2020年03月31日

様々な矛盾を抱える北陸本線の第3セクター化 福井県あわら市視察報告5

DSCN12050005.jpg

 今日の記事は3月30日の記事「北陸新幹線の経済効果は観光中心 福井県あわら市視察報告4」の続きです。上の写真は芦原温泉駅にあった福井・京都方面の時刻表です。

質問項目E北陸本線など在来線の今後についての見通し。また第3セクターへ移行する場合のその費用負担の見通し。

 JRは新幹線開通に伴って、平行在来線の運行、経営を手離し、それを沿線自治体などで運営する第3セクター化をしています。北陸新幹線でも、かつての信濃本線や、新潟県、富山県、石川県(金沢まで)の北陸本線は、それぞれ県域単位で第3セクター化されています。

 そしてその結果、京都・大阪方面や名古屋・中京方面と北陸地方を結ぶ特急サンダーバードやしらさぎが廃止されることになります。この点については、多くの住民から「不便になる」という声が出されています。

 また第3セクターとなると地方自治体もその運営に責任をもつ=財政負担をする事になります。福井県には既に京福電鉄から第3セクターに移行した「えちぜん鉄道」がありますが、これも赤字経営で、あわら市も他の沿線自治体と同様に年間2千万円程度の負担金を今でもしています。

 また第3セクター化にあたっては、既存の鉄道設備すべてをJRから買い取る事になるので、その初期投資は莫大な額となります。福井県ではその初期投資は全額、福井県が負担するそうですが、その初期投資以外の第3セクターの運営会社設立のための出資金の負担もあります。出資金の総額は20億円で、これを福井県と北陸本線の沿線自治体、民間で分担します。

 沿線自治体からは鉄道は全県的な公共サービスだからと、非沿線自治体にも出資金負担を求める声があるそうですが、非沿線自治体からはそれを拒む声もあり、なお協議中との事でした。

 また沿線自治体の中にも北陸新幹線の駅も設置されないところでは、何のメリットもないのに住民の身近な足となる北陸本線が、第3セクター化によって自治体負担金が今後も予想され、さらに料金値上げなども予想されるなど踏んだり蹴ったりと言うような状況もあります。この点は、新幹線が本当に必要なものなのかどうか、真剣な検討をしていかなければならない課題だと思いました。

 なおあわら市の日本共産党の山川知一郎議員との懇談では、周辺地域の状況も含めてかなりリアルに、同市の抱える課題についても教えていただきました。北陸本線の第3セクター化をめぐる課題とともに、地域振興や住民福祉の向上という面からも北陸新幹線に莫大な予算をつぎ込むことの是非について、しっかり検討していく事が必要だと思います。

に続く)
posted by こうじろう at 18:08| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

北陸新幹線の経済効果は観光中心 福井県あわら市視察報告4

DSCN11330002.jpg

 今日の記事は3月26日の記事「新幹線新駅駅舎建設の費用負担は5億円 福井県あわら市視察報告3」の続きです。

質問項目C北陸新幹線開通に伴う経済効果の見通しとその考え方など。

 これについては観光振興課より説明がありました。数値目標として、
観光入込客数:18年(現状)173万人→23年(目標)220万人、
宿泊客数()は外国人宿泊客数:18年82万人(2万人)→23年100万人(5万人)、
観光消費額:18年231億円→23年312億円。

 芦原温泉を訪れる観光客の大半は関西、中京方面だそうですが、北陸新幹線開業によって東京からの訪問客の増大を見込んでいるようでした。ただこれについては一方できびしい側面もありそうです。
 北陸新幹線金沢開業の際には、開業直後には金沢周辺の観光地で訪問者が増えたそうですが、しばらくするとすぐにその分は落ち着いて元に戻ったそうです。その典型は石川県の輪島だそうですが、芦原温泉でも一時は訪問客が増えたそうですが、結局観光客は金沢泊まりとなり、元に戻ったそうです。

 また税収増については、増えるかどうかは一概には言えないということでした。元々、あわら市は交通の要所にあり、以前から企業立地が進んでおり、芦原温泉駅の東側に工業団地もあることから、市外からの通勤者も多く、北陸新幹線の経済効果としては観光を中心に考えているようでした。

質問項目D北陸新幹線開通後の、騒音や振動などへの対策。

 これについては、開業2年前から鉄道運輸機構に、沿線の騒音、振動などの対策部署がおかれるそうで、開業1年前から試運転が始まり、それで実際の走行の影響などを調査、測定して必要な対策などをはじめていくそうです。なおこの対策部署は開通後も2〜3年間は引き続き設置され対応していくことになるとのことでした。

に続く)
posted by こうじろう at 20:28| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

市役所で3月議会のまとめ。桜も色々。

DSCN00790002.jpg

 今日は日曜日でしたが、市役所の議員団控室へ行ってずっと3月議会のまとめ作業をしていました。3月議会が終わったばかりですが、20年度の予算案をはじめ重要な議案も少なくなかったのと、新型コロナウィルス対策に関連して、京田辺市議会は代表質問・一般質問を中止した他、議会BCPを初めて発動して「議会災害対策会議」が設置されるなど、異例の事態が続いていたこともあり、それらの経過などをきちんとまとめておくことが大切だと思い、早めに作業に取りかかりました。

 今日は朝のうちは昨夜からの雨も残り、冷たい天気ですが、市内各地で桜が咲き始めています。一番上の写真は、市役所5階の議会ロビーから南側の山にある桜です。前にも紹介しましたが、少し暗い議会ロビーから壁全面の窓を通して明るい外の光景を眺めると、一枚の絵のように見えますよ。
DSCN00820003.jpg
DSCN00840004.jpg
DSCN00850005.jpg

 午後は早めに切りあげて、散歩もかねて市北部の桜を見て回りました。上の写真は諏訪ヶ原公園の桜できれいに咲いていました。虚空蔵谷川沿いの桜は、場所によって色々と咲き具合が異なっていました。
DSCN00870006.jpg
DSCN00880007.jpg

 上の写真は九十九園の横辺りで、きれいに咲いています。ここよりも下流側の方ではまだ蕾の方が多くてそんなに咲いていません。またこの少し先には下の写真にあるように植え替えられたばかりのまだ小さな桜の樹もがんばって咲かせていました。
DSCN00900008.jpg

 ここからさらに上流へ進んでいくと、今度は散り始めている桜もありました。他にも花は咲いていますが葉も大きくなって「葉桜」と言ってもいいような桜もあって、場所によってずい分、違うなあと思いながら見て回りました。
DSCN00920009.jpg

 最後の写真は昨日、見かけた桃の花です。こちらもきれいに咲いてますね。
DSCN00710001.jpg
posted by こうじろう at 18:09| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

京田辺市で感染を確認。南山城村へ応援。

 昨日の閉会本会議の時点で、京田辺市では新型コロナウィルスの感染は確認されていないと書きましたが、その日の夕方に、京都府は京田辺市で感染を確認したと発表しました。
 発表の時には私はまだ市役所の議員団控室に残って作業をしていましたが、その直後に「午後5時45分から京田辺市の対策本部会議を開きます」と庁内放送がかかりました。市当局に京都府から正式に情報が届いたのは午後5時半だそうで、それを踏まえて緊急の対策本部会議が開かれたものです。

 京田辺市では近隣市で感染が確認された3月5日に、それまでの「情報連絡会議」から市長を責任者とする「対策本部」へと移行していました。それから3週間、京田辺市で感染は確認されていませんでしたが、近隣市ではこの間、数件の感染が確認されていました。また、京田辺市は京都、大阪のベッドタウンとして発展してきた町でもあり、京都市、大阪府で感染が広がれば、京田辺市でも感染が確認される可能性は高いと思っていましたが、やはり衝撃を感じました。

 京田辺市HPには昨日のうちに、新型コロナウィルスの感染確認を踏まえて、市長から市民への呼びかけ「市民のみなさんへ」が掲載されました。短い文章ですが、京都府と連携して適切に対応していくと述べるとともに、京田辺市の方針や、感染防止のために手洗いの徹底や、咳エチケットなどの協力を市民に訴えられています。市民に冷静な対応を呼びかけられており、多くの方にお読みいただければと思います。
DSCN00680002.jpg

 今日は明日、投票日を迎える南山城村議選の応援に行ってきました。村議選は定数10に11名が立候補する少数激戦で、日本共産党は必ず2議席を獲得するために奮闘しています。私は現職の鈴木かほるさんの応援に行き、地元の方と一緒に山あいの地域を回りました。
DSCN00660001.jpg

 南山城村もお茶の生産が盛んで、いたるところで茶畑を見ました。きれいに整えられた茶畑の眺めは見ていても気持ちがいいですね。また回っている最中に雉のつがいを見ました。とっさの事でズームする暇がなく、下の写真は雉のところを拡大したものです。写真ではわかりにくいですが、鮮やかな羽の色がきれいな雄の雉です。写真には写りませんが、雄の少し先には体が少し小さい雌の雉もいました。
南山城村・雉.jpg

 実は少し前にも京田辺市の北部を散歩中に、田んぼにいる雄の雉を見たのですが、その時はあっという間に飛び去ってしまいました。今日は車の中で見つけたので、直には飛び去らなかったようです。天気は今一つでしたが、いいものを見たな、と気分の良い南山城村の応援でした。

posted by こうじろう at 16:22| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

新型コロナウイルス感染症対策に関する意見書を全会一致可決〜3月議会が終わる

20年3月議会議員別態度一覧.JPG

 今日の午後から3月議会の閉会本会議が開かれました。3月議会は、20年度予算案などの審議もあったため期間が通常よりも長く、開会日は2月19日でした。それ以降、新型コロナウィルス感染対策で、安倍首相が唐突に全国の公立学校の一律休業を要請するなど、大変な事態の最中での定例議会となり、恐らく京田辺市議会史上初めて代表質問、一般質問を中止するという異例の事態になりました。

 新型コロナウィルス対策では今も、東京都を中心に爆発的な感染の恐れがあることから住民の外出自粛の要請が都知事からなされるなど、緊迫した事態が続いています。今日の本会議の時点では京田辺市内での感染は確認されていませんが、引き続き十分な予防に取り組むとともに、経済的な支援も含めて国民の暮らしを守る政治の役割が求められていると思います。

 今日の本会議では議案、予算案、意見書案の討論、採決などがありました。議案の関係では、日本共産党は市行政組織の改変に伴う条例改正と、国保税引上げの条例改正、市道認定についての3つの議案に反対しました。これらの議案については私がそれぞれ反対討論にたちました。
 討論は議案が付託された常任委員会ごとに行うのが通例で、前2本は総務常任委員会、後1本は建設経済常任委員会に付託されたので、2回、反対討論にたちました。私の2つ反対討論は、できるだけ簡潔になるよう心がけました。最後の方に畳んで入れておくのでご覧ください。
 また各議案等への議員別の態度一覧は上の表の通りでそのPDFファイルはこちら⇒20年3月議会議員別態度一覧

 予算関係では、20年度当初予算では、一般会計、国保特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、水道事業会計、下水道事業会計、の6つの予算案に反対しました。こちらの方には予算特別委員会の委員をした増富議員が日本共産党を代表して反対討論を行いました。そのポイントは、現在の経済状況、市民の暮らしの厳しさに対する市長の認識が国に追随するものであり、そのため市の施策も暮らしを守るという点で不十分なものにとどまっている、ということです。

 意見書関係では、新しくできた「女性議員の会」が提案した「種苗法改定の慎重審議を求める意見書」案は日本共産党も共同提案に加わりましたが、賛成少数で否決となりました。

 全会派が共同提案した「新型コロナウイルス感染症対策に関する意見書」は全会一致で可決しています。同意見書は「日本経済が、リーマンショック以来の危機的状況に陥る懸念が現実味を増している」と指摘し、国に「国民生活の安定を確保する」ことを求めるとともに、具体的な課題として、国民への正確な情報提供、検査体制の充実強化、マスク・消毒液等の確保、などを求めています。これからも住民の方から寄せられる相談なども踏まえて、この問題にはしっかり取り組んでいきます。

 長く感じた3月議会ですが、春も近づいています。今朝は地元の松井山手駅前で定例の早朝宣伝をしましたが、宣伝の合間にツバメが飛び交っていました。時々、駅構内の奥の方にも飛んでいったので、ひょっとしたら巣作りというか昨年使った巣の修理などしているかもしれないですね。
市組織改変、国保税引上げ、市道認定、の反対討論
posted by こうじろう at 17:33| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする