2017年08月05日

防災広場設置のための土地取得

 6月議会の総務常任委員会では、防災広場設置のための土地取得議案について審議がありました。防災広場は17年度市予算で設置が示されたもので、場所は京奈和道田辺西インターのすぐ西隣辺りになります。市当局から設置予定地を確定したことに伴う用地取得です。

 日本共産党からは西畑議員が「何故この場所で防災広場なのか。面積の算定方法、根拠は、国の基準などの具体的内訳は。整備スケジュールや全体の費用は。」と質疑し、市当局から「市の中央部で交通の便が良いところで選定した。京奈和道で府の防災拠点である山城運動公園とも直結している。災害備蓄倉庫や災害時の応急復旧の活動拠点として計画している。防災用地には国の面積基準があり、自衛隊の宿営地で15000平方メートル、消防隊で3000平方メートル、警察で1000平方メートル、大型へリポートで10000平方メートル、備蓄倉庫に1000平方メートル、駐車場100台分4000平方メートル、集積場1000平方メートル、ボランティア拠点などでノリ面を入れて約5ヘクタール。事業スケジュールは17年度用地取得、18年度詳細設計、19年度から造成で21年度までに進入道路をつくり、22〜23年度に完成、23年度から供用開始で、平時はスポーツ、レクレーションなどの広場として利用できるようにする。工事費は来年度に詳細設計するので決まっていない。」と説明がありました。

 予定地は、京田辺市と枚方市が共同で新たに建設する新ゴミ焼却場予定地のすぐ東隣でもあり、その建設工事ででる土を盛土材として利用する計画もあり、事業費などはそれらによっても変わってくると思います。

 場所的には京奈和道と国道307号との交差部分のすぐ近くで、市の中心に近いところではありますが、費用や効果などを含めて他の場所との比較検討をもう少ししても良かったのではないかと思います。
posted by こうじろう at 11:53| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: