2018年11月30日

18年市民アンケートにもとづく要求書を市長へ提出

 日本共産党京田辺市議団は、11月28日付で京田辺市長に対し「2018年市民アンケートにもとづく要求書」を提出しました。この夏に取り組んだ「市民アンケート」には約360通の返信をいただき、その結果や寄せられた声などを踏まえて作成したものです。なおアンケート結果など全体のまとめは10月17日の記事「2018年市民アンケートのまとめ」で紹介しています。

 「アンケートにもとづく要求書」では、京田辺市長にまず政府に対して次の3点、
@安倍内閣による憲法9条改悪に反対し、現憲法にもとづいた政治をすすめる。
A2019年10月からの消費税10%への増税は中止すること。
B北陸新幹線京都南伸計画と松井山手周辺への新駅設置について凍結し、住民の声を踏まえた再検討を行うこと。
を表明することを申し入れました。

 そしてアンケートで寄せられた具体的な要望や意見などについて、24項目にまとめてその実現に取り組むよう求めています。市長に提出した要求書のPDFファイルはこちら⇒18年市民アンケートにもとづく要求書

 アンケートで寄せられた要望には、例えば歩道の改善では具体的な箇所などを記入してあるものも少なくありません。それらを踏まえて「歩行者安全対策やバリアフリー促進の見地から、歩道の整備や歩きにくい歩道の改善に取り組むこと。特に府道木津八幡線及び旧307号の歩行者安全策をすすめること。」(9番目の項目です)という形で整理してまとめています。

 日本共産党京田辺市議団は毎年この時期に、市長に対して次年度の予算編成に向けた「予算要求書」を提出しています。去年も12月8日に244項目からなる「予算要求書」を提出しています。(これについては17年12月8日の記事「2018年度予算要求書を市長に提出」をご覧ください)

 今年は「市民アンケート」を実施した事からそれを踏まえた重点要求の形で市長に対して申し入れました。いずれも市民から寄せられた生の声を踏まえたものであり、これからもその実現に向けてがんばっていきたいと思います。
posted by こうじろう at 16:07| Comment(0) | 18年市民アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: