2017年07月30日

議会制民主主義の発展をめざし こくた恵二君の国会対策委員長20年を祝うつどい。ツバメの4羽のヒナ。

DSCN47480002.jpg

 今日は昼から京都市内で開かれた「議会制民主主義の発展をめざし こくた恵二君の国会対策委員長20年を祝うつどい」に参加しました。こくた衆院議員が日本共産党の国会対策委員長に就かれて20年を迎えたことから、大島理森衆院議長、川端達夫衆院副議長、河野洋平元衆院議長、ジャーナリストの田原総一朗さんの4名の方が発起人なられて、開催の運びとなったものです。

 会場には日本共産党関係者だけでなく自民党、民主党の国会議員の方々や京都の各界各層の幅広い方たちが参加された大盛会となりました。

 こくたさんには私が初めて京田辺市議選に立候補した時に心のこもった推薦文をいただきました。こくたさんは私が日本共産党の職員になって初めて活動した京都市北区で、市会議員として活躍されており、私はこくたさんの地元地域を中心に活動し、間近で日本共産党の議員とはどうあるべきか、教えていただきました。すばらしい推薦文をいただき、それに恥じぬ議員となってがんばろうと決意した事を思い出します。

 この機会にこくたさんからいただいた推薦文を紹介しておきます。頂いたのは2003年2月です。
<推薦文>
 四年前の府議会挑戦という候補者活動は、彼を大きく成長させた。
 変わったのは目線がさらに低くなったことである。市民の苦しみ、悩みが直接肌でつかめるようになったことだ。
 変わらず深化したのは、ひたむきさである。共産党職員として一番困難な「しんぶん赤旗」の配達・集金に携わり、苦労をいとわず黙々とやり遂げているのはその証左である。各地に赴いての選挙活動の政策マンとしての仕事振りは「研ぎ澄まされてきた」と評判だ。
 いずれも、彼の内面から湧き出ているのである。
 三八歳、若さと行動力を発揮し、市会議員として活躍できること請け合いだ。彼の趣味である将棋のように、議会で胸のすくような「詰め」を期待したい。
 日本共産党衆議院議員・国会対策委員長 こくた恵二

 今日の「つどい」にはこくたさんと立命館大学で同期だったシンガーソングライターの杉田二郎さんも駆けつけられ「戦争を知らない子供たち」など披露されました。こくたさんも杉田さんもとても若々しくて、これからもいっそう、ご活躍されることと思います。
DSCN47560003.jpg

 京都市へ向かう際に松井山手駅でツバメの巣をのぞきました。下の写真のように雛は4羽そろって大きくなっていました。1回目のときは雛の数が減っていったのですが、4羽ともそろって大きくなると迫力がありますね。
DSCN47360001.jpg
posted by こうじろう at 21:53| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: