かな日となりました。季節でも政治でも春が近づいてくるのを感じさせる日々ですね。
posted by こうじろう at 17:14| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする