2020年02月04日

2020八幡市長選・井筒かおる事務所開き

DSCN13340001.jpg

 2月2日の京都市長選挙では福山和人さんが大健闘しました。勝利には及びませんでしたが、政治を変える市民の共同の広がりや、地方自治体の本来の姿を示した政策路線、むき出しの反共攻撃への広範な批判と反撃など、今後に生きるたたかいだったと思います。

 京都市の選挙は終わりましたが、お隣の八幡市では直に市長選挙があります。今度の日曜日、2/9告示で16日が投票になります。今日は午後からこの市長選挙に、日本共産党も参加する八幡市民の会から立候補を予定している井筒かおるさんの事務所開きがありました。

 井筒さんは先日、「くらし応援 すぐやるプラン」として、子どもの医療費無料化の拡充や、子どもの国保料(八幡市では税ではなく料です)均等割の軽減、高齢者の医療費負担軽減や、公共バス交通の充実などを具体的な予算を示して提案しています。今日の事務所開きでも上の写真のようにそのプランを示したプラスターがお目見えしてました。

 今日の事務所開きには京都市内からも応援に駆けつけていた方もいました。私も事務所開きに参加し、その後は横山栄二元京田辺市議や京田辺市の日本共産党後援会の方と一緒に、八幡市で井筒さん応援のハンドマイク宣伝に取り組みました。

 今日は朝の冷え込みはきつかったですが、日中は青空が広がる良い天気で、お日様のあたるところは暖かで、気持ちよく宣伝できました。八幡市長選は井筒さんの他に現職市長も自民党などの推薦を得て出馬表明しています。古い自民党政治を打ち破り、新しい地方政治を切り開くためにも井筒さんにがんばってほしいですね。
posted by こうじろう at 17:59| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする