2019年10月31日

第14回全国市議会議長会研究フォーラム

DSCN06660001.jpg

 昨日、今日と高知市で開かれた「第14回全国市議会議長会研究フォーラム」に参加してきました。2日間とも好天に恵まれ、南国・高知市では少し暑いくらいでした。昨日の朝は6時半過ぎに京田辺市を発ちましたが、その時は少し肌寒いくらいだったのでずい分、違います。ただ高知市は日差しがあるところは暑かったですが、日影にはいると涼しかったですね。

 フォーラムの初日は、東京工業大学教授の中島岳志さんが「現代政治のマトリスク−リベラル保守という可能性」と題して基調講演が最初にありました。中島さんの講演は、政治学の立場から今の自民党と野党の状況をどう見るかというお話で、その分析にはなるほどと思うところも多く、わかりやすいお話でした。ただ具体的な政党への言及の一部には、どうかなと思うところもありました。

 基調講演に続いて、昨日と今日にかけて「議会活性化のための船中八策」を大きなテーマにパネルディスカッションと、課題討議がありました。これは司会とまとめ役は両方とも朝日新聞論説委員の坪井ゆづるさんがつとめられ、パネルディスカッションは議会外の識者の方を中心としたメンバーで、課題討議では、上越市、鎌倉市、周南市の各議会の議長などが報告者となり、議会活性化の取り組みや、市民から議会がどう見られているか、現状や課題などが様々な角度から議論されました。

 いずれも終わりの方には短時間ですが、会場の参加している議員から質問などの発言もあって、ちょっとユニークな企画だったと思います。この議長フォーラムには全国の市議会から2000人以上の議員が参加しているので、意見交換や交流などは簡単にいくものではないですが、それでも全国の地方議会の状況が垣間見えました。
 議会にはそれぞれ独自の歴史や地域性もあって、一概に言える部分はそう多くないとは思いますが、具体例に基づいた議論もされたので参考にることも多かったですね。

 ところで高知市までは、岡山まで新幹線で1時間、岡山からは特急で瀬戸大橋を渡って2時間半で、京田辺市からだと乗り換えも含めて4時間以上はかかりました。けっこう遠くで少し疲れました。
posted by こうじろう at 21:39| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: