2019年10月13日

憲法9条を語り合う憲法カフェ

DSCN05920001.jpg

 今日は午前中に、京田辺北部9条の会が「安倍委改憲の動きとそれを許さない力」をテーマに開いた憲法カフェに参加してきました。全部で30人近い参加者があり、憲法をめぐる今の情勢や、それぞれの憲法に関する思いなどを語り合う集いとなりました。

 最初に憲法共同センターが作成したDVD「9条改憲って何?」を視聴しました。このDVDは前の総選挙が終わって間もない2017年末頃に作られたもので、安倍首相が北朝鮮情勢を「国難」として憲法9条改悪に執念を燃やしているシーンや、小池東京都知事による「希望の党」と市民と野党の共闘に分断を持ち込もうとしたことなども描かれています。いま改めて見ると、この2年間で国際情勢や市民と野党の共闘が大きく発展していることがよくわかります。

 続いて憲法9条京都の会の事務局次長をされている寺内さんによるお話を30分ちょっとくらいお聞きして、お茶を飲みながらそれぞれが語り合いました。参加者から憲法9条改悪反対を求める3千万署名についてや、安倍首相の9条改憲の狙い、改憲勢力の取り組みなど色々なテーマで発言があり、予定時間を少しオーバーしての閉会となりました。

 この夏の参院選で、改憲勢力が憲法改正発議に必要な2/3以上の議席を失ったとはいえ、安倍首相が引き続き憲法改悪を企んでいる中で、もっともっと多くの人たちと憲法について語り合う大切さを感じた憲法カフェでした。
posted by こうじろう at 19:22| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする