2020年03月02日

公立学校等臨時休業で、子どもの受け入れなど緊急申し入れ

 2月27日に安倍首相が唐突に全国の公立学校等へ春休みまでの臨時休業を要請したことで、様々な混乱が生じています。地域の方から寄せられる声や報道などを見ていると、なんだか「学校等臨時休業災害」とでも言うべきような事態になっているのではないでしょうか。

 京田辺市でも政府の要請を踏まえて、今日の午後から、市内の小中学校及び公立幼稚園を臨時休業することになりました。
 この中で明日からの子どもの生活をどうするのか、また子どものいる家庭で保護者の仕事の事などどうするのかという相談も私たちのところへ寄せられています。それで今日は午前中に急きょ、日本共産党の議員団会議を開き、私をはじめ3人の議員が集まって、この土日で起きていることや地域の方から寄せられた声などについて交流するとともに、今の対応をどうするか相談しました。

 聞いている中で特に困っていることとして出されたのが、明日から学校・幼稚園がいきなり休みになって、子どもをどうしたらいいのかということであり、全国的には学校等を臨時休業しても希望する子どもの登校などを受け入れる対応する自治体もあることから、京田辺市でも同様の対応をすることや、学校教員や幼稚園の先生にも非正規職員が多くその方たちの仕事の確保も必要なことを踏まえて、学校、幼稚園では通常通りの職員配置、体制をとることなどを、市長と教育長に緊急に申し入れることにしました。

 それで直に、
@市内小中学校、公立幼稚園について、全面的な休業とせず、希望する子どもたちについては、通常通りの登校、登園ができるよう受け入れ、自主的な学習の支援や給食などの提供を行うこと。
Aそのために、小中学校、公立幼稚園の職員配置、体制については、臨時職員等も含めて通常通りの勤務とされること。
の申入書を市長と教育長、それぞれに提出しました。

 申入書の内容は以下にある通りで、そのPDFファイルはこちら⇒臨時休校に関する緊急申し入れ

2020年3月2日
京田辺市長 上村 崇様
京田辺市教育委員会 教育長 山岡 弘高様

                  日本共産党京田辺市議会議員団   
                          青木 綱次郎  
                          増富 理津子  
                          岡本 亮一   

公立学校・幼稚園の臨時休業に関する緊急申し入れ

 安倍首相が27日夕方、全国の公立学校などを3月2日より臨時休業するように要請したことを受けて、本市でも市内小中学校、公立幼稚園を3月2日午後より春休みまで休業することとされた。
 新型コロナウィルス感染対策という面があるとはいえ、すべての公立学校等の臨時休業を急きょ、決定したことから市民生活に大きな影響が出ている。その影響を少しでも抑えるために、以下の点に対応されるよう緊急に申し入れるものである。

1.市内小中学校、公立幼稚園について、全面的な休業とせず、希望する子どもたちについては、通常通りの登校、登園ができるよう受け入れ、自主的な学習の支援や給食などの提供を行うこと。
2.そのために、小中学校、公立幼稚園の職員配置、体制については、臨時職員等も含めて通常通りの勤務とされること。
                            以上
posted by こうじろう at 17:40| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: