2017年05月09日

精華町議選がスタート

DSCN40780002.jpg

 今日、お隣の精華町議選が告示され選挙戦が始まり、日本共産党からは現職の佐々木まさひこさん、ゆうき弘子さん、元職の松田たかえさん、新人のかつしま武司郎さんの4人が立候補しました。全体では定数18人に対し23人立候補と多数激戦の選挙戦となります。

 私も今日は朝から松田たかえ候補の応援に行きました。朝一番には松田事務所のお手伝いで、松田さんの立候補届けに行きました。よく選挙報道で「届け出順」といいますが、その「届け出順」とは朝8時半から立候補受付が始まり、その受付を済ませた順番のことです。

 それなら朝早くとか前の晩から受付場所となる役場等の前で並んで待っていれば1番になるのかというとそうはならなくて、通常は朝8時半になった時点で受付場所に集まった陣営が「くじ」を引いて順番を決めることになります。この「くじ」もまず本番の「くじ」を引く順を決める「くじ」を引くという念の入れようで、8時半になったら2回の「くじ」を引いて「届け出順」が決まります。

 松田たかえ候補の「くじ」は私が2回とも引いて、届け出順で4番を引きました。届出手続きは、立候補に必要な書類などは前の日までに揃えて選挙管理委員会からも確認などしてもらっていますが、一応、書かれた項目などをチェックし、候補者へ「標記」など俗に言う「七つ道具」が手渡されます。
DSCN40720001.jpg

 上の写真がその一部ですが、「七つ道具」と言っても7つあるわけではありません。立候補の手続きは候補者一人あたり数分はかかります。私たちは早い順番だったので9時前には手続きを済ませて松田さんの待つ事務所へ向かうことが出来ましたが、最後の方の候補者だと9時半頃までかかったかもしれないですね。

 私たちが事務所へ着いて街頭演説用の「標記」などを付けてマイクを使って簡単に出発式をしました。今朝の出発式には八幡市選出の森下由美府会議員も駆けつけてあいさつされました。

 今回の精華町議選は新人も含めて有力候補ばかりの多数激戦といわれていますが、日本共産党は前回選挙に続いて4議席を獲得するために全力でがんばります。
posted by こうじろう at 18:30| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: