2019年08月29日

議会運営委員会。倉林参院議員と地方議員との懇談。

 今日の午後、議会運営委員会がありました。9月議会の一般質問順序の確認とともに、6月議会の時から検討してきた、議会主催の「議会報告会」について、主なテーマとおおよその開催時期を確認しました。

 議会主催の「議会報告会」について、過去2回は3月議会の予算審議報告を軸に4月か5月上旬に開催していましたが、今年は4月に市議選があったことから、時期と内容を変えて開くことになります。
 そしてそれについて、10月に閉会中審査で行なう決算特別委員会と、第4次総合計画特別委員会の、2つの特別委員会の審議内容の報告を軸に行うこと、そして開催時期はこの2つの特別委員会の審議と各議案の採決がある12月議会が終わった後とし、来年1月か2月に開くことを、今日の議運で確認しました。日程と開催場所についてはまだ余裕があるので、議会運営委員会の正副委員長のところで具体的な調整をすることになります。
DSCN03350001.jpg

 夜には、7月の参院選で2期目の当選を果たした倉林明子参院議員と、山城地域の市町村の各日本共産党議員団との懇談をしました。倉林参院議員の国会活動と、各自治体での党議員の議会活動、各市町村の要望や国政に関わる課題などについて交流し、互いに役立てようと、倉林事務所が呼びかけたものです。

 京田辺市からは私を含む3人の議員全員が参加し、他にも八幡市、綴喜郡、木津川市、相楽郡の各自治体から20人近い議員が参加した他、党府会議員団からも光永、浜田両府議が出席しています。

 最初に各市町村の議員団から簡単にそれぞれの自治体の要求などについて代表が発言しました。京田辺市からは私が発言し、北陸新幹線延伸問題、国保税引き下げの要求、中学校給食の課題や、子育て世代への経済的支援の拡充、学校体育館クーラー設置や、高齢者補聴器助成などについて、述べました。

 他の自治体からは、同じように共通する要求や、公共交通、お茶・農業にかかわる課題なども出されました。倉林参院議員からは、私たちの発言に関連しての国の動向や、役に立つ制度などの紹介とともに、府北部の党地方議員とも同じような懇談会をしており、その内容なども紹介がありました。

 地方自治体で住民の要求を実現する上で、国政にかかわる面も大きいので参考になることも多かった懇談でした。また懇談を通じて倉林参院議員に伝えた住民の声や地方自治体の課題などをぜひ国会でとり上げて奮闘してほしいと思います。
DSCN03420002.jpg
posted by こうじろう at 22:02| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする