2017年04月12日

新しい京田辺市をつくる市民の会幹事会でも北陸新幹線について議論

 今日の夜、2年前の京田辺市長選挙で大植のぼるさんを擁立して戦った「新しい京田辺市をつくる市民の会」の幹事会が開かれ、日本共産党からは私が出席して議論しました。今日は私の方から京田辺市の3月議会の内容、特徴や問題点と前進面などを報告し、さらに北陸新幹線延伸問題についても報告しました。

 北陸新幹線延伸問題については、4月8日の民主府政の会全体会議で発言した原稿をみなに配ってそれにもとづいて報告しました。発言したときにはかなり端折ったので6、7分で済みましたが、今日は端折る前の原稿でところどころ追加の説明もしたので案外時間がかかってしまいました。

 その後で、参加されたみなさんと今後の取り組みの方向性などについて議論しました。私の報告は日本共産党京田辺市議団としての見解ですが、この問題の背景や概要、また京田辺市議会での議論の紹介については「よくわかった」という声もあり、ある程度は理解されたかなと思います。

 またより広範な市民の人達と一緒に、この問題も含めた将来の京田辺市のまちづくりについて考えていくことが重要ではないかという意見もありました。「北陸新幹線よりも、3月半ばから日ごろ利用している路線バスの本数が大幅に減って不便になった事をなんとかすべきだ」という意見も出されて、身近な要求についてもとり上げていく大事さも感じました。

 前回の市長選から2年たち、行ってみれば折り返し地点まで来ており、2年後には再び市長選、そして京田辺市では市会議員選挙も行われます。4年の任期も長いようで過ぎてみればあっという間でもあるので、これからの2年間も市民のためのまちづくりが前進できるようしっかりがんばろうと改めて決意を固めています。
posted by こうじろう at 21:37| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: