2019年08月10日

日本共産党議会報告懇談会を開催

DSCN02470001.jpg

 今日の午前中に日本共産党の議会報告懇談会を開きました。朝から強い日差しで暑い日でしたが、20人近い参加がありました。日本共産党は3ヶ月に一度、定例議会が終わるごとに議会報告懇談会を開くようにしていますが、今年は年明けから地方選があったので、全体で開く議会報告懇談会としては、昨年秋以降の開催で久しぶりな感じがします。

 今日は日本共産党京都府議団からも浜田よしゆき府議が参加し、京都府議会と京都府政の動きについても報告されました。浜田府議の報告は、北陸新幹線をめぐる府議会の論戦と、水道民営化・広域化について、京丹後市の米軍レーダー基地の拡張強化の動きについて、簡潔でしたがまとまってわかりやすい報告でした。

 京田辺市議団からは私が報告し、4月の市議選をへた新しい議会構成と、日本共産党議員団の委員会所属などを紹介して、6月議会の内容を主に代表質問での議論を中心に報告しました。ただ6月議会の条例改正などにも少しふれたので、ちょっと長くなってしまったかなと思います。

 二人の報告の後には参加されたみなさんから自由に意見や要望、質問などを出していただき、懇談しました。その中では「南部住民センターの実現はどうなっているのか?」というものや、「府営住宅のペンキの塗り替えなどはしてもらえないのか。」、「山手幹線の歩道がデコボコしていてとても歩きにくい。犬の散歩をしている人を見かけるが、犬も凸凹しているところを避けて通っている。」、など具体的な要望も出されました。

 また北陸新幹線延伸に関連して、「京都府でも京田辺市でももっと根本の事から説明や議論をしてほしい。なぜ新幹線が必要なのかということが議論されていないのではないか。新幹線効果というが、いったい何の効果があるのか、知事はこれで京都がなにが変わるのかをもっと示すべきだ。」という声も出されました。私も昨日、訪問した福井県でさとう県議からお聞きした内容を紹介しながら、北陸新幹線についてどういうことが起きているのか、もっと多くの情報を知らせることが大事ではないかと発言しました。

 他にも「中部住民センター体育館の音響施設の改善を進めてほしい。時々、声をかけるが一向によくならない。そもそもそういう要望をあげる仕組みもないのでは。」という声や、文化ホールに関する要望なども出されました。
 具体的な声などは私たち議員団もしっかり受けとめて、これからの活動にも生かしていきたいと思います。
posted by こうじろう at 14:06| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする