2020年04月03日

20年度議会改革の協議項目を提出

 京田辺市議会では、この間の議会改革の議論などを踏まえ、20年度一年間かけて、議会運営委員会で議会改革について議論していくことを確認しました。
 2014年に議会基本条例の制定をはじめ議員政治倫理条例の制定や、議会審議の方法などについてかなりの規模の変更を行った他、議会基本条例にもとづいて議会報告会の取り組みを本格的に始めています。

 それらの改革から5年たち、この間の取り組みなどについて、整理や評価を行うとともに、課題や見直しなども含めて、全般的な検討や、新たな課題などについても議論していこうというものです。そのために、議会運営委員会では一年後、21年3月議会をメドに、議論をするためにだいたい月1回くらいのペースで議会運営委員会を開いていく予定です。

 3月の議会運営委員会でこの大まかな方向を確認し、各会派から今度の議会改革でとり上げるテーマ、項目についてまず持ち寄る事にしました。それで日本共産党議員団としては、「所管事務調査のあり方について」、「議会報告会について」、「委員会審議のインターネット中継の実施」、「議会ICT化について」、「議会BCP(災害時業務継続計画)の検証」、の5つのテーマを提案することにしました。

 これらのテーマは内容や性格も様々です。特に5番目の「議会BCPの検証」は、新型コロナウィルス対策についてのものですが、まさに今、渦中にあるだけに「検証」がふさわしいのかとも思いましたが、1年かけて議論していくということなので、今の状況が落ち着いた時点で議論してはどうかということで提案します。

 議会改革のテーマ、項目は他の会派からもいろいろと提案されており、それらを4月に2回の議会運営委員会(8日と23日です)を開いて、整理して5月から内容についての議論をすすめる予定です。これから一年かけて、市民に開かれた議会づくりと、議会審議の充実のためにしっかり取り組んでいきたいと思います。

 最後に昨日、紹介し切れなかった各所の桜の写真を載せておきます。桜の背景は青空の方が映えますね。
KIMG01730008.jpg
KIMG01590002.jpg
KIMG01710006.jpg
KIMG01720007.jpg
posted by こうじろう at 18:24| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする