2020年03月22日

松井ヶ丘幼稚園〜大住中方面の遊歩道が開通

DSCN00220001.jpg

DSCN00260002.jpg

 20日、松井ヶ丘幼稚園から大住中方面へ抜ける遊歩道が開通しました。この遊歩道は、正式には市道「山手東上西野線」といい、遊歩道部分の長さは約400m、幅は4mで、総事業費はおよそ2億2千万円です。私もさっそく昨日、歩き抜けてみました。

 松井ヶ丘幼稚園のところから車止めのある部分から先が遊歩道で、そこからJR線路沿いにゆるやかに曲がりながら進みます。多少アップダウンもありますが、なだらかな道でそう気にはなりません。数分も歩くと再び車止めのポールが見えてきて終わりです。
DSCN00310003.jpg

 上の写真は松井ヶ丘幼稚園とは反対側のところからですが、左手の方には大住中学校の校舎が見えています。その手前にあるのは老人福祉センター宝生苑や大住児童館の建物です。

 この遊歩道ができたので、松井山手駅周辺から大住中学校や北部住民センター(大住中学校のすぐ隣になります)への距離もぐっと近くなります。松井山手駅から松井ヶ丘幼稚園まで歩いて10分くらいだったので、これからは大住中学校にも歩いていけそうです。ただ遊歩道の方から行くと、中学校などはちょうど裏側に出るので正門までぐるっと一回りする事になりますね。

 私が歩いている時も何人かの人とすれ違ったりしました。ウォーキングなどで新しいコースをつくる事もできそうです。完成してよかったと思います。
posted by こうじろう at 15:10| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: