2019年06月30日

#KuTooは新しい女性労働運動

DSCN98340001.jpg

 日本共産党京田辺市議団では、資料として全国の農業委員会ネットワークが発行する「全国農業新聞」を購読しています。週1回発行で、農業に関連する様々な話題や情報が掲載され、参考にさせてもらっています。

 その6月21日付のコラムに「靴をめぐる新しい女性労働運動」という一文が掲載されました。筆者はジャーナリストで和光大学名誉教授の竹信三恵子さんという方です。以前にもここでこの方のコラムを紹介したことがありますが、今回の内容は、インターネット、SNSで広がっている「#KuToo」にふれたものです。

 「#KuToo」は、会社などで働く女性がヒールやパンプスなどの靴を履くことを強制されている現実に対して、それを辞めさせようという呼びかけです。筆者は新聞記者時代に靴に悩まされたことにも触れながら、働く女性にとって靴をどうするかは大事な問題である事も紹介しています。

 そしてその結びで「労働運動とは本来、身近な障害を取りのぞいて働く人たちを元気にするためのもの」と述べて、「#KuToo」運動は「新しい女性労働運動の芽生えかも」と結ばれています。

 読んでいて「なるほどなあ。大事な視点だなあ」と感心しました。誰もが安心して働ける社会にしていく、それを働く人たちが自ら求めて様々な運動を進めていく姿は、労働運動の新しいスタイルと言っていいものですね。
posted by こうじろう at 17:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

倉林参院議員の街頭演説。日本共産党ポスター張替え。

DSCN99260001.jpg

 今日の午前中、新田辺駅西口で倉林明子参院議員を迎えた街頭演説を行いました。急な取り組みでしたが、60人近いみなさんが駆けつけてくださり、いよいよ参院選だと盛り上がったものとなりました。

 倉林さんは26日に通常国会が終わるまでは、国会での奮闘のために東京と京都を行ったり来たりと大変でした。国会が終わってようやく京都府での活動に専念できそうですが、今日とも南北に広くて全域を回るのは大変です。今日も分刻みのスケジュールで、予定していた時刻ぴったりに駆けつけ、演説して参加したみなさんと握手をして回ると、そのまま電車に飛び乗って次の場所へと向かいました。

 参院選も7月4日の告示日から21日の投票日まで2週間足らずです。限られた期間の中では京田辺市で倉林さん本人が訴える機会も限られます。その分、私たちがしっかり訴えなければなりません。

 街頭宣伝の後は、後援会の方と一緒に倉林さんのポスターを日本共産党のポスターへと張り替えて回りました。告示日以降は倉林さんのポスターは掲示できないので、張り替えます。告示日まではもうちょっと日数がありますが、来週は市議会の常任委員会もあるし、選挙本番に向けた諸準備もあってバタバタするので、思い切って張り替えました。

 張り替えた日本共産党のポスターは、「くらしに希望を。」と大きく訴えるポスターと、「いまこそジェンダー平等社会を」を訴えるポスターです。いずれもカラフルでよく目立つと思いますよ。
DSCN99430002.jpg
posted by こうじろう at 18:55| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

「市民の会」が北陸新幹線延伸問題学習会を開催

DSCN99110001.jpg

 今日の夜、新しい京田辺市をつくる市民の会が呼びかけた「北陸新幹線延伸問題学習会」が開かれました。新しい京田辺市をつくる市民の会では、4月の市長選挙では自主投票とする声明を発表しましたが、選挙戦の中では市民の会に参加する団体等で議論して、北陸新幹線京都南伸計画と松井山手への新駅設置に反対の呼びかけと、中学校給食を早期に自校調理法式で実施する事を求める要求政策ビラを発行し、市民に訴えてきました。

 市長選も終わり、6月議会での上村新市長の施政方針などを「市民の会」でも議論し、これからも「市民の会」として、選挙戦の中で訴えてきた要求実現に取り組む事を確認し、参加する各団体の運動を強めるとともに、「市民の会」として特に重視してきた北陸新幹線問題と、中学校給食の課題については、学習会などを開催することを決めて、開いたものです。今日の学習会に続いて、9月には中学校給食をテーマにした学習会も開催する予定です。

 今日の学習会にはあまり事前の宣伝などはできませんでしたが、それでも20人を超える参加者がありました。最初に「市民の会」代表委員の一人、中村誠一さんがあいさつし学習会開催を決めた議論の中身など紹介されまいた。

 続いて基調提案として、府職労相楽支部・交通権学会会員の橋本博さんが「松井山手に新幹線はいらない〜北陸新幹線延伸問題を考える〜」と題して40分弱の報告をされました。橋本さんは松井山手地域にお住まいの方でもあり、北陸新幹線小浜松井山手ルートの問題点を、「湖西ルート」「米原ルート」との比較の中でわかりやすく報告されました。

 基調報告とそれへの質疑応答に続いて、4月の京都府議選京田辺市・綴喜郡区の日本共産党の候補者として奮闘した塩貝建夫さんが、選挙で訴えてきた北陸新幹線の問題点、特に新たに新駅が設置された富山県高岡市で深刻な財政危機に直面していることを、最新の状況なども踏まえて発言しました。

 そしてもう一人、西畑利彦前京田辺市議も発言しました。西畑さんは6月に鉄道運輸機構が発表した環境アセスメント手続きの第一段階とも言える「配慮書」に一住民として意見を提出しており、その意見の内容などを踏まえて発言しました。

 学習会では、「そもそも何故、小浜松井山手というルートが決まったのか?」「住民に事前に説明も相談もないままに、駅をつくるなど多額の費用負担もあるのに、そんなことが許されるのか?」など素朴な疑問や、環境アセスメント配慮書で公表された非常に幅の広いルート帯の問題なども指摘されました。

 私も北陸新幹線建設の財源の問題と「早期整備」を自民党などが言い出していることの重大性について発言しました。京田辺市の将来のまちづくりや住民生活に多大な影響を与える問題だけに、多くの住民のみなさんと一緒にこの問題を考える事の大切さを感じました。なお、今日の学習会の資料等に興味のある方は連絡をいただければ、できるものはお渡しするようにしたいと思います。
posted by こうじろう at 21:47| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

高齢者の補聴器購入へ補助を〜一般質問3日目

 今日は一般質問の3日目で、日本共産党からは増富理津子議員が質問にたちました。増富議員はバリアフリーの促進や地元の新田辺駅東側のまちづくりにかかわる課題、子どもの権利条約などに関する質問をしました。

 また高齢になって耳が遠くなり補聴器が必要となった方へ補聴器購入費への助成制度についてもとり上げました。補聴器は数十万円するものもあり高額ですが、障害者手帳を保持していないと補聴器購入費の補助は受けられません。そして難聴で障害者手帳を取得するには、重度の聴覚障害がないと認められないため、年をとるにつれて耳が遠くなって補聴器が必要となったという方の大半は補助を受けられないという問題があります。増富議員は、その問題点などを示して国へ改善を要望する事ともに、国の制度改善以前にも市独自に高齢者の補聴器購入への補助制度の導入を求めました。

 市当局の最初の答弁では「障害者手帳を取得すれば補助が受けられるので、その制度を知らせていくようにする」というものでした。増富議員は再質問では、改めて国の制度の問題点を示すとともに、重度以外の中度の難聴者でも耳が聞こえないと高齢者の生活にも否定的な影響を与えることを指摘し、高齢者の健康を守る介護予防という面からも補聴器の必要性を指摘して、市独自の補助も実施するよう迫りました。

 これに対して市当局も「中軽度の人へ介護予防という観点からの取り組みというのはしていない。研究課題だ。国、府への要望については追加していきたい。」と答弁しました。高齢者にとっての補聴器の必要性を新たな観点から示して、市当局にもその重要性を認めさせた点では、なかなか良い質問だったと思います。

 京田辺市の6月議会はようやく一般質問が終わり、来週は議案を審議する各常任委員会が開かれます。私は前期の4年間は文教福祉、総務の各常任委員長をしていたので、議案審議で質問する事はありませんでしたが、今期は委員長を外れているので久しぶりに議案に対する質疑をします。これからその準備も進めます。来週後半には参院選も公示されて、いよいよ選挙も始まりますが、両方ともしっかりがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 18:36| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

松井ヶ丘幼稚園前で宣伝

DSCN98990002.jpg

 今朝は、水野恭子前市議をはじめ京田辺市の日本共産党女性後援会のみなさんと一緒に地元の松井ヶ丘幼稚園前で宣伝行動で、子ども連れの方たちへ、倉林参院議員の子育てビラを配布しました。朝から強い日差しで帽子をかぶっていけばよかったと思いましたが、30分くらいの行動だったので、何とかがんばれました。暑い中でしたが、幼稚園の子どもたちは朝から元気に声を出して動き回っていましたね。
DSCN98920001.jpg

 宣伝のついでに、大住中方面へ抜ける遊歩道整備工事の様子を見ておきました。生い茂っていた竹林が伐採され、小高くなっていた部分もかなり削られてほぼ道路の形はできていました。手前から見ている範囲では、歩いて通り抜けるくらいなら今の状況でもいけんるんじゃないかなと、素人目には見えました。早く完成できるといいですね。

 午前中は、日本共産党市議団の宣伝カーを運行しました。今回は倉林参院議員の肉声による4分間のスポット演説の音声が届いたので、ところどころでそれをつかって宣伝していました。ある場所で停車してスポット演説をしていると、近くの日本共産党後援会の方が、いつもお届けしている後援会ニュース用の封筒を十数枚、きれいに保管されていて「また使ってくれたらいいよ」と持ってきてくださいました。御礼を言って、あわせて参議院選挙でのご支援もお願いしました。他にも手を振って励ましてくれる方もいて、暑さに負けずがんばることができました。
posted by こうじろう at 20:54| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする