2019年08月28日

9月議会の一般質問は9日午後2時半から

 9月議会での一般質問の順番が決まりました。今回は日本共産党議員団の3人を含む13人の議員から質問通告が出されています。私は初日の4番目、午後2時半から質問に立つ事になると思います。

 今回の質問通告の内容は以下の通りです。
(1)都市農業の振興について
 2015年に都市農業振興基本法が制定され、都市農業の定義が明確になり、その位置付けも従来から大きく変えられた。同法を受けた本市の取り組みについて問う。
@本市農業の現状(市街化調整区域、市街化区域、生産緑地別の、耕作面積、農家数、主な農作物の生産高など)について明らかにされたい。
A本市全域の農業を都市農業と位置付け、本市における「都市農業振興基本計画(地方計画)」の策定を求める。
B国は同法を踏まえ「生産緑地」の保全のために貸借を可能とする制度を導入した。本市でも「市民農園」としての活用などの具体策を講じるべき。

(2)経済的な子育て支援の拡充について
 本年に市が実施した「子ども・子育て支援に関するニーズ調査」では、重い教育費負担への不安や、経済的な支援の拡充を求める声が多く出された。それらを踏まえて、以下の点を問う。
@子育て世代の生活実態についての市の基本的な認識と、経済的支援の拡充についての市の考えを問う。
A経済的な子育て支援の拡充として、以下の施策の実施を求める。
(ア)子どもの医療費助成の対象を高校生まで拡充を。
(イ)義務教育に係る教育費負担の軽減を。特に学校給食の無償化を。
(ウ)国保加入世帯における子どもの「均等割」分を無料に。

(3)中学校給食実施について
@中学校における給食の意義と役割について、とりわけ子どもたちの成長と教育にとって、どのように考えているのか、市長の見解を明らかにされたい。
A庁内検討委員会の検討結果について、明らかにされたい。
B中学校給食実施に向けた具体的なスケジュールについて、明らかにされたい。


 ご覧のように大きくは3つのテーマをとり上げます。都市農業についてはこの間、調べてきたこともありますが、質問に向けてもっとしっかり勉強していく必要もあります。
 経済的な子育て支援の拡充については、市が先月公表した「子ども・子育てニーズ調査」の結果(これについては7月31日の記事「子どもの教育費への大きな不安〜市子育て支援ニーズ調査から」をご覧ください)を踏まえてとり上げます。通告に先立って議員団でも少し議論して、今回初めて子どもの医療費助成を高校生まで対象とするよう求めることにしました。
 中学校給食については、改めて子どもたちのための学校給食という角度から議論したいと思います。

 一般質問はインターネットでライブ中継もあり、一週間くらいしたら録画配信もされます。また条件のある方は一度、傍聴にもおいで願えればと思います。なお、私以外の日本共産党の増富理津子、岡本亮一各議員の一般質問通告は、日本共産党京田辺市議団のフェイスブックページのコチラに掲載しています。
posted by こうじろう at 18:35| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする