2019年08月24日

日本共産党をもっと語ろう

 今日の午前中、地域の日本共産党後援会の方と一緒に、憲法9条を守ろうという「3千万人署名」の協力のお願いで、訪問して回りました。暑い中で留守のお宅などもありましたが、何軒かでは対話が弾みました。

 対話では憲法9条そのものについての話もありますが、日本共産党についての疑問なども出されました。特に今日は「中国共産党や旧ソ連の共産党とはどういう関係だったのですか?」という質問や、「北朝鮮や中国のように共産主義を掲げている国について、どう考えているの?」などの声も出されました。

 私は日本共産党は50年以上前に今の綱領路線を決定し、「自主独立」の立場を確立してきたこと、その後に旧ソ連や中国から日本共産党への干渉があり、関係が断絶したが旧ソ連や中国の共産党が干渉の誤りを認めさせたこと、特に旧ソ連についてはその覇権主義の害悪を批判し、旧ソ連共産党の解体を歓迎したことや、日本共産党がめざす共産主義は中国や旧ソ連とは違う事などをかいつまんで説明しました。また、領土問題や人権問題についての日本共産党の見解などもお話しました。

 いずれもその時々に、日本共産党としてまとまって解明したテーマや内容で、広く宣伝してきたつもりですが、まだまだそういう働きかけが届いていない人たちもたくさんいる事をあらためて感じました。中には3ヶ月に一回、各家庭にお届けしている私の議会報告ビラはいつもよく読んでいるよと言っていただいた方からも、そういう疑問の声が出されました。

 市民と野党の共闘の前進、発展とともに新たに日本共産党に関心をもたれる方も生まれていると思います。そういう人たちに、自己紹介する気持ちであらためて日本共産党のことを知っていただく活動も大事だなと思った今日の活動でした。そのためには私ももっと勉強していく必要がありますね。
posted by こうじろう at 16:41| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする