2017年05月18日

松井ヶ丘幼稚園から大住ふれあいセンターまで遊歩道の整備計画

DSCN35550002.jpg

 2017年度京田辺市一般会計予算では、山手東地域の東端にある松井ヶ丘幼稚園前の道路(現在は行き止まりになっています)から、大住ふれあいセンターの裏手の方まで、JR線路沿いに遊歩道を整備する事業計画が計上されています。

 上の写真はその遊歩道を市道として認定する議案の資料に添付されていたものです。市道の正式名称は「山手東上西野線」で全長760.9mになりますが、松井ヶ丘幼稚園より西側の部分は既存の市道です。そこから今は行き止まりとなっている松井ヶ丘幼稚園から、竹やぶなどを切り開いてJR線沿いに東の方に向かって遊歩道が整備されます。

 17年度一般会計で予算計上されたのは用地買収費で8900万円(債務負担行為含む)です。担当課に概要などを聞いたところでは、思ったより距離もあるので用地も一定の額が必要になったそうです。

 肝心の完成時期ですが、現在はまったくの竹やぶなどを切り開いてつくっていくことになり、用地買収後に粗造成工事に1年で本工事に2年として3年くらいを見ており、今のところ、2020年度末までに完成させたい、ということでした。
 確かに竹やぶなどを切り開くことになるので、工事期間が長くなるのは仕方ないですが、出来るだけ早く完成させてほしいですね。
posted by こうじろう at 17:51| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: