2019年10月28日

市民の負担増に敏感であるべき〜決算委員会最終日

 今日は午後から決算特別委員会がありました。最終日の今日は、各会派の所属議員数に応じた総括質疑と、採決がありました。

 私がとり上げたのは、市民の生活の厳しさや暮らしの不安の増大に対する市長の認識と、暮らしを守り支える上で京田辺市政が果たす役割について、及び京田辺市の財政状況について、公共下水道事業と都市計画税について、粗大ごみ・持込ごみ有料化の検証について、国保税の引き下げを、のテーマです。他にも5つくらい用意していたテーマがあったのですが、片道25分の持ち時間ではここまでやるのが精一杯でした。

 特に力を入れたのは公共下水道事業と都市計画税についてです。公共下水道事業会計は18年度から公企業会計に移行しましたが、それに伴って市は下水道事業への一般会計からの繰入を半分近くにあたる約3億8千万円も減らしています。そして今、公共下水道事業で年間3億円からの赤字が生じるとして、その分を下水道料金を引上げることで埋めようとしています。審議会に出されている資料では3〜4割の大幅値上げが検討されています。

 この点について、そもそもなぜ一般会計からの繰入を減らしたのかについて、市当局は公企業会計に移行したからとしか言えませんでした。これでは住民に下水道料金引上げを押しつけるための移行ではないのかと思います。

 また一般会計からの繰入は都市計画事業として行われているため、その財源は市民が納めている都市計画税から出されています。この点で市民は、直接の下水道料金だけでなく都市計画税の形でも下水道事業の費用負担をしています。それを半分近く減らすのなら、少なくともそれに相当する分の都市計画税は引き下げるべきではないでしょうか。

 この点を指摘し、市民から見れば市当局がやっている事は単に市民に下水道料金の値上げを押しつけているだけではないかときびしく批判しました。
 この他にも粗大ごみ有料化が、ごみ減量化推進という政策目的にかなっていない事も批判しました。

 全体として、市当局は市民の負担増に、真摯に向き合う姿勢に欠けているのではないかと感じた総括質疑でした。決算委員会の詳しい審議内容などは改めてここでも紹介したいと思います。
 なお今日は最終日で委員会採決もありましたが、私は委員長なので採決には加わらず、一般会計決算認定など計9つの議案はすべて全会一致で可決・認定となりました。
posted by こうじろう at 18:39| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: