2019年08月19日

4年間の行動が市民と野党の共闘として発展〜雨の中で19日宣伝

DSCN02850001.jpg
DSCN02870002.jpg

 今日は19日宣伝行動の日でした。午後2時過ぎくらいまでは少し程度の曇り空でしたが、3時前くらいから急に空が暗くなって大粒の雨が降りだし、遠くでゴロゴロという音が聞こえる天気になりました。それでもにわか雨だから、宣伝に取り組む4時にはあがるのでは、と期待しましたが、残念ながら4時になってもあがらず、雨の中での宣伝行動になりました。

 それでも8名が参加して、国道307号と山手幹線の交差点で一緒に宣伝行動をしました。私もハンドマイクをもって訴えさせてもらいました。
 今日、訴えた内容は、2015年9月19日の安倍内閣による戦争法=安保法制の強行以来、4年間、毎月19日に全国各地で様々な立場の人たちが一緒になって、憲法違反の戦争法をなくそうとアピールをしてきたこと、そしてそれが憲法違反の戦争法は許さない、立憲主義を守れという一致点から始まった市民と野党の共闘として大きく発展してきたこと、戦争法強行の翌年、16年の参院選で初めて全国全ての1人区で野党統一候補が擁立され11の選挙区で勝利し、その流れが17年の総選挙でも民進党解体という逆流を乗り越えて発展し、今年の参院選でも、すべての1人区で野党共闘による統一候補が擁立され、しかも3年前の立憲主義の回復という一致点から、政策的な合意もさらに発展し、原発再稼動中止、消費税増税中止など進んできたこと、そして選挙結果では自民党は単独過半数を失い、自民、公明、維新の改憲勢力が改憲発議に必要な2/3の議席を失うというう成果を収めたことを紹介して、この運動と世論をさらに発展させようと訴えました。

 雨の中なのでそう目立った宣伝にはなりませんでしたが、それでも毎月欠かさず、戦争法廃止をはじめとした課題に、異なる立場の人たちが一緒になって取り組んでいることは大事だし、すごい事だと思います。この力が新しい政治をつくる力となっていくと思いますし、それをさらに発展させるためにこれからもがんばります。
posted by こうじろう at 18:54| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: