2015年10月28日

2015年度第2回京田辺市立図書館協議会

DSCN98580001.jpg

 今日の午前中、京田辺市中央図書館で2015年度第2回の図書館協議会が開かれ、傍聴してきました。今年度は7月に一度、開催されており2回目となります。

 内容は中央図書館から館長や職員が今年度上半期の図書館としての事業や市民の利用状況を報告して、それを踏まえて委員の方の競技が行われます。出席された委員の方は6名ですが、市民による図書館利用の向上という観点から様々な議論がなされ、参考になりました。

 上半期の図書館の貸出冊数は、本館である中央図書館と移動図書館はほぼ昨年並みですが、北部住民センターと中部住民センターにある分館ではやや減っているようで、委員の協議ではそれをどう評価するかとともに、図書館の利用について貸出冊数だけを指標としていてよいのかという問題提起もあり、「なるほどなあ」と思いながら聞かせてもらいました。

 また上半期に中央図書館が中心になって開催した各種の企画などについても報告がありました。この中で「絵本の読み聞かせ入門講座」が好評だったらしく、参加希望者が定員を超えて集まり、参加を断らざるを得ない事もあったそうです。参加希望も、小さい子どもをもつ子育て世代だけでなく、学校や幼稚園などで読み聞かせボランティアをしてみたいという方や孫に読み聞かせたいなど、幅広い年齢層からあったそうで、それらのニーズに応えるための努力なども話し合われていました。

 10時15分から始まって12時前まで、2時間近い協議会でしたが、委員の方の意見を聞いているとけっこう勉強になります。また今日の議論では、現在、京田辺市が策定をすすめている「文化振興計画」についても少し触れられたりしており、この点でも参考になる事の多い図書館協議会でした。
posted by こうじろう at 17:33| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: