2017年05月12日

ツバメの抱卵開始?

DSCN40920001.jpg

 今朝は地元の松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。宣伝をしながらツバメの巣を時々見ていました。連休明けの早朝宣伝の時は、周囲を飛び回っているのか、ほとんど巣でツバメを見かけませんでした。

 それが今朝は時おり、2羽とも巣を空けることがあるものの、それもせいぜい10分間くらいで、1時間の宣伝の間の大半はどちらかのツバメが上の写真のように巣にこもっていました。

 ひょっとしたらもう卵を産んで抱卵に入っているのかもしれないですね。宣伝の合間合間に眺めていると、1羽が巣にこもっている時にもう1羽が飛んできて端の方に止まって待っているようで、巣にこもるのも代わる代わるしているようです。

 面白いのはどちらがオスかメスかはわかりませんが、巣でこもっている時の向きがほぼ、180度違うことです。一番上の写真が改札口のほうを向いて巣にこもっているツバメで、こちらのは巣にこもっていても割りとちょこちょこ動いています。そして動く割には身体の向きを大きく変えることはなく、大体は改札口のある方を向いています。
DSCN40930002.jpg

 上の写真はもう1羽の方のツバメ(だと思います)が巣にこもっている時で、こちらのツバメは大体は壁の方を向いていて、こちらの方はどちらかというと巣にいる時は余り動かずにいますね。そして運がよければ、この状態から巣に入っている方のツバメが飛んでいき、端に止まっているツバメが巣に入っていく様子も見れます。

 今は巣作りしていた時と比べれば、巣の出入りは減っていますがそれでも5分おきくらいにはどちらかのツバメが出入りしています。しばらくは定例の早朝宣伝の度にツバメの様子を観察するのが楽しみになりそうです。
posted by こうじろう at 20:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: