2020年02月21日

市庁舎宿日直業務を民間委託に 19年12月議会総務委員会4

 12月議会の総務常任委員会では一般会計補正予算の審議もしました。その補正予算には、地域の要望に応えた公園拡張や農業基盤整備など大事な事業も計上されていますが、見過ごすことのできない大きな問題があります。
 それは現在、非正規の市職員が担っている市役所庁舎の宿日直業務を、20年度から警備会社などへ民間委託するというものです。

 京田辺市役所の通常の業務時間は平日8時30分から17時15分までとなっています。基本的にはこの時間以外は様々な届けや相談などの窓口業務は行っていません。ただし若干の例外があります。それは婚姻や死亡など戸籍に関する届出受領で、これらは基本的に24時間体制で受付けており、通常業務時間以外の受付けは、宿日直の職員がしています。

 また時には通常業務時間以外でも、住民の方から様々な内容の問い合わせ、相談、連絡などなどの電話がかかってくることがありますが、時間外の電話対応に最初にあたるのが宿日直の職員になります。
 住民の方からかかってくる電話には色んなパターンがあります。時間外でも担当部局の職員がいれば、そちらへ電話を回すことも可能ですが、そうでないといったんは宿日直の職員が一通りの内容を聞いた上で、何らかの対応をする事もありえます。

 現在は宿日直にあたる職員は非正規ではありますが正式な市の職員=公務員であり、住民の個人情報の保護の点で安心できますが、それを民間企業に任せて良いのでしょうか。委員会審議ではこの点を指摘して、市の見解を質しました。
 市当局からは「戸籍関連の受付業務では宇治の法務局に問い合わせ、意思決定ではないので問題ないという回答を得た。ただ免許証提示など本人確認は問題があるのでできない。電話内容などについて、民間委託でも契約で守秘義務を課す。」と答弁がありましたが、実際には様々な問題が起きており不安を感じます。

に続く)
posted by こうじろう at 18:29| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: