2019年10月11日

子育て世代の暮らしと向きあわない市政〜19年9月一般質問6

19年9月画像4.JPG

 9月議会の一般質問では、市当局が7月に明らかにした「子ども・子育て支援に関するニーズ調査」の結果を踏まえ、経済的な子育て支援の拡充を求めました。このテーマでは始めに「ニーズ調査」結果から読み取れる子育て世代の生活の厳しさや不安などを、市がどのように認識し、受けとめているのかを質しました。

 この問題は7月31日の記事「子どもの教育費への大きな不安〜市子育て支援ニーズ調査から」でその内容を詳しく紹介していますが、一般質問でもそこで紹介したデータを簡単に紹介しました。一番上のグラフの画像は質問でも使用したもので、暮らしの状況について「大変苦しい」「やや苦しい」という回答が全体の1/4を超えていることを示しました。

 またこれだけでなく、質問準備で改めて「ニーズ調査」結果を詳しく読み込むと、関連して「あなたの世帯では、過去1年の間に、急な出費などで家計のやりくりができないことがありましたか?」という設問もありました。
 そしてそれには、「よくあった」が就学前児童で4%、小学生が4.3%、「ときどきあった」が12.1%と15.6%、「まれにあった」が17%と21.9%、という結果で、「よくあった」から「まれにあった」まであわせると、就学前児童の子を持つ保護者で33.1%、小学生の子を持つ保護者では41.8%で、家計のやりくりに困った経験があるとなっています。

 こういう生活の苦しさがあるからこそ、各種費用の減免や医療費助成等の経済的な子育て支援を求める声が多くあり、また将来の教育負担の重さに対する不安が広がっているのではないでしょうか。

 こういう実態を市当局はどう認識しているのか、質問したのに対し、市当局はそれに正面から答えず、「経済的な子育て支援を選んだ方の割合は、前回ニーズ調査結果よりも割合が低くなっている。これは京田辺市が進めてきた子どもの医療費助成拡充などの成果だ。また教育費に対する不安が大きいのは、京田辺市だけの傾向ではなく全国的な傾向。さらに子育て支援を進めるために国・府へ要望していく」と答弁しました。

 経済的な子育て支援拡充の回答が前回(5年前)よりも下がっているのは事実ですし、また前回調査の後、2014年8月に京田辺市では子どもの医療費助成の対象を中学生までひろげる拡充が行われたのも間違いありません。また高騰する大学学費は全国的にも問題になっており、それに対する不安は国全体の問題でもあります。

 市当局の答弁はそれらの事実を述べてはいますが、この京田辺市で子育て世代の家庭で生活の厳しさが深刻になっているのではないかという指摘にはまともに答えていません。全体の1/4を超える家庭が生活が苦しいと答え、3〜4割の家庭が家計のやりくりに困った事があるという状況を、市としてどう受けとめるのかという事こそ問われています。

 私の一般質問では時間が不足しそうになったため、このテーマでは再質問で市の認識を追及する事はできませんでしたが、次の機会にでもこの問題はとり上げていきたいと思います。

に続く)
posted by こうじろう at 20:17| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: