2020年04月04日

学校臨時休業、貸し館休止、経済対策など発表〜京田辺市の新型コロナウィルス対策

 京田辺市は昨日の夕方、新型コロナウィルス対策で市長の「市民へのお願い」や、市内公立幼稚園、小中学校の臨時休業や経済対策などを発表しました。京田辺市では3月初めに市長を責任者とした対策本部を設置し、今のところ毎週金曜日に対策本部会議を開いて、対応方針などが協議、検討、具体化されています。

 昨日の会議では政府の専門家会議の方針なども踏まえ、京田辺市が「感染確認地域」となることから、感染拡大防止のために幾つかの措置がとられました。
 一つは幼稚園、小中学校を当面、4/6〜13の一週間、臨時休業とします。当初は春休み明けの4/6から始業式や入学式などが予定されていましたが、それらがすべて一週間、先送りになります。詳しくは市HP「(令和2年4月3日現在)新型コロナウイルス感染症対策のための市立幼稚園・小学校・中学校の臨時休業について」からご覧ください。

 二つ目は市の公共施設の休止、休館が拡大し、ほとんどの市の施設の利用が5月連休明け、5/7まで利用できなくなります。中央図書館は3/25から開館していましたが、4/4から再び連休明けまで休館します。
 また社会福祉センターや中央公民館、北部・中部住民センターなどは、これまでそれぞれが主催する教室等の行事は中止になっていましたが、市民のサークルなどがミーティングや練習などに利用する「貸し館」業務は行なわれていました。それが一斉に休止になります。これは市民の様々な自主活動に大きな影響が出ると思います。

 三つ目は市独自の経済対策が準備されています。「新型コロナウィルな感染症拡大に伴う京田辺市中小企業経済対策」として、政府が打ち出した緊急融資などを無利子で利用できるように、京田辺市として利子補給などをしていくものです。これについては後日、市の担当部局にもう少し詳しく内容などを聞いてお知らせします。

 またこの他にも補正予算による対応も検討されているそうです。京田辺市議会では議会BCP会議でこれらの報告を受けるとともに、その対応についても協議していく予定です。近隣自治体で新型コロナウィルス感染が広がり、また大阪、京都など京田辺市でも人の往来が多い都市部での感染が広がりつつある中で、様々な手立てが始まっています。それらが実効あるものとなるよう、そして住民の命と健康、暮らしと営業を守るものとなるよう、私たちもしっかり取り組んでいきたいと思います。

 最後に昨日撮った桜の写真を載せておきます。きれいな桜をお楽しみください。
KIMG01760001.jpg
KIMG01780002.jpg
KIMG01790003.jpg
KIMG01820005.jpg
KIMG01810004.jpg
posted by こうじろう at 14:00| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする