2019年09月30日

会計年度任用職員制度、幼保無償化の問題点を指摘〜9月議会が閉会

19年9月議会議員別態度一覧.JPG

 今日は午後から9月議会の閉会本会議が開かれ、9月議会で審議されてきた議案などについて、討論と採択が行われました。

 私も総務常任委員会で審議した7本の条例制定・改正など議案の内、反対する4本の議案について討論にたちました。反対したのは20年4月から導入される会計年度任用職員制度に関する3本の議案と、市税条例改正の議案です。

 会計年度任用職員制度について、京田辺市では期末手当の支給など一定の処遇改善がはかられるものの、非正規職員の雇用の不安定さを永久化、固定化するという大きな問題があり、その点を指摘するとともに、現在いる1500人の職員の約6割にあたる800人の非正規職員をすべて20年4月から会計年度任用職員としようとしていることについて、「公務の運営は任期の定めのない常勤職員で行う」という地方公務員法の原則からみて問題があること、また非正規職員の多くが市民向けサービスを直接になう部署で働かれており、その方たちの雇用を不安定なまま固定するようなことが市民向けサービスの向上の面からも問題があることを指摘しました。

 市税条例改正は、未婚のひとり親家庭の税負担軽減につながる前進面はありますが、その部分でも不十分さがあること、またいよいよ明日からの消費税10%増税に伴う軽自動車税の軽減措置が盛り込まれましたが、その措置も1年限りである事の、二つの問題点を指摘して反対しました。私の反対討論は少し長いですが、最後に畳んで入れておくのでよければご覧ください。

 また10月から始まる幼保無償化に関連して提出された、過料条例改正、保育基準条例改正、保育料条例改正の3つの議案には日本共産党議員団から増富議員が反対討論を行いました。増富議員は、安倍内閣が進めた幼保無償化が消費税10%増税を財源としたため、無償化になってもそれを上回る消費税増税の負担増を押しつけられる家庭が出てくることと、認可外保育施設について基準を満たさないまま無償化の対象にするなど保育の質の面でも重大な懸念があることを指摘して、反対しました。

 一般会計補正予算では、交通安全対策など前進面もありますが、小学校給食調理の民間委託の継続や、債務負担行為として盛り込まれた「中学校給食基本計画策定支援委託事業」について、給食センター方式による提供を打ち出した庁内検討委員会の報告を基に、民間業者に計画策定を発注する事の問題点を指摘して反対しました。これについても反対討論は増富議員が行ないました。今日の閉会本会議での主な議案に対する各議員の態度などの一覧をまとめたPDFファイルはこちらです⇒19年9月議会議員別態度一覧

 なお今後12年間の京田辺市の長期の行政計画となる「第4次総合計画基本構想」案の議題については、特別委員会が設置され12月議会に向けて閉会中の審査が行われます。こちらの特別委員会には日本共産党からは岡本亮一議員が所属しています。

 また2018年度京田辺市一般会計決算認定など決算関連の9つの議案が市当局から提出され、これについても今日、設置された決算特別委員会で閉会中の審査を行います。こちらには日本共産党からは私が所属し、委員長を務めることになりました。

 私は決算委員会ではいつも3回から4回の質疑をしており、今回もその予定であることや日本共産党からの委員は私一人となったので、委員長を辞退しようと思っていたのですが、新人議員や他の委員会で委員長をしている議員が多いため、委員長であっても副委員長と交代してしっかり質疑をするということを了解してもらった上で、委員長を引き受けました。

 決算特別委員会は、10月3日には現地調査を行い、10月15、16、17日と部局別審査、そして10月28日に総括質疑の予定です。9月議会が終わってすぐに始まるので、しばらくは慌しい日々が続きそうです。

会計年度任用職員制度導入関連議案、市税条例改正への反対討論
posted by こうじろう at 18:19| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

午後から数字とにらめっこ

DSCN04660001.jpg

 今日は午後から市役所の日本共産党議員団控室に行き、2018年度決算認定の審議に向け、決算書などをずーっと読み込んでいました。先日から読み始めて、とりあえず一通りすべてのページに目を通すことができました。読みながら気になったところには赤線を引いたり、付箋をつけたりしていました。

 後半は毎回、決算審議の時に作成している決算分析用の資料の作成に取りかかりました。いつも作っているもので、幾つかは決算特別委員会審議に向けて各委員が市当局に請求する資料が手元に届かないとできないものもあります。今日はそういうもの以外の、すでに議案として提出されている決算書や決算説明書、監査委員の意見書などをあれこれとページをめくりながら作成していきます。

 この資料作成を通じて前年との比較なども大雑把にできますし、18年度の歳入や歳出の特徴、市の財政状況など大まかなところも見えてきたりします。ただ色んな数字を探して、あれこれと資料をめくったり、時には去年や一昨年の決算資料なども持ち出して確認するのでけっこう手間がかかります。

 2,3時間くらいは数字を眺めてばかりいるのでさすがに疲れて、今日中に片付けようと思っていた仕事を少し残す結果となりました。まあ、あまり根をつめてやって疲れて能率が悪くなるくらいなら、すぱっと切り上げて翌日に回した方がいいですね。

 今日は9月末とは思えない、蒸し暑い日となりました。おまけに風もなくて、議員団控室で窓やドアを全開にしていても、ほとんど風が通りませんでした。それでも8月に比べれば室内はそれほど暑くならず、何とか取り組めました。

 暑さはありますが、市役所南側にある山の木々も少しずつ色づいてきました。また田んぼの近くを歩いていたら秋の虫の音色が聞こえてきて、季節の変わり目を感じますね。
posted by こうじろう at 17:51| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

松井ヶ丘小運動会。「沖縄スパイ戦史」上映会。

DSCN04350001.jpg

 今日は地元の松井ヶ丘小学校の第41回運動会でした。昨日までお天気が心配されましたが、雨に降られることもなく無事、開催できました。朝のうちは晴れ間もあってきつい日差しがあって、暑くなり過ぎないかという心配もありましたが、徐々に雲が広がってきてうす曇になり、少し蒸し暑さは感じたものの、運動会にはちょうど良いくらいだったのではないでしょうか。

 今年の松井ヶ丘小学校の運動会では、児童の色分けが赤白の2つだけになりました。最近は4色とか5色とかに分けることが多いので、赤白2組だけというのは久しぶりで新鮮でした。赤白2組で競い合うのは昔々の源平合戦に由来するといわれるそうですが、本当でしょうか。
DSCN04410002.jpg

 小学校の運動会は早めに切りあげて、京田辺市内で、戦争しない国づくりを目指す意見広告実行委員会が開いた「沖縄スパイ戦史」上映会に参加しました。太平洋戦争末期の沖縄戦において、スパイ・謀略をこととする陸軍中野学校の40人以上の出身者が沖縄に渡り、沖縄で日本軍玉砕後も謀略戦を戦うよう準備し、実際にそれが、「少年兵」「戦争マラリア」「住民スパイ処刑」という三つの戦争の狂気と悲劇を引き起こした様を、迫力をもって描いたドキュメンタリーでした。

 その凄惨な史実は、軍隊は住民を守らないというその本質をまざまざと暴き出したのではないかと思います。多くの人に見ていただきたいと思います。
posted by こうじろう at 13:57| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

消費税増税に伴う様々な値上げ

DSCN04300001.jpg

 来週から10月に入ります。安倍内閣、自民・公明両党は、10月からの消費税10%増税の強行の前に、国会で本当に今、消費税増ができる状況なのか、国会で審議すべきだという日本共産党をはじめとした野党の一致した要求に背を向けたままです。

 そしていよいよ10月が目前になって、様々な料金や価格の引き上げの告知が目に付くようになってきました。私が良くいく食堂でも10月から値上げの告知がされた事を以前に紹介しましたが、それ以降も、例えば上の写真にあるようにJR西日本も10月からの運賃改定について16ページのパンフレットを作って丁寧に説明しています。

 これ以外にも京田辺市の公式HPを見ているとこの間、「消費税増税に伴う動物死体処理手数料の改定について」、「京田辺市の上下水道料金について(消費税10%対応版)」、「消費税法改正に係る新田辺駅東自転車駐車場の料金改定について」、など消費税増税に伴う各種引き上げの告知がされています。

 ここでも紹介したような子育て世代の家庭の暮らしのきびしさや実質賃金の目減り、年金減額と将来への不安などが山積している時に、これらの値上げが住民に襲いかかるなどとんでもないことです。さらにこれだけ値上げを突きつけられれば、国民の消費もさらに落ち込んで日本経済にも深刻な打撃を与えるのではないでしょうか。まさに無謀な消費税増税は今からでもきっぱりと中止すべきです。
posted by こうじろう at 21:05| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

9月議会に国保に関わる意見書案を提案

 今日は午後から議会運営委員会が開かれました。来週月曜日の閉会本会議に向けた議会運営委員会で、最終日の議事日程などを確認しました。今回、日本共産党議員団は「国民健康保険に関わる意見書」案を9月議会の閉会本会議に提案しています。

 近畿地方の政令市・一般市でつくる「近畿都市国民健康保険者協議会」が毎年、政府に国保の運営に関わって国への要望事項を、5月頃に開く総会で決議しており、その決議を国の関係機関や国会議員の他、各議会議長にも送付して、その実現の協力依頼をしています。京田辺市でも9月議会への陳情という形で、同協議会の要望書が議長に提出され、議長から各議員へ配布されていますが、その協力依頼に応えたものです。

 同協議会決議では、国保運営に関わって7つの決議がありますが、その中の一番最初に示されている「被保険者の保険税(料)負担緩和を図るための更なる公費投入の拡充及び低所得者層や多子世帯に配慮した保険税(料)及び医療費一部負担金の軽減措置の創設・拡充を求める」という部分について、決議全文をほぼそのまま意見書案の形にまとめたものです。

 同協議会から議長に提出されているもので、聞いたところでは京都府内の他自治体では議長から意見書案として提案する動きもあるようです。京田辺市でも同様にできないか、各会派に打診をしましたが、いずれも国保への公費投入の拡充に賛同できないという態度を表明したため、日本共産党議員団として提案する事になりました。

 内容的には、住民にとって重い国保税の負担軽減や、子どもの国保税均等割の見直しにも通じる大事なものだと思うので何とか国へ提出できるようがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 16:31| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする