2020年07月04日

日本共産党への入党よびかけの学習と交流会

 今日の午後、日本共産党京都府委員会が主催した、党員拡大の経験交流と学習会に参加しました。オンライン会議形式で開かれたので、私は京田辺市にある山城地区委員会事務所で参加しましたが、京都府内の各地でそれぞれの会場に分かれて、メイン会場である府委員会事務所とインターネットとつないでの開催です。便利になりましたが、一部の会場では通信環境が良くなくて、予定していた発言が中止になる一幕もありました。

 会議の前半は市田忠義党副委員長・参院議員を迎えて、政治と社会情勢が大きく動いている今、日本共産党をとりまく客観的な条件も変わりつつあること、そしてその中で、より多くの新しい人を日本共産党へ迎え入れる取り組みについて、日本共産党の第28回大会で決定した方針も紹介しながら、報告されました。

 後半は、府内で新しい仲間を日本共産党へ迎え入れた取り組みについての経験交流で、ここでは同僚の増富理津子京田辺市議もオンラインで発言しました。日本共産党は9月末まで、新しい仲間を日本共産党へ迎え入れる大運動に取り組んでいます。18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領規約を認める人は、党員になることができます。

 また「新型コロナ危機を乗り越え、よりよい日本と世界を――あなたの入党を心からよびかけます」を発表した他、日本共産党の自己紹介とも言える「コロナ危機乗り越え 新しい日本を 日本共産党はこんな政党です」という大判のチラシも発行しています。(このチラシの画像は下に貼ってあります)
20年夏・日本共産党紹介ビラ表面.jpg

20年夏・日本共産党紹介ビラ裏面.jpg

 私も知り合いの方に、この自己紹介のチラシと「入党のよびかけ」をお渡しして、入党して一緒に政治と社会をよくするために力を発揮してほしいと訴えています。たくさんの人を日本共産党へ迎え入れられるよう、がんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 18:09| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする