2019年10月16日

子育て支援、介護保険など審議〜決算委員会3日目

DSCN0627 (2).jpg

 今日も一日、決算特別委員会でした。3日目は議会の文教副詞常任委員会が所管する部局、健康福祉部と教育委員会の所管する部局の審議です。今日も私は他の委員のみなさんの質疑が終わった後に、副委員長に委員長役を代わってもらって、大体1時間ちょっとくらい質疑をしました。自分でももう少し簡潔にできないものかと思うのですが、ついつい時間がかかってしまし、質問残時間の表示をみて「えっ、もうそんなに?」と思ってしまいます。

 今日とり上げたテーマは、子育て世代の暮らしの厳しさの市の認識と支援策の充実、中学校給食に関して学校関係者等の意見を反映させること、民間保育園への補助金などの支援策の充実、介護保険について、などが主なテーマで、他にも具体的な施策などの課題で5つか6つとり上げました。

 介護保険では、19年度末で基金残高が5億円にもなることを指摘し、それを活用して市民の負担軽減に取り組むよう求め、担当課長から「基金は保険料引き下げる方向で使いたい。今の保険料水準を長く維持していくようにしたい。」という答弁を引き出す事が出来ました。

 また老人福祉センターへ路線バスを利用して行かれる高齢者には、片道のバス代が市から補助されますが、市南部にある常磐苑では、その補助の利用件数が17年度から18年度にかけてほぼ倍増しています。その理由について質問したところ、路線バスのルート図やバス停の位置を見直した結果、新たな地域からの利用者が増えたことが大きいと答弁がありました。公共バス路線の見直しなどの取り組みが成果をあげているわけで、大事なことだと思います。

 今日は重要な答弁も引き出せたと思いますが、一方で経済的な子育て支援の拡充や学校体育館へのクーラー設置などでは後ろ向きの姿勢にとどまったものもありました。これらについても今後も粘り強く取り組んでいきたいと思います。今日の審議内容も改めてここで紹介したいと思います。

 なお一番上にある写真は、決算特別委員会にあたって委員が市当局に提出を求めた資料集(右側)と、それらや市が提出した決算書、決算説明資料などを基に私が作成した一覧表やグラフなどの資料(左側)です。これらも使いながら審議準備をしています。
posted by こうじろう at 19:41| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする