2019年09月17日

会計年度任用職員制導入、消費税増税関連条例案に反対〜総務委員会

 今日は9月議会の総務常任委員会が開かれました。午前10時から昼休憩を挟んで夕方5時前まで、みっちり審議をしていささか疲れました。

 今回は議案でいえば、条例制定・改正案が7本と、一般会計補正予算案の審議を行いました。ただ議案では、来年4月から地方自治体の「非正規職員」の法的位置付けを大きく変える「会計年度任用職員」制度の導入にかかわって3本の条例制定・改正議案が提出されており、その内の2本については関連している事から一括審議となりました。(もう1本は会計年度任用職員制度に関するもの以外の改正もあるので別の審議となりました)

 「会計年度任用職員」制度の導入にともない京田辺市では、現在約800人いる非正規職員を全員、来年4月から「会計年度任用職員」とします。そのことによって期末手当の支給や、育児休業取得の対象になるなど、待遇面で改善が図られますが、一方でその任期が最大で一年(採用された日からその日を含む会計年度末まで)とされます。年度末で雇用を打ち切られ、再度の任用を妨げるものではないですが、かといって雇用の継続が保障されるわけではありません。

 このため地方自治体における雇用の不安定化を固定化・永久化することにもつながります。審議ではその問題について、京田辺市の職員の雇用実態などを私がまとめた資料などを示して議論し、採決でも反対しました。

 また消費税10%増税にともなって国が1年限りで軽自動車税の減免を実施する事にともなう市税条例改正案も出されました。これについては、軽自動車を保有していない人には何の恩恵もなく、その上、保有者でも税が減免されるのは一年限りで、とても消費税増税の負担軽減につながらないと指摘して反対しました。

 この他にも補正予算審議や所管事務調査(投票率向上について)の執行部への質疑、委員会後の総務常任委員協議会で新行革プラン18年度取り組み結果についてなどの質疑もあり、数えてみると今日一日で10回くらい質問にたっていました。今日の総務委員会の審議内容などは、また改めてここで紹介したいと思います。

 まだ反対した議案についての討論原稿の作成などの課題もあるし、他の2つの常任委員会や議会運営委員会もありますが、私にとっては9月議会は一山越したことになるので、次の課題にしっかり取り組みたいと思います。
posted by こうじろう at 19:39| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: