2020年02月14日

中学校給食をテーマに学習会を開きます

市民の会中学給食学習会ビラ画像.jpg

 日本共産党も参加する「新しい京田辺市をつくる市民の会」は、新日本婦人の会京田辺支部と共同で、2月29日(土)午後1時半から、京田辺市社会福祉センターで、中学校給食をテーマに、「今すぐ中学校給食実施を 給食問題学習会」を開きます。

 学習会では、「ナチスのキッチン」「給食の歴史」などの著書もある京都大学人文科学研究所准教授の藤原辰史さんを招いて講演していただくほか、日本共産党議員団からも、京田辺市の中学校給食の取組状況などについて報告します。参加費無料で、どなたでも歓迎しますので、ぜひご参加ください。

 学校給食をテーマにした学習会に一人でも多くの方に参加していただこうと、現在、市内各小学校の参観日などに保護者の方への案内チラシ(上の図です)配布に取り組んでいます。今朝も私の地元の松井ヶ丘小学校で、保護者を招いた児童の音楽発表会があるので、新日本婦人の会のみなさんと一緒に宣伝しました。

 楽器演奏や合唱など子どもの日頃の練習の成果が発表されるとあって、朝からたくさんの保護者が見学にこられ、「学校給食をテーマにした学習会を開きます」と声をかけながらチラシを配っていると、けっこうたくさんの方が受け取ってくれました。せっかくの取り組みなので多くの方に参加して欲しいですね。
posted by こうじろう at 17:11| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする