2019年10月06日

介護保険制度はどれだけ知られているのか

 今日は午前中は担当している地域で日本共産党後援会ニュースを配って歩きました。声をかけながら回っていると「がんばって」と励まされたり、相談ごとなどが寄せられます。

 高齢のご家族の方が車を運転しているのが心配だという声や、介護保険を利用しようと思えばどうすればいいのか、という疑問などもお聞きしました。「ケアマネージャーってどんな人でどんな事をするの?どうやって見つけたらいいの?」ということも聞かれました。

 介護保険制度が始まってそろそろ20年が経ちます。元気なうちは保険料の支払いは気になっても、余り利用する事は気にかけず、高齢になってそろそろ利用してみようかと考え始めて「いったいどうしたらいいの?」という事例も多いと思います。20年のうちに、制度自身も変わってきている点もありますし、そういう方たちにわかりやすく制度をお知らせする事も大切な課題だと思いました。

 午後からは今週も市役所の議員団控室に出かけて仕事をしていました。決算審議の準備の方は、今月初めに市当局に決算審議用の資料について、どういう資料が必要かをよく考えて整理して請求をしました。その資料が出来るのは今度の金曜日くらいです。

 それまででも、審議準備は少しずつ進めていますが、今日はその事よりも9月末で終わった9月議会のまとめの作業をしています。9月議会が終わって、その議会報告ビラも作成しないといけないので、その下準備などを進めています。こちらの方は私一人でするのではなく、日本共産党議員団で集団的に検討しますが、そのための準備です。

 この秋は今のところ、毎週末の休日に市役所へ出てきています。少しは仕事がはかどります。一ヶ月前はまだ暑い日でしたが、今日はその日差しはきついものの、建物の中は意外なほどに涼しくて、いつものように窓とドアを全開にしていたら、午後遅めくらいから少し肌寒い感じもしました。夏のじめっとした空気もようやく秋のさわやかな空気に変わってきたような感じもします。市役所の南側の山の色も少しずつ秋模様になっていきますね。
DSCN05780001.jpg
posted by こうじろう at 18:46| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: